背中と腰の歪みを確認する整体師

世界一の長寿、高齢化社会は過去には考えられないような状況です。それは足腰が弱く、歩かない、歩けないまま臥床している人生であって、その辛さは耐えようがありません。

腰痛の時身近にある湿布は、その痛みを和らげてくれますが、今回は冷湿布温湿布の使い方をお伝えします。






腰痛の冷湿布・温湿布!正しい2つの使い方とは


1)腰痛の4つの種類

腰痛は腰痛症という症状を言います。そのほとんどは原因ははっきりしていません。そのため、腰痛を種類別に分けるのは難しいのですが、体のどの部分が元で、腰痛になっているのかを4つに分類してみます。

(1)筋肉が痛い

腰痛の80%は筋肉が硬直していることに原因があります。筋肉は使わなければ筋がゴリゴリと硬くなります。

こうやってタブレットやパソコンを見ている方も、体を知らず知らずのうちに硬直させてしまえば、筋肉は動かず、痩せてしまいます。この場合、検査でもなにも原因は見つかりません。

(2)骨のヒビ、骨折

腰の骨には上半身が一気にのしかかっています。そのため、知らないうちにヒビが入っていることもあります。すべり症と言われるものがそうですが、関節が外れたりすることも原因です。

骨粗鬆症は骨がスカスカになることを言いますが、腰骨が痩せてしまうと、潰れてしまい、腰が曲がってしまいます。また、アメフトやラグビー、サッカーやバスケットボール、バレーボールなどの競技では、激しく体を使うことから、腰骨を痛めた結果、ヒビが入って腰痛になることが少なくありません。

(3)神経の痛み

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症がよく知られています。背中や腰の骨がずれたり、磨り減ってしまうことで、骨の中にある管の中を走る神経が、管に接触することから、しびれや急激な痛みとなって現れます。

ブロック注射などが処置として知られています。重いものを急に持ち上げてヘルニアになるケースがあります。

(4)皮膚が赤くなる

腰が痛い、ということで整形外科に通っても異状なし、と言われた場合、4つ目の原因は帯状疱疹という可能性もあります。

いわゆる水疱瘡のウイルスが何十年も潜伏して、30代以降によく現れる症状です。体の左右どちらか一方のどこかに斑点ができ、脳が腰あたりの痛み、と勘違いすることが原因です。

2)湿布が効果的な腰痛

上の2、4はそれぞれ処方がありますので、湿布は効果がありません。ですが、1と3の場合は湿布の効果がある、と言われています。

(1)冷湿布

冷湿布ですが、サリチル酸メチルという成分が含まれています。これはいわゆる痛み止めです。知覚を麻痺させる効果があります。もう一つは l-メントール です。

痛みのある部分が炎症を起こしていた場合、冷やすことで炎症を起こした細胞の動きを鎮める効果があります。dl-カンフルは痛みの部分の血行を促す成分です。

痛みは血行が滞っているために起こる症状、というのは東洋医学の考え方です。

(2)温湿布

トウガラシエキスは温湿布に使われる成分です。皮膚の上から塗り込むことで、皮膚を温め、血行をよくするという東洋医学の考え方を応用しています。

ここで注意したいのですが、冷湿布はあくまでも西洋医学の考え方で、痛みを発生させる部分に集中して冷却することで痛みを和らげるというもの。

これに対し、東洋医学では、腰の痛みは全て体を温めることで血流が良くなり、治るという考え方です。血流に必要なものは酸素です。

酸素を十分に運ぶことで、血液は勢い良く流れていきます。酸欠になると、血液の流れは鈍くなり、それを伝えようと、炎症が発生します。そのため、東洋医学では温湿布以外は使用しません。

3) 湿布の正しい2つの使い方

湿布は冷湿布と温湿布の2種類ですが、保管方法からしっかり注意すると、効果が全く変わってきます。

(1)冷湿布の使い方

冷湿布は炎症を起こしている部分を冷やします。ですから、先に冷蔵庫で冷湿布を冷やしてから患部に貼るようにします。その際、あまり大きな面積で貼らないことが大事です。

皮膚は切れ目なくつながっていて、湿布が痛いところだけに浸透する薬、と勘違いされますが、実は全身を駆け巡るのです。

まず、お風呂などで体を温めます。十分血行が行き届いてから、30分ほどしてから、患部に冷湿布を貼ります。大事なことは、体を温めることも痛みを和らげる、ということです。

つまり、本当は温湿布だけでも効果があるのですが、炎症は痛いよ、ということを知らせるだけの症状ですから、これを鎮めるために貼ります。効果が現れるのは、脳に、痛みが消えたぞ、というシグナルが届けば、それで終了です。

なお、夜寝るときは湿布を外して寝るようにしましょう。寝ている間は体は横になっていますので、血流は穏やかです。体は毛布にくるまって暖かいので、冷やすのは逆効果になります。

Stethoscope in hands

(2)温湿布の使い方

温湿布は、使い捨てカイロの湿布版です。医療機関では使い分けをするようにされていますが、東洋医学ではむしろ全ての痛みは血行にある、と考えていますので、体は常に温めることを必要、ということから温湿布を推奨します。

これには特段のルールはありませんが、カイロと同様、寝るときに貼らないようにしましょう。低温火傷になる可能性があります。

4)湿布意外の腰痛を楽にする2つのポイント

ここでは、湿布以外の腰痛を緩和する方法をお教えします。

(1)体操

腰痛に限らず、体操は全身の筋肉を使う非常に効果的な血流増進があります。体操は座ったままでも行えることと、体を動かすことで得られる気分の爽快感が腰痛の緊張状態を和らげてくれます。

製薬会社のエーザイでは、慢性腰痛と急性腰痛に分け、いつも痛いと感じる慢性腰痛と、ぎっくり腰などで起き上がるのも辛い急性腰痛の両方ともを、体操で解消するように推奨しています。

要は、製薬会社も慢性的な痛みよりも局所的な痛みに製剤を投与する方が効果的、ということをしっかり説明しているのです。

壁ドンという体操がありますが、壁を押しながら、足を延ばす方法。膝を曲げる方法。寝転がって腰をひねったり、膝を抱える体操が効果的です。

ですが、一番有効なのは腹筋を鍛えることです。息をたっぷり吸い込んで、吐き出すときにお腹に力を入れっぱなしにします。これを1日10分続けるだけで、腰の痛みは劇的に解消します。

(2)痛いから、といって横にならない

臥床はすぐに筋肉を低下させます。7日横になっているだけで、100m歩くことができなくなる人もいます。ぎっくり腰でも3日程度横になったら、腹ばいでもいいから歩きましょう。

5)腰痛を予防する4つの生活習慣

日本では1,000万人もの腰痛患者がいる、といわれています。そしてその数は高齢化社会で激増しているのです。腰痛になりやすい職業の一つ、流通業では佐川急便のドライバーが腰痛体操を毎日行っています。

彼らは腰痛と戦っている毎日ですが、腰痛で離職した、という人にはなかなか会えません。その理由を考えてみましょう。

(1)腹から大きな声を出す

セールスドライバーと言われる佐川男子。彼らは研修中から大きな声で挨拶をする習慣があります。軍隊方式ともいわれますが、これは仕事の使命感とともに、腹式呼吸の訓練だと言います。

腹筋を鍛えることが、腰痛防止に有効な証拠です。

(2)声が出せないなら、息を吸い込んで吐く

大声で挨拶する環境にない人の場合は、大きく息を吸い込んで、吐き出すことを朝起きたとき、午後の空き時間などに行うのがよいでしょう。

酸素欠乏は血行を悪くしますので、椅子に座りっぱなし、あるいは立ちっぱなしの方は呼吸で全身を温めるようにするのです

(3)腹筋を鍛える

お腹の筋肉は呼吸で鍛えられます。力一杯息を吸い込んで、吐き出すときにお腹に力を入れっぱなしにしましょう。これだけで、腹筋力が付きます。そして、基本は歩くことです。

(4)笑う=腹筋運動

不思議かもしれませんが、笑うことで、リラックスできる効果があることはよく知られています。ムッとした顔つきで過ごすのではなく、笑顔で過ごしましょう。






今回のまとめ

1)腰痛は8割は運動不足からきている、と言われています。体を動かさないことで、免疫力が下がり、様々なウイルスに感染しやすくなります。

2)湿布は小さな面積でも効き目があります。冷湿布は患部に貼りますが、炎症が起きているところだけに貼ります。

3)温湿布は血行を良くする役割があります。

4)冷湿布は冷蔵庫で冷やし、体を温めたあとで患部にはりましょう。

5)腰痛は体を動かすことで、酸素を体内の届ける血流をよくし、痛みを和らげます。

6)帯状疱疹など、皮膚の痛みが腰の痛みとして、脳が勘違いすることがあります。

7)体操は全ての健康の元になります。

湿布は寝ている間は絶対に外しましょう。湿布自体は飲み薬の30倍もの効き目があります。1時間、2時間程度で実際には薬効がありますので、不要になったら外しましょう。