ファイルを開く女性のドクター

「ヘルニア」という言葉を日常で耳にすることがありますが、ヘルニアがどういったものかということを知る機会は中々ありません。

ヘルニアは腰によく起こるもので、私達にとって身近な疾患の1つです。今回は腰のヘルニアの症状原因予防法などの情報をお届けします。






腰の2種類のヘルニア!3つの原因とは


1)腰の2種類のヘルニア

ヘルニアとは、体内の臓器などがもともとあるべき場所から飛び出してしまい、突出した状態にあることを指します。

いわゆる「脱腸」もヘルニアの1つに分類されます。腰のヘルニアは最も知名度の高いヘルニアで、「椎間板ヘルニア」のことを指します。

椎間板とは腰までを含めた背骨の間にクッションとして入っている部分のことです。椎間板ヘルニアとしての腰のヘルニアには、2種類のタイプがあります。

(1)脱出型ヘルニア

椎間板の中身が飛び出してしまい、それが神経に接触するなどして痛みを感じるタイプの腰のヘルニアです。お団子の中身が飛び出すようなイメージです。

(2)膨隆型ヘルニア

脱出型と異なり、中身が飛び出さない代わりに膨張し、結果的に1つの椎間板全体が膨らみ、神経を圧迫するタイプの腰のヘルニアです。

お団子全体が膨らんでしまうイメージです。

2)腰のヘルニア2つの症状

(1)下肢に出る症状

腰のヘルニアでは、主に下半身の片側にはっきりと自覚でき、筋肉痛のように我慢することも辛い激痛が生じることが多いと言われています。

ヘルニアが進行すると、下半身の両側に痛みが生じる場合もあります。

更に、せき・くしゃみの際も激痛が走ります。

(2)腰から脚にかけてのしびれ

神経が圧迫されたり刺激を受ける関係で、坐骨神経痛に似たようなしびれの症状が出る場合もあります。

3)腰のヘルニアの3つの原因

(1)日常で繰り返される動作

日常的に仕事作業で前かがみになるなど、背骨に対して負担が掛かる姿勢を続けていると、腰のヘルニアのリスクが増すと考えられています。

(2)日ごろの姿勢

椅子にもたれて腰に体重がかかっている状態など、腰への負担が大きい姿勢を日ごろ続けていると、腰のヘルニアに繋がることが指摘されています。

(3)老化

老化によって椎間板や骨も衰えていくため、腰のヘルニアの原因となることがあります。

Patient in der Arztpraxis

4)腰のヘルニアの3つの治療法

(1)薬の服用とコルセットの使用

腰のヘルニアが酷くなって病院に行った場合、最初に行われることが多い治療法です。薬は主に鎮痛剤・筋肉弛緩剤を用い、コルセットを利用しながら安静にしておくことが指示されます。

(2)温熱・低周波療法

温熱療法ではホットパックを用いて患部を温めて治療します。低周波では筋肉を刺激し、働きを促すことで腰のヘルニアの痛みを和らげます。

これからの療法は薬やコルセットを用いた療法の後に行われれることが多いです。

(3)手術療法

現在では腰のヘルニアに対して、レーザー手術・内視鏡手術・ラブ法など、多くの手術療法が確立、開発されています。

レーザー手術では椎間板の一部を蒸散させ、小さくすることで神経への圧迫を取り除きます。ラブ法や内視鏡手術では皮膚を切開して飛び出したヘルニア部分を切除します。

レーザー手術は日帰りが可能ですが、保険適用外で20万〜40万前後の費用が必要となる点に注意が必要です。

また、ラブ法は最大3週間〜1カ月の入院が必要となります。内視鏡手術の入院期間は1〜2週間程度です。

5)腰のヘルニアの2つの予後とは

(1)保存療法だけで済む場合

薬の服用・コルセットの使用・温熱や低周波療法までの段階をまとめて保存療法と言います。腰のヘルニアは1〜2カ月で治まっていくことが多く、

保存療法を経て症状が出なくなった場合は治療が完了しますが、慢性的で軽い痛みが続く場合、定期的に温熱・低周波療法を受けることが医師に指示される場合もあります。

(2)手術療法が必要な場合

腰のヘルニアの手術はレーザーや切開法を含めた多くの方法があり、それによって日常生活への復帰までの期間が変わってきます。

レーザーは日帰りも可能な手術ですが、再発するケースもあります。内視鏡手術は1〜2週間ほどで退院でき、その後はいつも通りの日常生活を送れます。

再発の可能性はレーザー手術に比べて下がりますが、日ごろの姿勢などに気を配る必要はあります。

ラブ法は3週間ほどの入院が必要なため、退院後に日常生活や仕事に完全に復帰するまでは時間を要する療法と言えます。

6)腰のヘルニアの3つの予防ポイント

(1)ウォーキング

ウォーキングは実は、足腰の筋肉を変に負担をかけることなく鍛えることが可能な優れた方法です。

日ごろから歩く時間を長くしたり、家にこもりがちな休日なども定期的に散歩する習慣をつけることは、足腰の筋肉を強化し、腰のヘルニアの予防にとって大きな役割を果たします。

(2)日ごろの姿勢

日ごろから前かがみや猫背になっていたり、腰をひねって座ったり、脚を組んだりなど、足腰に負担のかかる姿勢をとっている方は注意しましょう。

(3)腹式呼吸

腹筋の強化に繋がり、更に手軽に行える腰のヘルニアの予防策として、腹式呼吸が挙げられます。腰のヘルニアの患者の多くが腹筋、背筋の筋力不足を医師に指摘されています。

お腹が膨らみ、しぼむことを意識して呼吸をすることで、腹筋強化を目指しましょう。






今回のまとめ

1)腰の2つのヘルニアとは

2)腰のヘルニアの2つの症状

3)腰のヘルニアの3つの原因

4)腰のヘルニアの3つの治療法

5)腰のヘルニアの2つの予後とは

6)腰のヘルニアの3つの予防ポイント

腰のヘルニアは日常の姿勢や老化で起こるものですが、同時に日常の取り組みで改善・予防できるものです。日ごろから姿勢や動作に気をつけ、積極的にウォーキングなどで足腰を鍛えておくことが大切です。