腰の施術を行う男性の整体師

腰痛は多くの場合複数の要因が複雑に絡み合って起こりますが、その原因が筋肉の場合は、マッサージや腰痛に効くツボを押すことなどが効果的です。

今回は、腰のマッサージ法や腰痛に効くツボ、筋肉を解すことのメリットなどについてご紹介します。






腰の5つのマッサージ法!5つのメリットとは


1)腰痛の原因となる6つの疾患

腰痛の原因を考えた場合、一般的には「椎間板ヘルニア」や「すべり症」などを連想するかと思われます。しかし実際には、腰痛の原因をはっきりと確定できるケースは少ないといわれています。

つまり、腰痛が一つの原因によって生じているケースは稀で、多くの場合、複数の要因が複雑に絡み合って起こっており、原因の特定は困難であるといえます。

以下に、通常想定される腰痛となる病気の種類を掲げます。

(1)椎間板ヘルニア

クッションの役割をする「椎間板」が潰れて飛び出した状態のもの。

(2)腰椎分離すべり症、変性すべり症

腰の骨の一部に亀裂が入っていたり、関節が弛んで骨がずれてしまった状態のこと。

(3)圧迫骨折

おもに「骨粗鬆症」などが原因で、腰の骨が潰れた状態。

(4)腰部脊柱管狭窄症

腰の神経の通り道がさまざまな要因で狭くなった状態。

(5)関節性腰痛

脊椎をつなぎ止める椎間関節や、背骨と骨盤の間の仙腸関節にストレスが加わることによるもの。

(6)脊椎、脊髄腫瘍

背骨やその中を走る神経に腫瘍ができる稀な病気。

これらのほか、腰痛は内臓の病気によっても起こります。一般的には、消化器疾患や腎臓、尿管結石、婦人科疾患などが挙げられます。

2)腰の筋肉の病気

腰痛は、「脊椎」、「椎間板」、「靱帯」、「関節」などが長年の負担で少しずつ変形して起こる場合が多いと考えられています。

一方で、腰にはたくさんの筋肉が走っており、この筋肉が原因で腰痛をもたらすこともあります。腰の筋肉が原因となって考えられるおもな病気は「筋筋膜性腰痛」です。

(1)筋筋膜性腰痛とは

筋肉や筋肉を包む膜(筋膜)の疲労によって生じます。長時間同じ体勢でいたり、過度の労働、スポーツ、打撲などがおもな原因となります。

検査をしてもあまり異常は見られませんが、疲れてくると痛みが強くなってきます。

group of doctors meeting at hospital office

3)腰の筋肉を解すことの5つのメリット

腰に限らず、凝り固まってしまった筋肉は、以下のような悪循環に陥っています。

・さまざまな原因によって筋肉が硬くなる

・硬くなった筋肉が血管を圧迫して血行障害をもたらす

・凝りと血行障害が痛みを生じさせ、防御反応としてさらに筋肉が収縮する

マッサージなどによって筋肉を解すことはこの悪循環を断ち切ることにつながります。そのメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

(1)血行やリンパの流れを良くする

(2)筋肉の弾力性や柔軟性を高める

(3)神経の興奮を抑制する

(4)関節の可動域を広める

(5)疲労が回復し痛みを改善する

4)腰への5つのマッサージ法

マッサージにはある程度決まった手技があります。ストレッチと併用させたものもあるようですが、基本的な手技について整理します。

(1)軽擦法

手の平や手根(手の平と手首の間)を使って、対象となる部位の皮膚の上を軽くさすったりなでたりする方法。

(2)揉捏法

筋肉を対象にして行う手技で、「揉む」、「こねる」という方法。

(3)叩打法

両手あるいは片手でリズミカルに叩く方法。

(4)振せん法

疲労している筋肉の硬くなった部分をふるわせて筋の緊張を解く目的で行う方法。

(5)圧迫法

手のいろいろな部分を使って持続的に適度な力で圧迫する方法。

5)腰痛に効く4つのツボとは

一般的に腰痛に効く「ツボ」というものが存在します。以下にその場所と押し方について簡単に整理します。

(1)腰腿点

手の甲にある2つのツボです。1日2〜3回、1〜2分程度ずつ刺激することで腰痛が軽くなるといわれています。

・場所

手の甲の人差し指と中指、薬指と小指の分かれ目のそれぞれ中央。

・押し方

この「腰腿点」にもう片方の手の親指と人差し指をあて、親指と人差し指で手の甲を挟むようにして押しもみます。爪楊枝などの先で刺激するのも効果的です。

(2)腎兪(じんゆ)、志室(ししつ)、命門(めいもん)

腰にある腰痛の特効ツボです。「腎兪」と「志室」は腎臓機能を高め、「命門」は体力アップに役立つといわれています。

・場所

命門はへその真後ろ。腎兪は命門から左右へ指2本分離れたところ。志室は命門から左右へ指4本分離れたところ。

・押し方

親指を腎兪にあて、30回程度軽く押しもみます。志室も同様に。足を肩幅くらいに開いて立ち、腰をゆっくり回しながら押すとさらに効果が上がります。

命門は、女性の場合右手を下に、男性は左手を下にして中指の先を重ねてあて、30回程度軽く押しもみます。

女性の腰の施術を行う整体師

6)腰の筋肉をやわらげるその他の4つの方法

上述したマッサージ以外にも、凝り固まり、場合によっては痛みを生じている腰の筋肉をやわらげる方法があります。

(1)ストレッチ

腰も含めて筋肉をやわらかく保つためには「ストレッチ」が効果的です。特に下半身のストレッチには股関節周りを重視します。足を開脚して股関節を前後に揺らすだけでも股関節まわりの筋肉を解すことができます。

(2)腰部を温める

腰痛は急性でも慢性的なものでも温めることによって痛みは改善します。筋肉は温めることで血流を良くし、疲労物質を減らしていきます。たっぷりのお湯の中に浸かることでお湯の浮力で体が重力から解放され、筋肉が柔らかくなっていきます。

(3)低周波治療器

筋肉は、神経という脳や脊髄からの電気信号を受けて収縮したり弛緩したりしています。この神経からの電気信号の代わりに「低周波治療器」を使って筋肉を周期的に収縮させて筋肉を解します。

(4)筋弛緩剤

中枢神経に働きかけて筋肉の緊張をやわらげる薬を服用します。筋弛緩剤は一般的に炎症を抑える消炎鎮痛剤(痛み止め)でも痛みが治まらない場合に処方され、消炎鎮痛剤と併用するとより効果が上がります。

7)日常生活から腰痛予防の6つのポイント

日常生活から腰痛を予防していくためには、生活習慣の見直しや工夫が求められます。以下に、日常生活における一般的な腰痛予防策を整理します。

(1)正しい姿勢を心がける

いわゆる猫背など、姿勢が悪い場合に腰痛に悩まされている人は多いと考えられています。姿勢が悪いとそのぶん腰に体重がかかってしまい腰痛を悪化させます。

毎日鏡を見ながら正しい姿勢を心がけることは腰痛予防の一つです。

(2)太りすぎ(肥満)に注意する

肥満も腰痛を起こしやすい原因と考えられています。この場合は体重を減らすことが一番の解決方法ですが、無理なダイエットはかえって体調不良を招きます。

適度な運動によって体重を軽減させ、バランスの良い体をつくっていくことが重要です。

(3)腹筋と背筋を鍛える

日頃から腹筋と背筋を鍛えることが有効です。例えば、仰向けに寝た状態で自転車を漕ぐように空中で足を回す運動は腹筋と背筋を同時に鍛えることができます。

ただし、腰に痛みがある場合には無理をしないようにしましょう。

(4)同じ体勢をとり続けない

座りっぱなし、立ちっぱなしといった同じ体勢をとり続けることも腰に悪影響を与えます。やむを得ず同じ体勢をとり続けないといけない場合は、適度に休憩をとり、軽いストレッチなどをして筋肉を解すことが大切です。

(5)重いものを持つときには気をつける

重いものを持つと当然腰に負担がかかり、ぎっくり腰を起こしやすくなります。重いものを持つときは、ものと体をできるだけ密着させ、膝を使いながら体全体で持つことを意識しましょう。

(6)靴や布団などにも気を配る

毎日使用する靴や布団などにも腰痛の原因が潜んでいます。足に合わない靴を無理矢理履いたり、柔らかすぎる布団の使用で腰を沈めてしまうことで腰痛を発症させることがあります。

自分に合う靴、適度な固さの布団の使用をおすすめします。






今回のまとめ

1)腰痛は複数の要因が複雑に絡み合って起こり、その原因の特定は困難であるが、腰の筋肉が原因となって起こるおもな病気は筋筋膜性腰痛である。

2)マッサージなどによって腰の筋肉を解すメリットとしては、血行やリンパの流れを良くすること、筋肉の弾力性や柔軟性を高めることなど、複数の効果が考えられる。

3)マッサージにはある程度決まった手技があり、基本的なものとしては「軽擦法」、「揉捏法」、「叩打法」、「振せん法」、「圧迫法」の5つがある。

4)一般的に腰痛に効くツボとしては、手の甲にある「腰腿点」と、腰付近にある「腎兪」、「志室」、「命門」の4つが挙げられる。

5)マッサージ以外に腰の筋肉をやわらげる方法としては、「ストレッチ」、「腰部を温める」、「低周波治療器」、「筋弛緩剤の服用」などが挙げられる。

6)日常的な腰痛予防としては、「正しい姿勢を心がける」、「太りすぎに注意する」、「腹筋と背筋を鍛える」、「同じ体勢をとり続けない」、「重いものを持つときには気をつける」、「靴や布団などにも気を配る」ことなどが大切である。