背骨の模型を見せて説明をする男性の医師

水平だった人間の背骨は、進化の過程でストレスが垂直方向にかかるようになり、それが原因で、「腰が痛い」と感じるさまざま病気を引き起こすことになったのです。

今回は腰が痛い時どんな病気の可能性があるのか、またその対処方法をお伝えします。






腰が痛い時に潜む5つの病気!2つの対処法とは


1)腰が痛い5つの種類とは

(1)椎間板ヘルニア 

椎間板の中身が飛び出して神経を圧迫することで起こります。 腰痛だけでなく足の痺れを伴うことがあります。

(2)ぎっくり腰(急性腰痛症) 

ぎっくり腰は、一時的に重いものを持ち上げたり、くしゃみなどをきっかけに腰に激痛が走ります。 主な原因は、腰や骨盤の筋肉や、筋膜、じん帯、軟骨の損傷などです。

(3)椎間関節症候群 

腰を反らすような背骨に負荷をかける動作をすると強く痛みだし、足の付け根、お尻、足などに痛みや痺れが出ます。 椎間関節を痛めることで腰が痛くなり、関連痛を呼び起こし、足の付け根、お尻、足などにも痛みや痺れが現れます。

(4)脊柱管狭窄症 (せきちゅうかんきょうさくしょう)

50歳以上の人に多い病気です。脊柱管の中に椎間板・骨棘などが飛び出し、足の痛みや痺れを引き起こすことがあります。

加齢や脊椎分離症などが原因で、足が痺れて歩き難くなったり、排便や排尿のコントロールが出来なくなることもあります。

(5)坐骨神経痛 

腰からお尻の痛み、また太ももの裏から足先にかけての痺れなどの自覚症状があります。 坐骨神経痛の原因には、梨状筋症候群、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、椎間関節症候群などが挙げられます。

また、ストレスなどにより自律神経が筋肉や血管を収縮させることにより、酸素欠乏が起きて、痛みが強くなることもあります。

2)腰が痛い場合に隠れた5つの病気

腰痛は上記に挙げた意外に、内臓が原因で起きるものもあります。

(1) 腎臓結石、尿管結石

腰から下腹部にかけて放散痛があり、排尿の際にはさらに痛みが強くなります。

(2) 腎疾患

腎臓に炎症がある場合、腰部が重く感じられ、腎盂炎の場合は寒気と高熱がでて腰の痛みも

伴うようになります。

(3) 虫垂炎

右側の腰が痛みを感じ、その他発熱・腹痛・おう吐などの症状が表れます。

(4) 胆石症

腹部の右上に激痛が走ったり、腰の右側に疼痛発作を繰り返すことがあります。

(5) 膵臓疾患

急性膵炎に罹ると、上腹部に激痛が走り、同時に腰背部へ痛みが散らばります。慢性の場合は、腰背部に鈍痛を感じます。

3)腰が痛い3つの原因

(1)侵害受容性疼痛

腰椎や周辺の筋・筋膜・靭帯・内臓などに異常がある最も起きやすいケースです。

(2)神経障害性疼痛

神経が障害を受け、正しく機能しなくなった時に起こることがあります。

(3)心因性疼痛

社会的・心理的ストレスなど「心理的影響」で本来人間が持っている痛みを抑えるメカニズムが正常に働くなり、痛みを感じることがあり、ストレスの多い現代人にとって、この原因の裾野はかなり広いと言われています。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

4)腰のそれぞれの病気への2つの対処法

(1)急性期は安静にし、まず冷やす

腰痛には急性期と慢性期があります。急性期に当たるのは「ぎっくり腰」などで、重い物を持ち上げた時などに激痛が走ります。この場合は、熱をもって炎症を起こしている状態なので、冷やすことが先決です。

温めると悪化してしまうため、ご注意下さい。氷などにタオルを巻いて、30分程冷やします。そうすることによって、炎症の拡大を防ぎ、鎮痛効果にもなります。

(2)慢性期は温める

日常生活や仕事・運動・肥満など、継続的に腰へ負担をかけている場合に、慢性腰痛を引き起こします。痛みが始まり、2~3日経過後もこの時期に当たります。

この場合は、幹部を温めることにより、痛みを和らげることができます。結構が良くなり、筋肉の組織が修復されます。

30分~1時間程度、低温火傷に気をつけながらカイロなどで温めて下さい。

5)腰が痛い場合への2つの予防ポイント

(1) 腰への負担を減らす生活を心がける

腰に負担がかかる姿勢を長時間続けないようにして下さい。

座りっぱなし、立ちっぱなし、、、そんな姿勢を仕事に寄っては強いられている方もおられるでしょうが、2時間に1回は用事が無くても立ち上がって歩いたり、伸びをしたりするだけで効果はあります。

(2) 筋力を養う

同じ姿勢を続けているにしても、痛みの出方は人それぞれです。その違いは、ズバリ「筋肉量」によるものです。

要するに、腰を支える筋力が十分に備わっていれば、ある程度のことには耐えられます。しかし、筋力が弱ければ、

直接的に腰を痛めてしまうことになるのです。

6)腰が痛い病気への3つの対処法

(1) 薬を使う

突然腰痛に襲われることもあります。筋肉の炎症を抑える効果のある、市販されている消炎鎮痛剤となる塗り薬やシップを常備しておいて下さい。

(2) 体操

主に腰の筋肉を伸ばすことを意識し、柔軟体操を行ってください。腰を前後に曲げる、腰を左右にひねる という動作を1セットとして、15セット朝晩行うと効果的です。

ただし、痛みが強い時は、反動をつけたりして無理をしないようにして下さい。

(3) 温める

なるべく毎晩20分~30分は湯船に浸かって、腰を温めるようにしてください。こわばった筋肉を緩めてあげる効果があります。

*腰痛の種類によっては、ストレッチによって症状が悪化する場合もあります。現在痛みがある人や、治療を行っている人は、医師や専門家に相談の上ストレッチなどの体操を行うようにしてください。

以上いかがでしたか。殆どの腰痛は筋肉が柔軟になっていけば、改善します。日々の運動やストレッチを心がけ、腰痛を慢性化させないように努力することも大切ですね。






今回のまとめ

1)腰が痛い5つの種類とは

2)腰が痛い場合に隠れた5つの病気とは

3)腰が痛い3つの原因とは

4)腰のそれぞれの病気への2つの対処法とは

5)腰が痛い場合への2つの予防ポイント

6)腰が痛い それぞれの病気への3つの対処法とは