腰痛の男性の施術を行う整体師

ぎっくり腰はその症状からドイツ語では「魔女の一撃」と恐れられています。ぎっくり腰とは実際にどのような症状で、何が原因で起こるのでしょうか。

今回はぎっくり腰になった時の応急処置と再発防止の方法についてお伝えします。






応急処置!ぎっくり腰への2種類の治療方法とは


1)ぎっくり腰の症状とは

ぎっくり腰(急性腰痛症)は突然腰痛に襲われる症状をいいます。腰に激しい疼痛が発し、3週間から3ヶ月の間続きます。応急処置としては安静にして湿布を貼るのが効果的です。

ぎっくり腰の原因ですが、狭義の意味では腰の関節の捻挫が原因とされています。広義の意味ではさまざなものがあり、筋肉痛から内臓疾患、果てはガンの疑いも出てきます。

2)ぎっくり腰であるかどうか判断するには

(1)突然の腰痛には主に2種類ある

ぎっくり腰の原因にはさまざまなものがあります。同じように突然腰痛になる椎間板ヘルニアというものがあります。

こちらは症状こそ似ていますが、筋肉の痛みが原因のぎっくり腰に対し、椎間板の間から神経がはみ出し痛みを発します。

(2)「腰だけの痛み」か「下半身のしびれ」を伴う痛みか

ぎっくり腰の場合痛みは腰部に限られますが、椎間板ヘルニアの場合、痛みが徐々に下半身全体に広がっていきます。

(3)痛みが日に日に悪化するかどうか

ぎっくり腰ならば安静にしていれば数日で痛みが静まっていきますが、椎間板ヘルニアならば痛みは悪化する一方です。

痛みを放置するのは危険ですので、ぎっくり腰になったら専門医の判断を仰ぎましょう。椎間板ヘルニア以外にもさまざまな原因がぎっくり腰には存在するからです。

3)ぎっくり腰の4つの原因

ぎっくり腰にはさまざまな原因があり、その数はぎっくり腰になったひとの数だけある、とまでいわれています。ここでは代表的なものを4つ挙げていきます。

(1)筋肉疲労

これは日々の腰の筋肉への負担が積み重なって起こったものです。日頃、重い物を持ち上げたり、スポーツなどで過度な負荷をかけ続けていた結果です。

初めは少しづつだった疲労の蓄積が限界値を越えた時点で痛みが発生します。

(2)骨格の歪み

事務仕事などで長時間座っていると姿勢が歪み、骨格までも歪んでしまうことがあります。

骨格が歪むと筋肉が緩んだり、負荷がかかったりして筋肉痛の原因になります。そうすると体全体の筋肉のバランスが崩れ、ぎっくり腰となって現れます。

(3)急な過負荷

重い荷物を持ち上げようとしてぎっくり腰になる、とはよく聞く話です。この様に腰の筋肉へ急に強い負荷をかけてしまうことでぎっくり腰は起こります。老年者に限らず、若者でもスポーツなど過激な運動をするとぎっくり腰になることがあります。

(4)その他

腰は人体にとって要と呼ばれる程に重要な箇所であり、負荷がかかりやすい箇所です。そのため内臓疾患が原因でぎっくり腰が起こることもあります。

腰以外の箇所の負担が巡り巡ってぎっくり腰につながることがあります。書き挙げたらきりがないほどぎっくり腰の原因は数多くあります。

ファイルを開く女性のドクター

4)ぎっくり腰への応急処置

(1)先ずは冷やしながら安静

ぎっくり腰になったら、すぐに安静にしましょう。それ以外の応急処置は湿布を貼るくらいしかありません。とにかく無理をしないで動かないようにしてください。

(2)症状が落ち着いから医師の診断へ

そしてその後は医師の診断を仰いでください。狭義の意味でのぎっくり腰(急性腰痛症)ならば問題ありませんが、広義の意味でのぎっくり腰の場合、腰以外に原因があることになります。

最悪の場合、ガンである可能性もあるので、たかがぎっくり腰と軽視しないようにしてください。

5)ぎっくり腰への2種類の治療法

(1)狭義のぎっくり腰

ぎっくり腰(急性腰痛症)の治療法は自然治癒を待つことです。その間の痛みを和らげるために湿布や鎮痛剤があります。

痛みが引くまでは極力無理をせず、腰に負担がかかるようなことは尚更避けてください。コルセットは治療効果はありませんが、動く際の助けになってくれます。

俗にいわれるように、治ってしまえば嘘の様に痛みが消えてしまうのがぎっくり腰の特徴です。

(2)広義のぎっくり腰

こちらは急性腰痛症と違い、まず痛みの原因を特定しなければいけません。これは専門家の力を必要としますから医師にかかりましょう。

なんらかの持病があったならそれから疑ってみると良いでしょう。その原因は非常に広範囲で、ガンに代表される内臓疾患から鬱のような精神疾患まで含まれます。

そうして原因を特定し、その治療に取り掛かりましょう。ぎっくり腰は身体からの緊急信号といえます。

6)ぎっくり腰への4つの予後

ここでは急性腰痛症としてのぎっくり腰だけ言及します。広義のぎっくり腰では原因によってあまりに違いがあるからです。

ぎっくり腰が治ると嘘のように痛みがなくなります。しかし油断は禁物です。ぎっくり腰の後は、下記に注意した生活を行います。

(1)腰に負担を掛けない生活

(2)荷物の上げ下げを避ける

(3)急な運動を避ける

(4)睡眠不足に注意

上記のように、基本的に腰に負荷がかからないように生活してください。荷物の上げ下げや急な運動をしないよう心がけてください。また睡眠不足など不規則な生活をしていると過労などから再発のおそれがあります。

Doctor discussing with patient over x-ray

7)ぎっくり腰への4つの予防ポイント

ここでぎっくり腰にならないよう注意すべきポイントを並べてみました。

(1)適度な運動をする

背中から腰や腰回りの筋肉を弱らせないよう、腰に負担のかからないアクアエクササイズや水中ウオーキングなどで適度な運動をしてください。ここでこれらの筋肉に過負荷がかかるようなスポーツやトレーニングなどは禁物です。くれぐれも無理はしないでください。

(2)規則正しい生活をする

ぎっくり腰は身体が弱るとなりやすくなります。最低限の体力を維持するためにも規則正しい生活を心がけましょう。

(3)重い物を持たない

重い物を持つと腰に負担がかかります。そういう時は誰かに助けを求めるなどをして負担を避けてください。また家の中でも重い物を上げ下げしないですむよう物の配置を工夫してみましょう。

(4)日常の動作に気をつける

日常のなにげない動作にも腰の負担になるものが多くあります。例えば朝目が覚めたら、布団の中で身体を胎児のような姿勢にし、腰の筋肉を伸ばしてから起き上がりましょう。

立ったまま前かがみの姿勢になる時は、ひざを少し曲げるくせをつけましょう。靴を履く時は靴の中に中敷きを敷くと歩く時の腰への衝撃を和らげられます。

椅子に座る時は背もたれに腰が着くまで深く座りましょう。そして1時間に1回は立ち上がって膝の屈伸運動を行なうと腰の血行が良くなります。

急な動作は控えてください。ゆっくり動くのがぎっくり腰再発防止の要点です。






今回のまとめ

1)ぎっくり腰には急性腰痛症とそれ以外の原因が理由のものがある。

2)ぎっくり腰の応急処置は痛みが和らぐまで安静にし湿布を貼るなどをする。

3)ぎっくり腰になったら軽視せず、医師の診断を受ける。

4)ぎっくり腰の原因がわかったら、それに応じた対処をとる。

5)ぎっくり腰が治っても腰に負担のかかる動きは避ける。

6)再発防止のため適度な運動で腰の筋肉を鍛える。

7)過労は再発につながるので規則正しい生活を心がける。

ぎっくり腰は基本的には安静にしていれば治る症状です。応急処置も安静にして湿布をはるなどをすれば充分で、治ってしまえばケロリと平気になります。

しかしその原因はさまざまで身体からの危険信号という側面もあります。ぎっくり腰になったら自分の身体を点検してみる好機なのかもしれません。