シニア男性に問診を行う医者

ぎっくり腰になったら何をするのがベストでしょう。「グキッ」と音が聞こえてきそうなぐらいの痛みと「やっちゃった感」を感じますよね。

もうそうなったら最後、しばらくの間まともに仕事や、普段の日常生活までままならない状態になります。今回はぎっくり腰になったらすべき対処法をお伝えします。



必見!ぎっくり腰になったらすべき3つの治療法とは


1)ぎっくり腰の3つの症状

(1)腰からお尻にかけて痛み、そして足にかけてしびれが走ることがあります。重い物を持った瞬間激痛が起こり、ぎっくり腰の状態になります。

(2)痛みが慢性化していることがありますが、前にかがむ姿勢をとったり、体をねじった瞬間に急に痛みが始まることがあります。

(3)転倒したり、腰をひねった直後に、腰に強い痛みを感じそれが持続します。

2)ぎっくり腰の3つの原因

(1)腰部椎間板の断裂・腰部椎間板ヘルニア

腰や背骨の間には、椎間板というクッションの役目をする軟骨があります。椎間板は体の重みを支えているため、常に圧力がかかっています。

加齢が原因で、椎間板の断裂が生じ、つぶれてしまいます。それが原因で背骨にある神経を圧迫し、痛みが起こります。

(2)腰部椎間板症

椎間板には、「線維輪」という部位とその中央の「髄核」で構成されています。加齢とともに、水分が減少してクッション機能が低下します。

れが原因で、周りの筋肉や関節に直接圧力がかかり、無理な姿勢をとったり際に痛みが生じます。

(3)腰椎圧迫骨折

骨粗鬆症が原因で骨がスカスカの状態になり、転倒した際など外圧がかかり骨折することがあります。骨が弱くなっているので、くしゃみをしたり、少し腰をひねっただけで骨折が起こることも。

いわずもがな「骨折」なので、激しい痛みが生じます。

3)ぎっくり腰になったらすべき2つの対処法

(1)安静にする

ぎっくり腰になった直後は、痛みが強いため動くことができなくなります。その場合、まずは横になって安静にしてください。

あまり痛みを感じないポジションを見つけて、しばらく動かずそのまま安静にします。

(2)日常の活動を続ける

しばらく安静にしていると、少し動けるようになるでしょう。その際は、様子をみながら日常活動を続けて下さい。

そうすれば、痛みの改善にもつながるという研究結果があります。あまり安静にしすぎると、逆に痛みを悪化させると言われています。

数時間から半日ほど横になって安静にし、落ち着いたら無理のない範囲で動くようにしてください。

Physician ready to examine patient

4)ぎっくり腰でしてはいけない2つのこと

(1)無理は禁物

座る時、横たわる時、とにかくゆっくり動いて下さい。急いで動くと腰に負担をかけてしまい、痛みや症状が悪化します。

腕で上半身の重みを支え、ゆっくりと横たわりましょう。

(2)自己流の判断

ぎっくり腰が軽度であっても、油断はしないでください。急にぎっくり腰が生じた直後にお風呂に入ると炎症が進み、痛みが強くなることがあります。

シャワー程度にしてください。また、自己流でマッサージをした結果、痛みが悪化することもあります。入浴中のマッサージも要注意です。

5)ぎっくり腰への3つの治療法

(1)痛み止めを飲む

ぎっくり腰に痛み止めは効果的です。下記のとおり3つの薬が主に処方されます。

・筋弛緩薬

急性のぎっくり腰には効果があります。筋肉の緊張を緩め、痛みを沈めます。眠気や脱力、目まいなどの副作用がありますので、車の運転などはしないでください。

・アセトアミノフェン

効果は弱めですが、副作用が少なく、胃腸にも優しいので日本ではよく処方されています。

・非ステロイド性抗炎症薬

腰痛緩和のためによく使われるお薬です。ロキソニン・ボルタレンなどがこれに当たります。効果も高いですが、胃腸が弱い方には刺激が強いため、同時に胃薬も処方されます。

・シップ剤・塗り薬

服用する薬以外に、外用薬として処方されることがあります。

(2)冷やす

急性の場合は、足のねん挫と同じで患部が腫れて熱を持つため、冷やすとよいでしょう。シップを貼ったり、氷水で冷やした冷たいタオルを患部にあてると痛みが引きます。

(3)温める

慢性の場合は、患部を温めたほうが効果があります。じんわり気持ちが良く、筋肉や神経が緩み、痛みが緩和されます。ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのもよいでしょう。

以上にご紹介した治療法で効果がでなければ、腰椎や筋肉を痛めたことが直接の原因でない場合がありますので、その際は専門家に相談してください。

Doctor showing xray to his patient

6)ぎっくり腰への4つの予防ポイント

(1)姿勢に気を付ける

一日中同じ姿勢を続けている人は、腰回りの筋肉や血の巡りが滞っています。なるべく2時間毎に歩いたり、軽くストレッチや伸びをしたりして体を動かして下さい。

特に前かがみの姿勢は筋肉疲労を起こしやすいため、注意が必要です。

(2)日常動作に気を遣う

腰に負担をかけないように工夫をしてください。例えば立ち姿勢を長くとる場合は、15cmほどの台を用意して片足を交互に乗せることにより、腰の負担を軽減させることができます。

荷物を持ち上げる際は、荷物を体になるべく引き付けて抱えて持ちましょう。

(3)心身をリラックスさせる

自宅のソファで横になり、好きな音楽やアロマオイルの香りで全身をリラックス。疲労がたまると腰の筋肉も緊張し、腰を痛めることがあります。

また精神的な緊張も同様に体の筋肉を硬直させます。休みの日は、なるべく好きなことをし、心地よい時間を過ごして心と体をリラックスさせることが大切です。

(4)ストレッチ

身体に疲労がたまりすぎると腰の筋肉もこわばります。その結果、朝起きた瞬間やその直後にぎっくり腰を起こす可能性が高くなります。

その日の疲労は、その日のうちに取り除くことがベスト。夜入浴後にストレッチを習慣にすると効果的ですね。

以下のような簡単なストレッチでも、毎日続けることによりぎっくり腰を予防することができます。

両足を伸ばして仰向けになり、片足を両手で抱える

ゆっくり息を吐きながら、10秒間で胸まで引き付ける

その状態で5秒間キープ

左右5回ずつおこなう

いわゆる「ぎっくり腰」は腰の機能が低下しているときに、外圧がかかる事により、椎間板やそのまわりの筋肉を痛める事によって起こります。

日頃から腰に負担のかかる体勢をとらない癖をつけて下さい。また、腰部の周辺の腹筋や背筋を鍛えておくのも大切ですね。



今回のまとめ

1) ぎっくり腰の3つの症状とは

2) ぎっくり腰の3つの原因とは

3) ぎっくり腰になったらすべき2つの対処法

4) ぎっくり腰でしてはいけない2つのこと

5) ぎっくり腰への3つの治療法とは

6)ぎっくり腰への4つの予防ポイントとは