患者に説明をする男性ドクター

腰のどこの部分が痛いのかという事で考えられる原因が変わってきます。痛みの原因を知ることで、それぞれ対処法が異なってくることから、何が原因で痛みが起こっているのかを知ることが、治療には大切です。

今回は右腰の痛みの原因、隠れる病気、対処法をお伝えしていきます。






右腰の痛み解消へ!4つの原因と対処方法とは


1)腰の痛みの4つの原因

(1)骨格筋の炎症による腰痛

激しい運動や、重い荷物を持って日常生活よりも高い負荷が腰にかかることにより腰の筋肉に炎症を起こすものです。

一般的に腰痛と言われるものは、炎症によるものがほとんどです。

(2)骨格(骨盤)の歪みによる腰痛

骨盤の歪みによる腰痛というものを聞いたことがあるかもしれません。左右どちらか側に負担をかけすぎると身体のバランスが崩れてしまいます。

特徴としては、膝を曲げたり動かしたりするときに痛みが出るのが特徴です。

(3)神経の圧迫による腰痛

神経を圧迫する腰痛というのは、腰痛だけではなく他の部分にも症状が現れる子ことが多くあります。原因としては、繰り返しの動作による椎間板の変形や狭窄症といったものがあげられます。

(4)内臓系の病気による腰痛

内臓からくる腰痛の場合には、常に痛みを伴うという事が特徴です。どの姿勢だと痛いというようなものではなく、横になったり・動いたりしても痛みが和らぐことはありません。

2)右腰の痛みの4つの原因

(1)骨格筋の炎症を起こす原因

筋肉に急激な負担をかけるという事が原因になります。普段、運動をしている人であればいつもと同じ運動をしても筋肉に炎症を起こすという事は殆どありません。

突然、走ってたり、重い荷物を動かそうとした時などに右側の腰の筋肉に負担がかかってくる可能性があります。

(2)骨格(骨盤)の歪みを起こす原因

右側ばかりに負担をかけすぎると、身体のバランスが崩れて腰痛になります。たいていの人は右利きなので、右側だけが腰痛になるという人も多くいます。

右側にショルダーバッグをかけたり、持ったりしているというような日常生活の行動が原因となっています。

その他には脚を組む、長時間座っている、頬杖をつくといった事も原因の1つです。

(3)神経の圧迫を起こす原因

椎間板ヘルニアや脊椎狭窄症、骨粗鬆症やそれに伴う脊椎の圧迫骨説などが原因で神経の圧迫を起こす事があります。

椎間板ヘルニアの場合、椎間板が飛び出し神経に触れる事で痛みや痺れが起こります。

(4)内臓系の病気による原因

内臓疾患による右側の痛みというのは、遊走腎という病気や虫垂炎の可能性が高くあります。

遊走腎というのは、横になると痛みが和らぐ可能性が高いのですが、通常の腎臓の位置よりも10㎝位下垂する病気になります。

Networking

3)右腰の痛みの4つの症状

(1)骨格筋の炎症を起こす原因

痛みの特徴としては、動作をしたときに痛みが生じるというものです。立ち上がる時、前かがみになった時、状態を反らすときなどです。

動かずに安静にしていると痛みが和らいだり、特定の姿勢を取っていると楽になります。

(2)骨格(骨盤)の歪みを起こす原因

側弯症のように背骨が左右に曲がってしまう場合、左右の方の高さや背中腰の高さが違います。

姿勢の悪さや筋肉の発育不良、肥満などが原因となりますがこうしたことから、骨盤のゆがみをおこす原因にもなります。

(3)神経の圧迫を起こす原因

骨や椎間板が押しつぶされて亀裂が入った状態になります。

椎間板症であれば、前かがみになった時に腰が痛んだり、椎間板ヘルニアであればば、椎間板が押しつぶされ髄核が外に飛び出し痛みが出るので、前かがみになると足やお尻の痺れといった坐骨神経痛が起きます。

(4)内臓系の病気による原因

細菌感染や腫瘍などによる内臓系疾患の可能性もあります。脊髄に細菌が侵入してしまい、炎症や膿がたまる病気で、腰や背中の激痛が起こります。

静対カリエスも結核菌が脊髄に感染して炎症を起こす病気です。脊髄腫瘍や脊椎腫瘍と呼ばれるものは、脊髄や脊椎にでき、腰や背中に鈍い痛みが長く続く、突然激しい痛みが出る事もあります。

4)右腰の痛みが続く場合に考えられる3つの病気

(1)化膿性脊椎炎

脊椎や背骨に細菌が侵入をして炎症をおこし膿がたまる病気になります。

背中の激痛や、痛みのある個所を叩くと非常に痛んだり、安静にしていても痛みが出るのが特徴で寒気や発熱といった症状が現れる事もあります。

(2)脊髄カリエス

結核の原因となる結核菌が脊髄に感染をする事に胃より炎症を起こす病気になります。腰や背中の中心にコリがあったり、からだがだるく疲れやすい、食欲がなく体重が減るという事もあります。

(3)脊髄腫瘍・脊椎腫瘍

脊髄や脊椎にできる良性または悪性の腫瘍になります。背中に鈍い痛みがずっと続いていたり、動かず安静にしていても痛みが出ます。突然の激しい痛みが出る事もあります。

5)右腰の痛みへの対処法

(1)化膿性脊椎炎の対処法

細菌感染する経路には、血行性感染、膀胱炎などの泌尿器から生殖系の病気から静脈を介して脊髄に広がるということがあります。脊椎や椎間板の手術により起こることもあります。

(2)脊髄カリエスの対処法

初期段階であれば、感染部をギブスやコルセットで固定し、安静にしながら抗生物質の点滴を行います。

(3)脊髄腫瘍・脊椎腫瘍の対処法

良性腫瘍の場合には、何の症状にも見られないことがあります。痛みや神経圧迫などの傷害は、手術で腫瘍を取り除き、良性腫瘍は薬や放射線療法で治すことはできません。

悪性腫瘍の場合は、転移がある可能性があるので、摘出が可能性の場合には手術で腫瘍を取り除きます。

group of happy doctors meeting at hospital office

6)右腰の痛みがひどい場合にすべき3つの検査法

(1)化膿性脊椎炎の検査法

診断としては痛みの特徴が化膿性脊髄炎が疑われる場合、血液検査を行うほか、レントゲン、MRI、CT等の画像検査によって脊椎の破壊の状態を調べます。

(2)脊髄カリエスの検査法

検査方法としては、血液検査で白血球数や特定のタンパク質の濃度を調べ、初期に椎間板が侵され薄くなることが特徴なので、X線やMRI・CTスキャンなど画像検査も行われます。

生検として針で組織の一部を採取し、結核菌の有無を調べる検査も行われます。

(3)脊髄腫瘍・脊椎腫瘍の検査法

X線検査では、椎体の貝柱様変形、追弓間距離の拡大、椎弓の非博化が見られます。しかし、進行するまで発見できないことからMRI検査の画像検査を利用することが、早期発見につながります。

7)右腰の痛みがひどい場合にすべき3つの治療方法

(1)化膿性脊椎炎の治療法

治療法は抗生物質と安静を保つこと。

体外から針を刺して病巣を出す方法や高気圧酸素療法と言われる、体内の酸素量を増やし殺菌効果や白血球の働きを高めて治療を行いますが、保存両方で効果がない時には手術をして膿んだ病巣を取り除いた後に患部を洗浄して細菌の除去を行います。

(2)脊髄カリエスの治療法

初期症状であれば、感染した部分をギブスやコルセットの固定や抗生物質の投与も行われるのが基本です。炎症が治りにくい場合には、レーザーや電気治療を行い焼き固める治療が行われます。

(3)脊髄腫瘍・脊椎腫瘍の治療法

健康診断に腫瘍が見つかる事も多く、悪性腫瘍で転移がある場合には転移先元から治療をします。良性で無症状であれば治療は必要はありません。

神経圧迫などがあれば、手術で腫瘍を取り除きます。悪性の場合には腫瘍の摘出が可能な場合には、腫瘍の摘出をします。

手術が難しい場合には化学療法や放射線療法を行います。

8)右腰の痛みへの3つの予防ポイント

(1)化膿性脊椎炎への予防法

受診科としては整形外科です。免疫力の低下が病気を発病します。

疲労や生活習慣の乱れが免疫力の低下を起こす可能性があるので、1日3食の食事、6時間の睡眠、週2~3回程度の運動といった日常生活から免疫力を高める心がけをします。

(2)脊髄カリエスへの予防法

受診科としては整形外科になります。脊椎カリエスを引き起こす可能性のある病気としては、肺結核や腎結核などになります。

現在は、結核になる確率は少なくなっていますが予防接種などを行い、結核にならないようにします。

(3)脊髄腫瘍・脊椎腫瘍への予防法

受診科としては、脳神経外科になります。

脊髄腫瘍を起こす可能性のある病気は乳がん、肺がん、胃がんなどになりますので悪性腫瘍にならない様にフードガイドピラミッドに沿って、必要な栄養素を摂取や運動習慣を心がけます。






今回のまとめ

1)右腰が痛い原因は筋肉の炎症がある。

2)右腰が痛い原因は骨盤の歪みがある。

3)右腰が痛い原因は神経痛の可能性がある。

4)右腰が痛い原因は内臓疾患の可能性がある。