医者の持つタブレットをみる患者

日常生活の中で背中が痛むことは良くあることと思われます。背中が痛い症状も右側や、左側でも原因に違いがあります。また息苦しい症状と合わせて痛むことがありえます。今回は背中が痛い症状と息苦しい症状が同時に来た場合の、原因とその対処法をお伝えします。






背中が痛い&息苦しい!2つの病気のリスクと対処方法とは


1)右の背中が痛む?右の背中が痛い場合の原因とは

右の背中が痛い2つの原因について病名も例に挙げながら触れていきます。

(1)肝炎の危険性があり、カキによる感染や性行為や過度の飲酒から発展する恐れがあります。

(2)胆石症の危険性があり、脂分の摂取やストレス、肥満、不摂生などから発展する恐れがあります。

肝臓を中心とした内臓系の病気にかかりやすい状態になってしまいます。

2)左の背中が痛む?左の背中が痛い場合の原因とは

左の背中が痛い2つの原因について病名も例に挙げながら触れていきます。

(1)動脈硬化が発展し、心筋梗塞の恐れにも繋がります。

(2)膵炎の恐れがあります。食事をすると強まり絶食をすると軽くなる傾向があります。

心臓を中心とした左側に位置する内臓系の病気が多く見られます。

3)息苦しくなるのははなぜか?息苦しい症状の2大原因

息苦しさの原因として肺や喉だけではなく、背中の凝りが根本になっている要因もあります。その点に触れていきましょう。

(1)背中の筋肉のこわばり

まず一つして、背中がひどく硬直していることが原因と考えられます。リラックスしている状態では感じることはありません

(2)肺の硬直

もう一つとして、気管の周辺の筋肉が以上に硬直していることが挙げられます。そのため肺が広がることが出来ずに苦しさを感じてしまいます。自分の普段の生活を思い返し、考えることが必要になります。

Doctor that prescribe medicine

4)同時に現れるのはなぜ?背中の痛みと息苦しい症状の2つの原因とは

(1)筋肉量の低下

まず挙げられることは、運動不足と筋肉量の低下があります。日常生活の中で身体を動かす機会が少ない点が挙げられます。

(2)筋肉疲労

もうひとつは筋肉疲労です。逆にしっかりと疲れなどを取っていないと内臓系にまで発展する恐れもあります。どちらにしても筋肉が関わっていくことが考えられ、後に記載する検査でじっくり見てもらうこと大切です。

5)症状が続く場合に・・考えられる2種類の病気とは

(1)尿管結石

(2)肺不全

背中の凝りは病気の予兆にもなり内臓系を中心に考えられる病気が出てきます。尿管結石や肝不全、の可能性が疑われます。痛覚の内内臓が以上を示すときに、背中の筋肉をこわばらせて以上を伝えるからだとされています。

6)応急処置を!症状への対処方法

自宅で行うにはスペース、時間などの問題はありますが短時間で行えるやり方もあります。2点記載いたします。

(1)土踏まずの筋肉を解す

背中には甲骨の内側にコリ解消のツボがありますが一人で行うには、足の裏部分の真ん中にあるツボは脊髄に効果があると言われています。土踏まずの真ん中の部分にあり、血流が良くなることと筋肉の解しに繋がります。

(2)背中のストレッチ

もう一つはストレッチです。肩甲骨の解しは背中にも良い効果をもたらします。それ以外にも手を組み平を上に向けて天井に伸ばす背伸びの運動も背中の凝りほぐしには良いとされています。

Women undergoing examination in gynecological

7)気になる場合は専門家へ!試したい検査方法とは

心不全の疑いがあるためそれを検査する必要があります。

(1)心電図

一つは心電図を取るやり方です。リズムや左室肥大あるいは狭心症・心筋梗塞などがかなり判ります。

(2)血液検査

もう一つは血液検査です。BNP などによってはうっ血性心不全の有無や程度が分かり、心筋梗塞の時には CK などで梗塞の有無や大きさが判ります。

加えて、肝臓や心臓などの状態を把握できるためかなり有益です。それ以外にも超音波やカテーテルが挙げられ、細かい部分まで検査を行うことが可能です。

8)どんな治療法があるか?専門家で行われる可能性のある治療方法

実際に痛みが感じた際には検査を経て、治療へ進むことが進められます。

(1)整形外科

一つは整形外科に行って、綿密に見てもらう方法です。整骨院でも可能なケアは出来ますが、それ以上の部分を見てもらう必要があります。

(2)泌尿器科・精神科・皮膚科

又は、総合病院に行き原因を究明することも大切です。泌尿器科、精神科、皮膚科など状況によって展開が様々あり得ます。思い当たる部分や正直な点を素直に伝えることが大切です。外的な痛みか内臓系の痛みなのかを知り、次のステップへ行くことが求められます。

9)日常から改善を!背中の痛みと息苦しい症状への予防ポイント

自宅で出来る事は違う点に関して、運動の面から記載いたします。

(1)水中ウォーキング

まずは水泳のような全身を動かす運動が効果的です。血行が良くなることと、特に背中の肩から背中にかけて筋肉を使うことが多いので背中の筋肉をほぐすことにつながります。

(2)ヨガ

もう一つは、ヨガです。特別な呼吸をするため、筋肉をほぐしやすく、それに背中部分を延ばすポーズが多いため、背中のこりが解消しやすくなるのです。どちらも効果的で、軽度な負荷であるため有酸素運動や生活習慣の防止にも繋がります。






今回のまとめ

1)大きな病状に進展することも考えられるが、検査は簡易であるためこまめな部分が大切である。

2)背中の痛みと息苦しさとのつながりには筋肉が関係している。

3)自宅で行えるストレッチなどは定期的に行うことが進められる。

4)治療に際しても自分の正直な痛みと変化を把握することが必要とされる。