妊婦のお腹を検査する医師

妊娠中はお腹への負担から腰痛が起こる場合が多くあります。原因としては単純に姿勢だけではない部分が想像できます。

今回は妊娠超初期の腰痛の原因や対処法、また妊娠超初期と生理前の腰痛の違いについても触れてご紹介をしていきます。



妊娠超初期の腰痛へ!自宅でできる2つの解消法


1)妊娠時期別の腰痛の変化

妊娠の腰痛の変化について4段階に分けて見てみましょう。

(1)妊娠超初期

超初期としてはリラキシンというホルモンが働き、靭帯を緩めることによって骨盤を開きやすくし、身体を妊娠・出産しやすいように変化させる働きがあります。

今まで感じなかった骨盤まわりの筋肉への痛みが、突然感じられるようであれば、この時期の腰痛である可能性があります。

(2)妊娠初期

初期としては、子宮が大きくなることと骨盤内の充血により腰痛が発生します。

ホルモンの影響によって背骨の間接や靱帯がゆるみ、骨盤が不安定になり姿勢の維持や矯正が難しくなることや、妊娠による体の重心の変化による原因の下で腰痛が起きます。

(3)妊娠中期

中期にはおなかの大きさが原因から起きる腰痛が挙げられます。胎動も感じられるようになり、それも原因になる可能性があります。

しかし、胎盤が完成し流産の確率も減るので腰痛も含め心身的には安定できる時期と言えます。

(4)妊娠後期

後期はおなかがかなり大きくなり重心を保つための身体の姿勢から起きる腰痛があります。

姿勢が前にかかりバランスを保とうとするために腰を反った状態が増えます。その姿勢が人体や関節に負担がかかるため腰痛が起こります。

2)妊娠超初期の腰痛の2つの症状

この時期の腰痛について2点触れて説明いたします。

(1)生理前の腰痛

一つは生理前の腰痛で、排卵直後から整理開始二日目くらいまで続くことが多く、背中から腰と太ももにかけて、重く鈍い痛みを感じることが特徴とされます。

(2)生理予定日の腰痛

もう一つは生理予定日の頃から発症するもので、骨盤付近や腰全体に痛みを感じることがありますが個人差がかなりあります。

3)妊娠超初期の腰痛と生理前の腰痛の2つの見分け方

生理前の腰痛には見分けが難しいポイントですが、他の症状と併せて考えることが必要でその点について2点説明致します。

(1)倦怠感・熱っぽさ

腰痛以外にも胸の張りや倦怠感、熱っぽさの症状が見られたら妊娠超初期症状の可能性があります。

(2)腰痛

妊娠超初期症状の腰痛は生理予定日頃から症状が出始めますが生理も遅れますので、腰痛と他の症状が同時にあれば妊娠の可能性は高いと言えます。

さらに高温期の持続や着床出血が起きた場合は一層高いと言えます。

Young couple visiting a gynecologist

4)妊娠超初期の腰痛の2つの原因

妊娠超初期の腰痛として妊娠により分泌されるホルモンの影響と子宮の収縮によるものが考えられます。それぞれ見ていきましょう。

(1)卵巣ホルモンの分泌

妊娠に伴い卵巣ホルモンの一つのリラキシンと呼ばれるものが分泌されます。この分泌によって腰回りの関節や靭帯が緩み腰を支える力が低下し腰痛が起きてしまいます。

(2)子宮の収縮

もう一つは子宮の収縮です。子宮は赤ちゃんのために猛スピードで大きくなり、それに伴い臓器や骨が圧迫されます。

それによって腰痛が起き、靭帯が引っ張られるような痛みもあります。

5)妊娠超初期の腰痛解消へ自宅でできるマッサージ

(1)無理な姿勢を取らない

この時期は身体がデリケートですので無理な姿勢が取らないことが大切です。整骨院などでも断られることがありますので、自宅で出来る手法が大切になります。

(2)椅子に座った姿勢

妊娠中はうつぶせの姿勢がとれないなので、椅子に跨った姿勢で行うことが必要です。身体が温まった後に、クリームなどで腹部を軽くゆっくりマッサージすることが進められています。

腰を強く押してしまうとその反対側にあるお腹にも刺激が伝わってしまうのでゆっくり行うことが必要です。

Doctor massaging his patient hip

6)妊娠超初期の腰痛改善へ自宅でできる2つのストレッチ

母体が安定していないことから流産やつわりなどのリスクがあるので無理な運動は控えることが大切ですが、ストレスやリフレッシュなどはストレッチによって解消は出来ます。

首と股関節を解す重要な 2点を説明します。

(1)首のストレッチ

首のストレッチは、あぐらを組み右手を右肩に、左手を左肩に置き肩の後ろの筋肉をゆっくり引き下げます。

そして首をゆっくり左右に倒すやり方です。

(2)股関節のストレッチ

股関節のストレッチは足を大きく広げて床に座り足首を触るように左右に体をゆっくり倒します。くれぐれも無理な負荷をかけないことが大切です。

7)妊娠超初期の腰痛改善へ自宅でできる2つのツボ押し

妊娠超初期に効果的なツボは生理期にも同様の効果があります。

(1)三陰交

一つ目は三陰交と呼ばれるツボです。踝の内側の一番高い所から上へ指 4 本分の所にあります。

ホルモンバランスを整えてくれるので、婦人科系の様々な症状に効果があると言われています。

(2)血海

二つ目は血海と呼ばれるツボです。内ひざから上へ指 3 本分の所にあります。血行を良くしてくれるので、生理不順、生理痛に効果があると言われています。

いずれにしても指圧にはゆっくりと行うことが大切で、決して無理な姿勢で行ってはいけません。

8)妊娠超初期の腰痛がひどく痛む場合の検査方法

直接的な検査としては産婦人科に行き、カウンセリングや電波での検査を行い、胎内の様子を知ることが大切です。注意点ではこの時期での服薬(湿布なども)には注意が必要で大きく影響しかねません。

血液中の薬の濃度が高まるとされるので慎重な使用が必要です。その意味でも診察を受けるということが検査として見出されています。

wichtige notizen von oberärztin

9)妊娠超初期の腰痛がひどく痛む場合の2つの治療方法

あまりにも痛みが治まらない場合は医師の診断の下での治療になりますが、ほとんどの場合は個人で行える解消法が多くあります。それでも改善されない場合に必要な策として2点挙げられます。

(1)痛み止め投薬

一つは痛め止めによる投薬です。基本的に投薬は体内に影響が出ますが検査の下で安全が保障され医師の判断が出た場合は使用しても大丈夫です。

(2)鍼・灸

二つ目は温める効果として鍼や灸が挙げられます。しかし超初期というデリケートな時期なので整形外科医などの判断が必要となります。

10)妊娠超初期の腰痛予防の2つのポイント

マッサージやストレッチ以外でも予防できることはとにかく温めることです。自宅で可能なやり方も様々ありますが2点説明いたします。

(1)湯船に浸かる

筋肉の凝りを解す意味で湯船につかることです。半身浴でも可能ですので、シャワーだけで済ますことは避けるのを推奨されています。

(2)蒸しタオルの活用

火傷しない程度の温度の蒸しタオルを患部に当てて暖めましょう、少しずつ痛みが和らぐはずです。血液の循環も良くなります。



今回のまとめ

1)超初期の段階では自宅で行える治療は多数あり、実践が可能であります。

2)検査や治療の前に温めることやストレッチなどをじっくりして、安定させることが必要

3)当人だけの問題で抱え込まないようにして、しっかりと精神ケアも必要とされます。

4)喫煙や飲酒などの生活習慣も腰痛に関わってくる問題になる部分もあります。

超初期時の腰痛と共に生理痛の痛みも同時に発展される場合もあるので、しっかり痛みの把握と共に悪化をさせない予防と周囲の理解を得る必要があります。