Patients undergoing described in tablet devices

胃と背中が痛い際にはどのような病気が考えられるでしょうか。胃は消化器系を司る器官で、重要な部分になります。背中も神経が張り巡らされており、腰痛を始めとした病気が起こる可能性もあります。今回は胃と背中が痛い原因や考えられる病気、対処法を紹介します。






胃と背中が痛いのはなぜ?考えられる2大原因と対処法とは


1)種類の違いとは?背中の痛みの3つの種類

背中の痛みにはさまざまな種類があり軽度なことから骨に関わる重度な事まであります。3点ほど見ていきましょう。

(1)筋肉の問題

一つ目は筋肉疲労と筋肉痛による痛みです。痛み自体は軽度から重度まで様々ですが、筋肉を披露させて痛みを引き起こす原因を取り除くことや背中に負荷をかけない療法が必要です。

(2)骨の問題

二つ目は背骨のゆがみや骨折によるものです。背骨などにひびが入ったり骨折することで患部や背中に痛みを感じます。姿勢の悪さや病気も原因で、部分的なずれや変形により痛みが起きます。

(3)内蔵の問題

三つ目は内臓疾患による背中の痛みです。背中の筋肉や骨に直接的なダメージが無くても内臓器官の疲れや病気によって痛みを感じます。病気の種類も広く命に関わる可能性もあります。

2)部位によっても原因が違う!背中の部位別の痛みの特徴

背中の左側、右側、真ん中に分けて痛みの特徴を見てみましょう。

(1)背中の左側

左側が痛む際は心臓や膵臓などに注意が必要で心筋梗塞や膵炎の際には左側の背中からみぞおちにかけて痛みが続き吐き気や下痢の症状が出る。

(2)背中の右側

右側が痛む際は肝臓や堪能などに注意が必要で肝炎や胆嚢炎の際には右側の背中からみぞおちや腹部にかけて痛みが続き吐き気や腹痛、発熱の症状が出る。

(3)背中の真ん中

真ん中が痛む場合は首や肩に関しての違和感やだるさ、痺れを感じる症状が出る。筋肉痛や疲労から起こることが多く、ずっしりと鈍く重い感覚になる。

3)なぜ同時に痛むのか?胃と背中が痛い場合に考えられる2つの原因

胃と背中が同時に痛む際の原因について考えてみましょう。ストレスが大きくかかわっています。

(1)過度な緊張感

一つ目は緊張やプレッシャーが考えられます。心臓と胃が大きく影響され肩甲骨の間の筋肉の緊張が表れます。ここが痛む場合は精神的な部分や緊張が原因であることが多いです。

(2)内臓負担の多い飲食物

二つ目は刺激物の飲食によるストレスです。アルコールやタバコ、油などが挙げられます。刺激の緩和のために肝臓が働き、結果疲労が起き硬くなります。それが胃などの臓器にも表れお腹周りの筋肉も固まり、痛みが起きてしまいます。

group of happy doctors meeting at hospital office

4)症状チェックを!考えられる4つの症状

胃と背中痛い場合は以下の症状が考えられます。

(1)腹部の痛みが起こります

(2)胸やけや、胃のむかつきが起こります

(3)吐き気、嘔吐の可能性もあります

(4)身体がだるくなり、食欲不振や頭痛の懸念もあります

5)症状が続く場合には・・可能性のある2種類の病気とは

(1)胃炎

一つ目として胃炎が挙げられます。食べ物から起こる原因や、心理的要因も関わっている。合併症の危険も考える必要があります。辛いものを食べすぎたり、緊張がピークに達してしまったりすると起こります。

(2)胃がん

さらなる可能性として胃がんがあります。みぞおちの鈍い痛みが空腹時と食後に起こりやすいです。食生活と喫煙がかなりの可能性として示唆されます。発症から数年経つと急激な成長と症状も悪化の懸念があります。

6)続いてしまう症状へ!自宅で出来る2つの対処法

 胃と背中が痛い場合はまず自宅で出来る対処法を行いましょう。

(1)消化の良い食事を心がける

脂肪分や辛いものを避けて消化の良いものを摂取するようにしてみましょう。胃を刺激させないことが挙げられます。

(2)毎日の軽い運動習慣

ストレス発散のために適度に身体を動かすことも対処法のひとつです。胃痛と背中の痛みが一時的にひどくなりますが、その後は緩和されます。

Young women do yoga indoors

7)気になる場合は専門家へ!専門医で試したい検査方法とは

 胃炎、胃がんの検査を行う必要があります。

(1)バリウム検査

食事療法や薬物療法が中心となります。消化の良い食べ物が勧められ、お酒と刺激物は避けることが進められます。

(2)内視鏡検査

電子スコープの内視鏡検査もバリウムと並行して行われることがあります。

8)検査後には・・病院で行われる可能性のある治療方法

胃と背中が痛く、検査で治療が必要になった場合様々挙げられます。

(1)点滴治療

吐血など症状が重い際には絶食して入院と点滴を受ける必要が出てきます。消化器系に長けた総合病院が勧められます。

(2)切除手術

胃がんの場合は早期か進行形かによって治療法は異なりますが、切除手術があります。現在では化学療法や放射線療法も組み合わせて行われています。いずれにしても検査段階で傷は浅いうちに防止をしておく必要があります。

9)日常生活から改善を!胃と背中が痛い症状への予防ポイント

胃と背中が痛い場合に大きな症状に進行しないための予防ポイントを言及します。

(1)日常のストレス軽減

胃はストレスから大きく影響を受けるのでしっかりと発散、コーピングを行うことが大切です。

(2)胃へ負担の少ない食生活

摂取品よりも刺激物の減少が一番になります。出来る範囲で少しずつ抑えていく必要があります。

(3)適切な睡眠と運動習慣

三つ目は基本的な生活習慣の見直しです。胃だけではなく他の臓器も悪化させないためには大切です。睡眠と適度な運動は継続させることが必要です。






今回のまとめ

1)胃と背中が痛い場合は胃炎、胃がんなど重大な症状も懸念される

2)防げることに一つに挙げられる食生活は抑える必要がある部分になる

3)自宅で行える予防法は、他の症状にかかるリスクも軽減できる。

4)検査段階で、傷が浅ければ治療にならずに済むケースも充分に考えられる。