女性の患者に説明をする男性の医者

腰の痛みはは、ただ神経や骨格、筋肉などの異変で起こると思われがちですが、それ以外の内臓の悲鳴が引き起こしている事もある怖い症状でもあります。

今回は腰の痛みの考えられる様々な原因と、病気の可能性、対処方法などをお伝えします。



腰の痛みの5大原因!考えられる病気の可能性とは


1)場所による腰の痛みの違いとは

腰痛の場所により、その原因や疾患を予測する事が出来ます。

特に、急性腰痛症やヘルニア以外の直像系疾患においては、その臓器付近の腰部に症状が出現したり、腰痛と共に他の症状を引き起こしている事があり判別可能な事があります。

まず、腰椎椎間板ヘルニアや、腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などの腰本来の疾患では、神経圧迫や骨の変形により、腰痛以外にも下肢に向かう痺れや、歩行障害、歩行困難などを来たすことがあり、また、医療機関に受診すると、画像診断等により異変を読み取ることが出来ます。

一般的に人々は腰が悪いと感じると整形外科への受診を試みるでしょうから、整形外科で原因不明と言われた時に、「異常が無かった」「なんともないらしい」と判断するのではなく、「それならどうして、こんなに腰が悪いのか」と考える必要があります。

なぜなら、腰痛の原因の中に内臓疾患が潜んでいる事があり、また、それは整形外科での診断では発見されないからです。

特に、腰本来の疾患であれば、痛みやしびれは休息することにより緩和する事が多々あります。

しかし内臓系疾患による腰痛は、休息しても良くならないと言う特徴があります。

また、受診せず様子を見ていると、症状が悪化し進行による全身症状を出現する事があり、時に、発熱、冷や汗、排尿痛や排尿困難、常に痛みが続く等といった苦痛に見舞われます。

(1)腰の右側の痛み

まず、右の腰のみが悪くなる原因として、腰の筋肉や神経の圧迫などによる損傷や骨格のゆがみがあります。

筋肉の炎症

激しい運動や労働、日頃の活動や、重たいものを持った、身体を捻ったなどが原因で筋肉が炎症を引き起こし、腰痛となることがあります。急性腰痛症、慢性腰痛症、ぎっくり腰などと言われることがあります。

神経の圧迫

腰椎椎間板ヘルニアや骨粗しょう症、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などは、加齢や重労働や活動による運動器系の摩耗により起こり、腰痛の原因となります。

歩行障害を来たし、時に日常生活を困難にさせることがあります。

腰痛の他にも、下肢のしびれや感覚障害が起こる事もあり、専門医の正しい診断と治療を要します。

骨格のゆがみ

自分が日頃生活している時の活動や休息中の体制に癖を生じることがあります。右側に重心がかかりやすい人は、右側に体重がかかり、右側の筋肉や腱、骨や神経に負担がかかりやすくなります。

そのような癖(足を組む、横向きで寝る、頬杖をつく、右側の四肢ばかりを使う等)が継続して続いていると、骨格そのものがゆがみ、腰痛の原因となることがあります。

右利きの人に多い症状で、休息により消失する事が多い症状です。

内臓系疾患

内臓系疾患かとの鑑別には、その腰痛の状態が軽減する事が無いと言う特徴から判断する事が出来ることもあります。

常に痛みを感じ、休んでも良くならない、また経時的に悪化している場合は、内臓系の疾患が腰痛を感じさせていると判断しても良いかもしれません。

虫垂炎、遊走腎の可能性があり、遊走腎は、休むと痛みが緩和する事もある為、単なる腰痛と判断し、受診や発見が遅れることがあります。

排尿時の血尿があれば、その休んで治まる腰痛は単なる腰痛ではなく、遊走腎かもしれません。

(2)腰の左側の痛み

左側の腰痛に関しても、筋肉疲労や左側の筋肉の炎症、左の神経圧迫、左側への骨格のゆがみ。骨粗しょう症などで起こることがあります。

しかし、左側の内臓が原因で起こる腰痛もある為、注意が必要です。

内臓系疾患

腎臓系の疾患が多く、腰痛と伴に、発熱、疲労感、吐き気や血尿、残尿感や排尿時痛、浮腫などの症状があれば、腎臓系疾患を疑いましょう。

また、尿管結石でも腰痛を引き起こすことがあります。腰痛の程度も強く、激しい痛みに、発熱や血尿があれば尿管結石が疑えます。

そして、恐ろしい病気ですが、転移性骨腫瘍と言う疾患があります。身体のどこかに腫瘍(がん)があり、それが骨転移することでこの症状が起こることがあります。

転移性骨腫瘍は、骨がもろくなり、骨折し易くなったりする事もあります。がんの診断を受け療養中で、腰痛の増強を感じた場合は、骨転移が考えられます。

また、がんと言われていなくても、気付かないうちにがんを発症し進行している事もあります。そんな場合は、進行が早くて発見時には骨にまでも転移していると言う事もある事を考えておく必要があります。

そして、膵臓に疾患がある場合にも左腰に痛みを生じます。

それは、膵臓の位置が左腰背部にある為です。突き刺さるような激しい痛みが特徴で、時に前かがみ姿勢で緩和する事があり、「気のせい」と放置されることがあります。

しかし、膵炎になると、症状はどんどん悪化し、激しい痛みと、発熱、発汗、疲労感などを感じるようになります。

必ず、専門医による治療が必要です。

(3)腰の真ん中の痛み

腰の真ん中に感じる痛みは、運動や日頃の活動による突然の動きによる筋肉の炎症や神経の圧迫、骨格のゆがみによるものと考えられる事があります。

これは、左右の偏った腰痛とも関連する痛みでもあります。

また、骨の感染症や炎症で起こる骨髄炎や、脊椎の関節の感染や炎症で起こる脊椎炎、骨粗鬆症、腰や脊柱の変形による変形性関節炎や脊髄変性症が原因となることもあります。

しかし、腰の真ん中を襲う腰痛にも内臓の疾患が関与する事があります。

心臓の大動脈瘤が大きくなり、破裂しそう、破裂寸前、破裂時に腰痛として放散痛を感じることがあります。

また、狭心症や心筋梗塞などの心臓発作、胃や十二指腸潰瘍による消化不良が腰痛の引き金となることがあります。

また、腎臓結石による疝痛が腰痛として感じられる事もあり、この他、癌の骨転移が腰痛として感じられる事もあります。

腰の真ん中に痛みを感じることの多くは、30代歳から50歳代以上の人々が加齢による運動器系の損傷や摩耗を原因とすることが多くあります。

ですが、そう甘く考えていると、このような怖い内臓系疾患が潜んでいる事もある為、簡単には片付けられません。

(4)心因性腰痛

腰痛の原因として、精神的な事が関与する事があります。人はストレスを感じると、神経が高ぶり、筋の緊張を感じます。

それでも、人々は活動し身体をフルに動かす為に、心のストレスとともに、身体を駆使することになります。

それが、肉体へのストレスになり腰痛の引き金になります。ストレスで収縮した血管は、血液の流れを停滞させ、老廃物や疲労物質の排泄を妨げます。

そうすると、血行不良と老廃物蓄積により、筋肉のコリや炎症、無理な活動による苦痛を生じ、腰痛となります。

整形外科、内科でも異常なしの場合は、精神的なストレスが腰痛の原因となることがあります。

(5)女性生殖器系の疾患

子宮や卵巣が腰痛の原因となることがあります。

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がん、月経困難症、月経不順、更年期障害などが潜むことがあり、女性は特に注意が必要です。

左右どちらかに偏った腰痛を感じる場合は、左右どちらかの卵巣に異常があったり、子宮の異変でも、位置により左右どちらか、腰の真ん中付近などと痛みを感じる場所に変化が見られます。

しかし、どの場合も痛みは休息や休憩により緩和されないことが特徴で、腰痛以外にも月経異常や下り物の異変、ホルモンバランス異常による更年期症状などが合わさって起こることがある為、他覚症状にも目を向けることが必要です。

Doctor showing xray to his patient

2)腰の痛みの3つの種類と見分け方のポイント

腰痛には、整形外科系と、内臓系と精神系な異変があります。それぞれに見分けるポイントがある為、確認してみましょう。

(1)整形外科系の疾患では

腰痛を感じると、まず整形外科の受診を考えるでしょう。

整形外科での疾患は、腰痛症、ヘルニア、脊柱管狭窄症などの筋肉、神経、骨格の異常による痛みに対応します。

レントゲン検査、CT検査、MRI検査を行う事があり、画像や問診、打診、触診などにより疾患を鑑別します。

筋肉や神経系の障害による腰痛は、休むことで症状が緩和する特徴があり、腰痛以外にも下肢のしびれや感覚の鈍さ、歩行困難さを感じることがありますが、休息すると痛みの緩和が感じられる場合は、整形外科の受診で良いと判断できます。

そして、異常が認められれば、コルセットを作成したり、痛みに対して対症療法をしたり、リハビリテーションにより物理療法などを行います。

(2)内臓系疾患では

内臓系の疾患では、腰痛以外にも多くの症状を感じることがあります。

心臓系では、浮腫、不整脈、動悸、倦怠感、胸部痛、左肩への放散痛などを感じることがあります。

腎臓系では、浮腫、倦怠感、頻尿、排尿時痛、排尿困難感、血尿、発熱、冷汗などを感じることがあります。

膵臓系では、冷汗、背部にも及ぶ激痛、発熱などがあります。

女性生殖器系では、月経異常、月経困難感、生理周期の異変、ホルモン異常、ホットフラッシュ、精神的不安定感等があります。

このように、内臓系の疾患では、骨、筋、神経系以外の症状を多く感じることがある為、腰痛以外の異変にも気づくことでしょう。

(3)精神的な異変

ストレスを強く感じることが続くと、身体と心の悲鳴が腰痛として感じられる事があります。

整形外科を受診しても、内科を受診してもどこの異常が無いと診断された場合は、精神的ストレスが腰痛の原因となる事を考えてみることをお勧めします。

不眠や焦燥感にかられる、落ち着かない、注意力が散漫等の状態を感じたり、作業効率が落ちたと感じた場合は、心の問題かもしれません。

心療内科や精神科の受診で、心のケアを行ったり、ストレスケアとして、自分を休ませてあげることも必要です。

3)腰の痛みへの対処法!2つのストレッチ

(1)腰の筋肉を和らげる方法

痛い腰を急に動かすことはできませんので、事前準備として、筋肉を和らげ痛みを軽減するためのストレッチ法をお伝えします。

椅子に浅く腰を掛け、姿勢を正しく座ります。

片方の足は、膝を曲げて地に足をしっかりとつけておきます。

そして、反対の脚をしっかりと伸ばし、つま先を天井に向けて、下肢全体を伸ばします。

猫背にならないように注意しながら状態を、前方に倒していくと、大腿の裏面の筋肉が突っ張る感じが分かります。

その突っ張りを感じる部分を、自分の掌で、お尻側から膝に向かって優しく撫でていくと、少しずつ筋肉のツッパリ感が和らいでくることを感じられます。

その緩和している感じを感じながら、10回程度優しく撫でてください。

そして、反対側も同様に、ストレッチして、大体の後面を優しく10回程度撫でてください。

(2)腰と背中の筋肉を緩和する方法

脊柱周辺の筋肉は、細かくたくさんの筋肉の繊維で成り立っています。

これらの動きを良くすることが大切です。

此処で大切なことは、リラックスと気持ち良いと感じることです。

四つん這いになり、お腹だけをぐっと天井方向へ引き上げ、背中を丸めます。

そして、次は逆にお腹を地面方向へ落とし、背中にボールが乗っているような様子で背筋を落とします。

この状態で1分間キープしてください。

イメージとして、肩と腰は上がっているのに、お腹の部分は地面に近い状態です。「U」の字をイメージしてください。

1分経過すると、元の四つん這いの姿勢に戻ってください。これは、循環を良くした入浴後に行うと効果的です。

Chiropractor and patient looking at a model of a spine

4)腰の痛みへの予防法!3つのツボ押し

人の身体には、多くのツボがあります。これを効果的に活用し、腰痛緩和や腰痛解消につなげることが出来ます。

マッサージとして行う事も出来、二人で行う方法、自分自身で行う方法があります。どの方法でも、まずが場所が分からなければ行う事ができません。

(1)合陽(ごうよう)

(2)承筋(しょうきん)

(3)承山

これらは、ふくらはぎの中心を二等分した上下と、二等分した中心に並んであるツボです。

自分で行う時は、膝を立てて座り、両手でふくらはぎを覆い、左右の親指をツボに充て、上のツボから下へ向かって、3分程度ずつ指圧していきます。

場所が分からない時は、その三か所付近を指圧してみて痛みを感じる場所が、正しいつぼの位置です。

入浴中に温まりながら5分程度行っても良いですし、入浴後等に行っても、温熱効果で筋肉が柔らかくなっている為効果的です。

5)腰の痛みがひどくが気になる場合の5つの検査方法

まず、腰痛を感じると受診するのが整形外科でしょう。

ですが、腰痛以外にも、胸痛、血尿、発熱、倦怠感、冷や汗等の全身症状を伴う場合は、内科や総合診療科の受診をお勧めします。

(1)問診

まずは、いつから、どこがどのようにして痛むのか、症状の程度やどうしたら痛みが増強するか等を聞きとられます。

これが、いつ、何をしてと特定できない場合もありますが、症状を聞きわけて、考えられる検査を行います。

(2)視診・打診・触診

問診を受け、どのような症状があるのかを確認されます。

見た目の異常、打診による神経の反応の確認、反射に関わる検査、触ったときの感覚や、触られた患者さんの反応を確認し、整形外科での疾患や症状が疑われえるかなどを観察されます。

(3)神経の異常を観察

身体を動かしてみて、神経の痛みの増強や状態を確認したり、医師の言う姿勢をとれるかどうか、とれないのであれば、どうしてとれないかを観察や聴取されます。

(4)画像診断

レントゲン検査、CT検査、MRI検査等を行い、実際に身体の中に起こる異常を検査します。

(5)生理学検査

整形外科的に異常が無く、内科的疾患を疑われる場合、血液検査、尿検査、病理診断などが行われます。

内科系疾患であれば、血液のデータ異常や血尿による尿検査異常、癌や組織の異常があれば生検や病理検査で確定診断が可能です。

また、胃や十二指腸に関わると考えられる場合は、胃カメラの検査をしたり、腎臓や泌尿器、胆のう、子宮や卵巣の疾患を疑うケースは、超音波検査を行う事もあります。

そして、これらのどれにも該当しない場合の腰痛は、ストレスや心因性の腰痛と判断されることもあります。

kompetente ärztin arbeitet patientenakte auf

6)検査後の3つの治療方法

腰痛の治療には、まずは安静と言われることが多いでしょう。疾患や病名により療養法が異なる腰痛ですが、では、実際の腰痛の治療法はどのような事があるのでしょうか。

(1)整形外科的な異常

腰痛を感じる際は、保存療法と手術療法、理学療法と言う選択肢があります。

保存療法

安静にして、骨や筋肉、神経への負担を軽減し、痛みを軽減、消失させる治療法があります。腰椎椎間板ヘルニア、腰痛症、変形関節症などに言い渡されることがあります。

痛みがある時に、無理に動こうとすると症状はより悪化し、ひどい場合は、寝ても良くならなくなったり、ヘルニアや変形性関節症では手術適応まで進行する事があります。

楽な姿勢で休むことが治療となります。

装具療法

コルセットや装具を作成し、装着することで筋肉や骨、神経への負担を軽減する方法があります。装具が活動に必要な筋肉などの運動をサポートし、身体への負担を和らげます。

腰痛予防にも使われます。

薬物療法

消炎鎮痛剤、ビタミン剤の服用、湿布薬の使用、ブロック注射、筋弛緩剤投与などが一般的です。消炎鎮痛剤による消炎鎮痛作用、ビタミン剤による神経の回復や疲労緩和、血液の循環を改善させる方法があります。

また、湿布薬の使用も、炎症を和らげるために使用されます。

痛みが強くて、苦痛が強い場合はブロック注射や筋弛緩剤の投与、スレロイド剤の使用により、より効果的な除痛、症状改善を図ります。

理学療法

ホットパックによる温熱治療、低周波機器を使用した神経機能回復治療、運動や姿勢矯正などに指導や筋力っ強化によるリハビリテーションも行われます。

(2)内科的な異常

循環器系、腎臓系、代謝分泌系、生殖器系など、内臓器に疾患がある場合は、薬物療法、手術療法などそれぞれに応じた治療が施されます。

腰痛を緩和させるのではなく、内臓の疾患を治療することにより腰痛の改善されることが考えられます。

(3)心因性腰痛の場合

精神的なストレスやダメージにより腰痛を発症しているケースでは、ストレス発散やカウンセリング、薬物療法による腰痛緩和を図られます。

時に、そのストレスの原因を断つことを必要とし、仕事であれば休職や休業を勧められる事もあります。鬱状態や精神活動の低下、過剰が原因であれば、抗鬱薬や抗不安薬などの処方がなされることもあります。

7)腰の痛みへ未然にできる3つの予防ポイント

腰痛予防には、日ごろの自分の心掛けが重要となります。自分の心掛け次第で良くもなり、悪くもなるのが腰痛です。

(1)生活改善

まず、無理をしない、同じ体制をとり続けない、ストレッチや軽い運動を行い、筋力を付けておくことが大切です。

また、太りすぎは筋肉や神経、骨格にかかる負担を高める為、体重コントロールも必要です。ですが、痩せすぎも骨や臓器を支える力や筋力の不足に繋がり良くありません。

適正体重の維持につとめ、バランス良い食事と栄養、活動バランスを身につけることが必要です。

(2)接骨院やカイロプラティックの利用

日頃から、身体のゆがみや身体の疲労に耳を傾け、メンテナンスすることで腰痛を軽減、緩和する事が出来ます。

自分でツボを押したり、ストレッチする事も大切ですが、骨や骨格のゆがみは自分では対処できないものです。

専門家の施術により、身体のバランスを調整する事も大切です。

(3)ストレス対策

神経が過剰に反応するストレスフルな状態は、腰痛を悪化させます。そして、それを放置すると心因性腰痛に繋がります。

リラックスして、緊張した心と身体を解放することが大切です。

腹式呼吸をしたり、ゆとりを持った行動や活動をしたり、趣味や特技に没頭する時間を設けたり、好きな事をしてストレスを感じない時間を作りましょう。

腹式呼吸は10分程度で可能ですし、入浴でゆっくりとお湯につかる時間を5分から10分設けるだけで張り詰めた緊張感を解放できます。



今回のまとめ

1)場所による腰の痛みの違いとは

2)腰の痛みの3つの種類と見分け方のポイント

3)腰の痛みへの対処法!2つのストレッチとは

4)腰の痛みへの予防法!3つのツボ押しとは

5) 腰の痛みがひどくが気になる場合の5つの検査方法とは

6) 検査後の3つの治療方法とは

7)腰の痛みへ未然にできる3つの予防ポイント