パソコンを見て話し合うドクター

背中の痛みは左側・真ん中・右側など、場所によっても考えられる原因は様々で早期発見が重要となります。

今回は、背中の痛みの中でも右側に集中している痛みがある場合に疑われる病気や検査方法・治療方法についてご紹介させていただきます。



背中の痛みが右側に現れる2大原因!病気のリスクとは


1) 背中の痛みが右側に現れる代表的な3つの症状

(1) 激しい鈍痛

右側の背中に痛みが生じている際に、鈍痛が走って時にはうずくまるほどの痛みと吐き気が同時に催すこともあります。

様々な病気の原因にもなりますので、整形外科など信頼できる医師の元治療していきましょう。

(2) 下腹部からのズキズキした痛み

この症状の場合、胃腸などの消化器官からくる病気の疑いもありますので消化器科を受診すると良いでしょう。

この場合、下腹部から右脇腹を通って背中の右側への痛みが集中していきますので肝臓の病気の可能性もありますので、日頃より酒類を飲む方は飲み方に気を付けつつ三食の摂り方に注意をすることをお勧めします。

(3) 筋肉痛

身体を動かしていると、普段の生活とは比べ物にならないほどの運動量を行った日前後に背中の右側に倦怠感と痛みが生じることがありますが、病的なものでないと判断して寧ろ身体を動かして、筋肉を鍛えていきましょう。

筋肉痛の場合、筋肉に熱を持っているため簡単に腰や背中を冷やすと翌日以降に持ち越さないで済むのでお勧めです。

2) 背中の痛みが右側に現れる2つの原因

(1) 日常的な活動による原因

日常生活の仕方により、背中の右側への痛みが起きることがあります。例えば以下のようなものがあります。

・姿勢の歪み

背中の右側への痛みは、姿勢が右側に傾いている際などに起こることがあります。

また、猫背になっている人は背骨が擦り合わされ疲労が溜まっていくことで痛みを生じていく可能性もあります。

・デスクワークにて同じ姿勢を続ける

近年増えているデスクワークでは、何時間も同じ姿勢を続けていることにより背骨が凝ることで背中が痛くなることがあります。

この際には、1時間に1度程度ストレッチを行いコリをほぐすことで背中の右側への痛みを改善することが可能となっていきます。

(2)筋肉や筋の損傷による原因

背中には人間の姿勢維持や歩行機能などに必要な筋肉や骨が詰め込まれています。例えば、重い物を持ち運ぶ際に力の入れ方の違いで背中の筋肉や神経を痛めてしまうことがあります。

また、左右どちらかに重心がかかることで背中の骨に歪みが生じることがありますので、重いものを持ち運ぶ際には姿勢良く腕や膝などの関節で持ち運ぶようにしましょう。

patientin wird von einem therapeuten behandelt

3)背中の痛みが右側に現れる際の対処法

(1)ストレッチ

・背中と肩を伸ばすストレッチ

1. 片側の肘を曲げて、頭の後ろに回す。

2. 回した腕をもう片方の腕で掴んで伸ばす。

3. 10秒間姿勢を固定して、深呼吸をする。

4. 反対側の腕でも同じことを行う。

これは、体育の整理体操などでも行うことがある工程となります。

腕と背中を伸ばして、コリをほぐすことが見込まれるため、長いデスクワークの合間に少し行うことをお勧めします。

・背中の横から脇腹にかけてを伸ばすストレッチ

1. 両手を組んで、真っ直ぐ上に伸ばす。

2. 上半身を右側に傾けて10秒間深呼吸をしながらキープする。

3. 息を吸いながら1の姿勢に戻る。

4. 反対向きにも傾ける運動を行う。

これは、ラジオ体操でも行うストレッチの形となっています。

無理のないところまで身体を伸ばし曲げることで、運動不足などによる背中の右側の痛みの改善につながることが見込まれます。

(2)マッサージ

背中の右側が痛いという症状は、整体の先生などによるマッサージを施術してもらうことで改善する場合があります。

整形外科などの先生に頼る場合は、病的要因まで調べてくれるためどこが痛いかなどを詳しく話すことで解決に導いてくれることでしょう。

お近くの整形外科もしくは整体院を、じっくり調べて信用できるところであれば定期的に行くことをお勧めします。

4)右側の背中の痛みが続く場合に考えられる3種類の病気

背中の痛みが右側に現れる原因の一つとして、病的要因が挙げられます。

人間の背中側には多数の臓器が集まっていますので、内臓に病気があるの腰や背中の痛みにつながります。

背中の右側に痛みを出す病気としては、以下のような種類についてご紹介させていただきます。

(1) 腎臓結石

この病気は、過度に摂りすぎた栄養素がカルシウムとともに腎臓が尿として排出できる量を超えてしまった時に固形の石状になることで、腎臓の排出口をふさぐことで痛みを生じさせるものとなっています。

人間が吸収できる栄養素やカルシウムには限界があるため、栄養素の摂り過ぎはかえってよくないため、腹八分目の食事で栄養バランスを整えることをお勧めします。

また、腎臓は背中側の背骨から左右に存在しているため背中のどちら側が痛いというときは腎臓結石を疑って泌尿器科への受診をしましょう。

(2)胆嚢炎

この病気は、胆嚢に胆石が出来てそれが胆嚢の胆嚢管を塞ぐことにより右腹部から背中の右側への痛みにつながります。

胆石が原因ですと、日常生活をしている中で背中の右側の中心辺りが痛んでくるため要注意です。

また、6時以上の発熱と腹痛や下痢・嘔吐などの症状が出るため救急車にて搬送し急いで治療を受けなくてはならないため、定期的に検査を受けておくことをお勧めします。

(3)肝臓がん

この病気は、腹部の右上あたりにある肝臓が細胞に入り込んだウイルスががん細胞に変化させることで肝臓がんとなって細胞を冒していくものです。

また、肝臓には食事などから得た栄養素を蓄えているため人体の中で最も静かに働く臓器と言われているため肝臓に病気が見つかっても気づきづらいというのが特徴で、背中の右側への痛みが出た時点で早急な治療が必要となっています。

問診を行うドクター

5)右側の背中の痛みが続く場合に行う検査方法

(1) 血液検査

血液内の成分のうち、白血球の値が高ければ腎臓などに異常があるため気をつけましょう。

血液検査では、その他疾患についても分かることが多い上に健康診断の中でも行われる検査ですので、比較的手軽なため進んで受けることをお勧めします。

(2) 尿検査

尿に出る成分には、腎臓からの栄養素が多数含まれているため異常な尿成分が検出された際に処置が行われます。

また、血尿や結石の欠片が検出されることもあるのでこれにより右側の背中の痛みの原因を発見することができるでしょう。

6)右側の背中の痛みが続く場合に行う治療法

(1) 手術療法

手術を行わなければならない時は、肝臓がんの時などがあります。肝臓は薬物治療が難しいため、背中の右側が痛いという症状の改善は難しくなります。

侵されている部分が大きければ、肝臓の全摘出をしなければならないでしょうが、まだ進行初期であれば一部摘出で済みますので、事前の検査を定期的に行いましょう。

(2) 薬物療法

筋肉や神経が損傷している際には、貼り薬で対応します。

貼り薬にも強弱や肌との相性もありますので、体質にあった貼り薬を皮膚科の医師とも相談しながら決めることをお勧めします。

数日すると筋肉の疲労や神経の損傷は改善するのが、貼り薬の効果ですが内臓の病であれば効果はないためご注意ください。

7)右側の背中の痛みへの予防ポイント

(1) 食習慣

ここでは、右側の背中の痛みへの食習慣のポイントをご紹介させていただきます。食習慣では、食べ過ぎと飲み過ぎは禁物です。

脂物を控えつつ、魚や野菜を満遍なく食べることが良いとされており、穀物も腹に溜まる米を主食とし一汁三菜の日本人らしい和食を腹八分目程度に抑えて食べることをお勧めします。

肥満体型になってしまうと、背中の右側の痛みを伴う成人病や生活習慣病のほか体重による背骨の負担がとてもかかる為、自身の身長にあった体重を維持して生活していきましょう。

(2)運動習慣

運動習慣は、背中の痛みを解消する為に必要不可欠なものとなっています。日頃から軽い運動を続けることで、右側の背中の筋肉などを鍛えることが可能となります。

筋肉は使わなければ老化していくばかりですので、日頃から適度な運動を行い健康的な背中の筋肉と神経を維持して右側の背中の痛みを解消していきましょう。

具体的には、自転車や徒歩で通勤・通学を行うことや一駅分歩くことが日常から行いやすいのでお勧めとなっています。

また、近所を一周することやマンションであれば階段を積極的に使用することもお勧めですので是非とも行ってみてください。

(3)睡眠習慣

睡眠習慣では、冷えからくる背中の痛みを解消することができます。

他の諸要因と比べると冷えが原因となることは少ないのですが、予防法として睡眠を充分に摂ることで、冷え性を改善することができます。

冷えやすい手先足先をカバーして、6時間以上の睡眠を摂ることで背中の痛みを解消することが見込まれます。



今回のまとめ

1) 背中の痛みが右側に現れる代表的な症状とは

2) 背中の痛みが右側に現れる原因について

3) 背中の痛みが右側に現れる際の対処法

4) 右側の背中の痛みが続く場合に考えられる病気

5) 右側の背中の痛みが続く場合に行う検査方法

6) 右側の背中の痛みが続く場合に行う治療法

7) 右側の背中の痛みへの予防ポイント