ふくらはぎの検査をする男性の医師

突然襲ってくるふくらはぎの違和感を経験したことはないでしょうか。ふくらはぎは血液・血管おポンプの役割をしていると言われるほど重要な部位です。重大な疾患が隠れているケースもあります。

今回はふくらはぎの痛みの症状・原因・病気の可能性・治療方法などを紹介します。



ふくらはぎの痛みの7大原因!病気の可能性とは


1)ふくらはぎの痛みの5つの代表的症状 

(1)夜中に痛む 

寝ているときにこむら返りを起こして痛むケースです。 

(2)運動中に痛む 

筋肉に損傷が起こっているケースです。 

(3)むくんで痛む 

血行不良や静脈瘤などの原因で傷むケースです。 

(4)ふくらはぎを押すと痛む 

筋肉の損傷で起こることがあります。 

(5)何もしていなくても痛む 

ケガの直後などに起こります。 

2)ふくらはぎの痛みの7大原因 

(1)外傷 

ラグビーやサッカー、柔道などの接触が多いスポーツ中に打撲などをした場合に起こります。 

(2)運動 

ふくらはぎに負担赤かることの多い陸上競技などで、筋線維を損傷することによって、ふくらはぎに痛みが出ることがあります。 

(3)血行不良 

下肢静脈瘤などが原因で、ふくらはぎに痛みが出ることがあります。 

(4)放散痛 

腰部の椎間板ヘルニアや、坐骨神経痛にともなって、損傷部位と離れた場所に痛みが出る(放散痛といいます)ことがあります。 

(5)こむら返り 

いわゆる「足がつる」という状態です。筋肉の不随意の収縮によって痛みが出ます。 

(6)冷え 

足が冷えることによって、血行が悪くなったり足がつりやすくなったりします。 

(7)水分・塩分不足 

特に夏場に水分や塩分が不足すると、足がつりやすくなります。

Closeup on medical doctor woman explaining something 

3)ふくらはぎの痛みへの6つの対処法 

(1)冷却 

運動中に痛めた場合には、アイシングを行って炎症の拡大を防ぎ、痛みを緩和します。 

(2)挙上 

肉離れなど、ふくらはぎの重度の損傷に対しては、休む時に足を心臓より高くした姿勢をとることで、血液の循環を抑制し、炎症を予防します。 

(3)圧迫 

ふくらはぎの外傷や、運動による損傷に対しては、包帯やサポーターで圧迫することで、痛みを緩和することが出来ます。 

(4)湿布 

ふくらはぎの痛みが強い時には、一時的に湿布などで痛みを緩和します。 

(5)保温 

冷えによって足がつるような場合には、普段から入浴や靴下の重ね履きをすることでふくらはぎを保温し、血行を促進します。 

(6)マッサージ 

筋疲労によって痛みが出ているような場合には、お風呂でゆっくり温めた後にやさしくマッサージすると良いでしょう。 

ただし、足がつることがあまりに頻繁だったりする場合には、病気が原因のこともあるので、一度医療機関で相談するようにしましょう。 

4)ふくらはぎの痛みが続く場合に考えられる3種類の病気 

(1)坐骨神経痛 

ふくらはぎに原因が見当たらないのに痛みが続く場合には、腰の疾患が考えられます。特に坐骨神経痛は足のしびれや痛みをともなうことがよくあります。 

(2)下肢静脈瘤 

下肢の静脈の便が正常に機能しないことによって、静脈に血だまりのコブが出来ます。痛みをともなうこともあります。  

(3)代謝性疾患 

全身の代謝が低下することによって、ふくらはぎの栄養状態が低下すると、足がつることがあります。 

5)ふくらはぎの痛みが気になる場合の4つの検査方法 

(1)レントゲン検査 

腰の骨の間隔が狭くなっていないかなどを検査します。整形外科で診てもらえます。3割負担で1,000円程度のようです。 

(2)MRI検査 

レントゲンで異常が見つからないにもかかわらず痛みが続く場合、MRI検査で神経圧迫の有無などを検査します。整形外科で診てもらえます。3割負担で1万円前後のところが多いようです。 

(3)静脈瘤の検査 

下肢静脈瘤が疑われる場合には、超音波検査や空気容積脈波検査を行います。血管外科で診てもらえますが、病院によって費用はまちまちです。 

(4)徒手検査 

整形外科や整骨院で、関節の可動域や筋肉の機能が正常化を検査します。3割負担の場合、初診料と治療費込みで1,200円程度のところが多いようです。 

doctor with male patient

6)ふくらはぎの痛みが続く場合にすべき4つの治療方法 

ふくらはぎの痛みには原因が色々あるので、治療法もさまざまです。治療期間や費用も個人差が大きいので、担当のお医者様に相談すると良いでしょう。 

(1)投薬治療 

静脈瘤の場合には血管外科により利尿剤、坐骨神経痛の場合には整形外科で痛み止めや、神経伝達を正常にする薬などが処方されます。 

(2)整形外科的治療 

筋線維の断裂などによって症状が出ている場合には、低周波やマイクロ波、緩衝波などの電気治療や、回復度合いに応じた罨法が行われます。また、包帯で固定したり、サポーターをしたりします。整形外科や整骨院で診てもらえます。 

(3)手術 

坐骨神経痛がヘルニアによるもので重度であった場合や、下肢静脈瘤が日常生活に支障をきたすほどのものであれば、手術も選択肢の一つになります。それぞれ整形外科と血管外科を受診します。 

(4)リハビリ 

ふくらはぎの痛みが筋力低下によるものであった場合、リハビリによって筋力強化を行います。整形外科やリハビリ科、整骨院でも行っているところがあります。 

7)ふくらはぎの痛みへ未然にできる3つの予防ポイント 

(1)休養 

運動のやりすぎで痛みが出ている場合には、しっかりと休養をとります。特に部活をやっている児童はレギュラー獲得などの目的で無理をしがちです。

怪我をしたらプレイできない期間が長くなるリスクを周りの大人や指導者が認識させる必要があります。 

(2)保温 

症状は血行が悪くなったところに起こるので、普段から入浴などの方法で血液の循環を浴しておくことが大事です。 

(3)適度な運動 

筋力低下も足がつる原因となるので、日頃からウォーキング程度で構わないので、身体を動かすことが大事です。 



今回のまとめ 

1)ふくらはぎの痛みの5つの代表的症状 

2)ふくらはぎの痛みの7大原因 

3)ふくらはぎの痛みへの6つの対処法 

4)ふくらはぎの痛みが続く場合に考えられる3種類の病気 

5)ふくらはぎの痛みが気になる場合の4つの検査方法 

6)ふくらはぎの痛みが続く場合にすべき4つの治療方法 

7)ふくらはぎの痛みへ未然にできる3つの予防ポイント