太ももの裏を診察する女性の医師

特に激しい運動はしていないのに、急に太ももの裏が痛くなる事はありませんか。太ももの裏に痛みが出る時には、他の場所に原因がある場合もあります。

そんな、太ももの裏の痛みの症状や原因、痛みの対処法についてお伝えします。



太股の裏の痛みの6大原因!症状・対処方法とは


1)太股の裏の痛み度合いと症状とは

太ももの裏には大きな神経が通っていて激しい痛みが出る場合もあり辛いです。その太ももの裏の痛みは怪我なのか、病気なのか、気になりますね。

(1)痛い

激痛ではないけど、太ももの裏が痛い。

(2)突っ張る様な感じがする

凄く痛い!という感覚ではなく重いような、突っ張る感じがある。

(3)痛い+突っ張る

特に長時間歩いたり、体を屈めたりすると太ももの裏が痛くなり、突っ張る感じがする。酷いと足が怠い。

(4)激痛

どんな姿勢でも太ももの裏に痛みが出る。

痛いと言うのは人によって表現が違いますが、動作や姿勢で痛みが走る場合には太もも以外の場所の影響を受けているからかもしれません。

2)太股の裏の痛みの6大原因と病気

太ももの裏が痛い時に、どんな原因があるのか・どんな症状が隠れているのかをお伝えします。

(1)座骨神経痛

体の中で一番大きな神経の事で病名ではありません。神経に刺激が加わり痛みを感じます。酷い場合には激痛が走り、歩く事が困難になります。

座骨神経痛の原因は、はっきり分からない場合の方が多いです。原因が特定できているものは他の病気が原因の場合がほとんどです。

(2)腰椎椎間板ヘルニア

ほとんどの座骨神経痛の原因は腰椎椎間板ヘルニアだと言われています。痛みは腰から足にかけて出る事が多く、広範囲に散らばる様に痛みが出ます。

酷い場合には排泄障害が起きる場合があります。腰の部分の背骨の骨と骨の間にはクッションの役割を果たす椎間板があります。

その椎間板の間には繊維輪と髄核があります。この繊維輪と髄核が裂けてしまったり、髄核が出てしまって座骨神経を圧迫して痛みが出ます。

(3)すべり症

腰の背骨の一部がずれてしまう症状。背骨がずれる事で座骨神経が刺激されて太ももの裏に痛みが出ます。

(4)肉離れ

肉離れを起こしやすい人はスポーツを行っている人が多く、クセになりやすいので注意が必要です。原因としては、筋肉に負荷がかかる事で筋肉が損傷する事で起きてしまいます。

(5)緊張

筋肉に必要以上に負荷がかかると筋肉が緊張して痛みや怠さが起きます。人によっては突っ張る感じがする方もいます。

筋肉に必要以上に負荷がかかると起きます。俗にゆう、筋肉痛と同じです。

(6)風邪

太ももの裏の痛みとは関係ないように思えますが、風邪を引くと体中が痛くなります。

原因としては風邪のウイルスを死滅させるために体の体温が上がります。その時に炎症も起きるので、その炎症の痛みです。

以上のように、身近な風邪から、スポーツの時に起きる痛みまで。太ももの裏の痛みは色んな原因があります。それに伴って病気やけがの可能性もあるので注意が必要ですね。

Doctor listening to patient

3)太股の裏の痛みへの対処方法

原因が分かったら、どんな対処方法をとれば良いのでしょうか。太ももの裏が痛い時の対処方法をまとめてみました。

(1)座骨神経痛

・ストレッチ

座骨神経痛のストレッチは色んな種類があり毎日、行うのは面倒です。初期の座骨神経痛なら簡単なストレッチでも改善する場合があるので1日3回ほど行いましょう

1、仰向けになり、両手で膝を抱える

2、息を吐いて両膝を胸に近づけて10秒間

(10回を1セットとし2セット行う)

座骨神経は神経が圧迫する事で痛みが起きます。このストレッチをする事で神経がリラックスするので痛みが軽減されます。

・筋肉を付ける

腰痛の場合もそうですが、筋肉を付ける事で腰への負担が減り痛みが楽になります。

(2)肉離れ

肉離れは急に動いたり、強い力で動いたりするスポーツに多いです。

筋肉の筋収縮が激しいスポーツはバレーボール(スパイクジャンプ)や陸上競技の(スタートダッシュ)があります。

・保存治療

肉離れの場合には保存治療「自然治癒力を生かした治療」を行う場合が多いです。

・温熱療法

早く肉離れを治したい場合には温熱療法を行います。患部を温めて血行を良くして自然治癒力を高めて行きます。

(3)緊張

筋トレや運動を必要以上に行い負荷がかかりすぎると起こります。

・クールダウン

スポーツや筋トレ後にはクールダウンを行う事で疲労物質が溜まりにくくなるので筋肉が固くなりにくくなります。

(4)風邪

ウイルスを体から追い出す為に太ももの裏に痛みが起きます。

・骨盤を温める

風邪の時には骨盤に負担がかかっているので、骨盤を温める事で太ももの裏の痛みや関節の痛みが軽減します。効果的な温め方はお風呂です。

座骨神経痛に関してはストレッチ方法も沢山あり、このストレッチが一番効果的というのがありません。一番、効果的な方法は自分が行って無理なく続けられるストレッチですよ。

Doctor examining man back

4)気になる場合にすべき3つの検査方法と治療方法

(1)座骨神経痛

・検査方法

座骨神経痛の場合には整形外科での診察を。問診や触診の後にレントゲンやCT、MRIで確認します。

・治療方法

必ず、この治療方法で治るというものがありません。一般的な治療は痛みが出た場合に痛み止めや湿布を処方されます。

(2)肉離れ

・検査方法

肉離れの場合は整形外科での診察を。問診や触診後に必要ならばMRIや超音波検査をします。

・治療方法

一般的な治療方法は安静です。基本は自然治癒力で治すので特に治療はしないです。病院によっては温めて治癒力を高める治療をする所もあります。

(3)風邪

・検査方法

風邪の場合には内科で問診や触診で検査します。

・治療方法

風邪の具合により内服薬が処方されます。太ももの裏の痛みが酷い場合には痛み止めが処方される場合もあります。

問診では自分の症状を忘れてしまう方も多いです。いつから痛いのか・どのように痛いのか等をメモっておくと便利でしょう。

5)一股の裏の痛みへ未然にできる4つの予防習慣

(1)座骨神経痛

座骨神経痛は姿勢が悪い事で起きる場合もあります。座骨神経痛にならない為には姿勢を正しく保つ事です。また、筋肉を付けると腰が支えられるので筋トレもおすすめです。

(2)肉離れ

肉離れの場合はスポーツを行う方がなりやすいです。予防には準備運動、ウオーミングアップをしっかり行う事です。体をしっかり温めて行う事で肉離れを予防できます。

(3)緊張

筋トレや運動を行う前にはウオーミングアップをしっかりと。筋肉の緊張の場合には、必要以上に負荷をかけない事です。

(4)風邪

風邪の予防には手洗いうがいが一番の基本です。また栄養バランス、特にビタミンCを摂取する事で風邪を引きにくくなるといでしょう。



今回のまとめ

1)太股の裏の痛みの4つの症状

2)太股の裏の痛みの6大原因と病気

3)太股の裏の痛みへの4つの対処方法

4)気になる場合にすべき3つの検査方法と治療方法

5)一股の裏の痛みへ未然にできる4つの予防習慣