患者の診察を行う男性の医者

日常生活を送る中でもっとも使われる部位といわれる足。足の痛みを感じること頻繁にあることだと思います。そんな足の痛みの中でも足の裏、それもかかとに痛みを感じたことはありませんか。

今日はそんな足の裏、かかとが痛い原因や病気、対処方法についてお伝えします。



足の裏やかかとが痛い5大原因!症状・対処方法とは


1)足の裏やかかとが痛い5つの種類と症状の違い

(1)違和感

痛みというよりかは石が靴の中にあるような違和感がある。

(2)ちくっとした痛み

歩き始めや立ち上がった時または段差があるところに着地した際に痛みを感じる。

(3)じわっとする痛み

長時間立っていると痛みを感じ、足のだるさとは別にかかとの痛みで立っていられなくなる。

(4)不規則な痛み

痛みを感じていたことが嘘のように一旦は消えるものの再度、不規則に痛みがでてくる。

(5)つま先に関連する痛み

階段を上る際に、つま先に負担がかかると足の裏側、かかとが痛くなる。

2)足の裏のかかとが痛い5大原因

(1)足への負担

日常生活にはしない過度なスポーツや登山などで足の疲れがたまると足の裏、かかとに痛みが出る場合があります。

(2)神経の異常

足だけでならず、腰や背中の神経の痛みから足の裏に痛みを感じることがあります。

(3)冷え

日常茶飯事に足の冷えを感じる人は筋肉が硬直し、弾性が失われ、異常が出やすくなります。

(4)肥満

体重の増加により足に負担が増え、痛みを伴う場合があります。特に急激な体重増加の場合は膝や足の裏への負担も比例して負担が増加します。

(5)病気

足とは関係のない血液や精神的な病気でも足の裏に違和感や痛みを感じる場合があります。

frauenfe

3)応急処置を!足の裏のかかとが痛い症状への対処方法

(1)足の負担を和らげる

頻繁にランニングをする人や登山の予定がある人は足に異常がある場合は痛みがなくなるまではやらないようにし、足にかかる負担をなるべく減らすよう心がける。

また、ハイヒールや革靴などを毎日履く人は足に負担のすくないフラットシューズや靴底を厚くする対策をとりましょう。

(2)温める

冷えることで足が痛む場合は温泉や足湯などで足を温める必要があります。しかし、炎症をしている場合は症状がひどくなるため、まずは医師にて痛みの原因を明確にしましょう

(3)体重をコントロールする

体重の増減が激しい人はうまく体重をコントロールして安定化を図りましょう。

(4)医師の診断

歩くことはままならないほどの激しい痛みや慢性的に痛みがある場合は病気が原因となる可能性があります。医師に検査をしてもらいましょう(整形外科でみてもらうのが一般的です)

4)症状が続く場合に・・考えられる5種類の病気

(1)足底筋膜

足の指からかかとまで張っている健膜が炎症、そして断裂が起こることで痛みを伴うのが特徴です。確実な治療方法がなく、症状が悪化する前に早期発見、治療することが重要と考えられています。

(2)踵骨棘(しょうこつきょく)

踵骨棘はかかとの骨にある石灰質が異常な増殖することで発症します。足底筋膜が過度に引っ張られることが原因と考えられています。増殖した骨はとげのようになり、これにより痛みが伴います。

(3)坐骨神経痛

腰から足まで伸びている神経に何らかの圧迫や刺激が加わり、お尻から足にかけて、痛みやしびれを伴います。人のいよっては歩行が困難になる場合もあります。

お尻から足の全体に症状が出る場合と一部だけに出る場合と人によって様々です。

(4)アキレス腱滑液包炎

かかとの皮膚とアキレス腱の間にある液体で満たされている滑液包に炎症が起きることで発症する。扁平足や凹足の人がなりやすいといわれており、踵の後部が腫れ、押すと痛いのが特徴です。

(5)踵骨疲労骨折

疲労や強い衝撃により踵の骨にひびがいくまたは折れることをいいます。

5)症状が気になる場合への4つの検査方法

(1)レントゲン検査

X線を利用して骨の形状などを調べることができる検査です。30分ほどで検査は完了し、費用は保険が適用され、2000円~3000円ほどとなる。

(2)エコー検査

超音波を対象物にあて、その反射から映像化し、内部の様子を調べることができる。検査は30分以内で終わり、映像はすぐ確認することができる。費用は保険が適用され2000円ほどとなる。

(3)MRI(磁気共鳴画像)検査

X線を使用せず強い磁石と電波を使用して、体内の状態を断面像としてみることができます。

(4)血液検査

痛風や糖尿病は足の裏にも痛みがでる場合があり、血液検査で調べることができる。結果がでるまでは1週間ほどでることがほとんど。調べる方法によって料金がかかるため、3000円~7000円ほどかかるのが一般的。

Doctor and surgeon looking at a computer

6)症状が気になる場合への治療方法とは

足の症状は原因が明確になったとしても1回の治療で治らない場合が多い為、医師の意見を聞き、適格な治療を受けるようにしましょう。

(1)ギブスによる固定

骨のひびや折れたことによる場合はギブスにて骨を固定する。医師の判断でギブスを外すことになる。症状によってギブスの装着期間は異なる。

(2)手術

アキレス腱や筋膜等の異常は手術が必要な場合があります。費用は期間は原因によって異なる為、医師に事前に相談をする必要がある。手術後も入院または安静にすることが必要となる。

(3)リハビリ

足の腱や筋肉、骨に影響がある場合は医師の判断でリハビリが必要になることがあります。具合により期間、費用は異なります。

(4)薬の服用

痛みや炎症を抑える為に薬や炎症止めを服用する場合があります。症状により期間や費用は異なる為、事前に確認が必要です。

7)足の裏のかかとが痛い症状への予防ポイントとは

(1)過度な運動をしない

マラソンや登山、トレーニングなどで練習不足のまま過度なスポーツをすることで体が慣れていないため、疲労により痛みや炎症、または骨折が起きる場合があります。

日々、自分に合った運動を心がけ、あまり大きい負担となる長距離マラソンや慣れていない登山などは控えましょう。

(2)姿勢に気をつかう

オフィスウォークなどで毎日座ることが多い人は猫背や足を組む癖をなくすよう注意しましょう。また、お尻のポケットに財布などのものをいれたまま座る癖のある人は体重が一方に偏り、骨や筋に異常がでやすくなります。

常に姿勢は正しく、1時間に1回はストレッチの時間をとるなどをしましょう。

(3)体を冷やさない

女性の方はとくに体がよく冷え、様々な痛みがある人が多く、足にも同様のことが起こる。睡眠時は靴下をはく、または足湯や温泉に週1回いくなどで足が冷えを予防しましょう。

しかし、前述したとおり、炎症や骨折などは温めると悪化する恐れがあるため、その場合は病院で適切な処置をしましょう。



今回のまとめ

1)足の裏のかかとが痛い5つの種類と症状の違い

2)足の裏のかかとが痛い5大原因

3)足の裏のかかとが痛い症状への対処方法とは

4)症状が続く場合に考えられる5種類の病気

5)症状が気になる場合への検査方法

6)症状が気になる場合への治療方法

7)足の裏のかかとが痛い症状への3つの予防ポイント