Female doctor holding a stethoscope in his hand, two doctors and patient are on the background

かかとがしびれている、足を休めて様子を見ているけどしびれが治まらない、気になるけど何科を受診してよいかわからず放置している・・・そんな方は、早めに病院受診した方が良いかもしれません。今回はかかとがしびれる原因・病気の可能性・対処方法をお伝えします。



かかとのしびれの6大原因!考えられる病気の可能性とは


1)かかとのしびれの代表的症状とは

(1)かかとのしびれと同時に足の裏が痛い

(2)歩きはじめの1歩目に、かかとのしびれを強く感じる

(3)かかとのしびれと併せて冷えを感じる

(4)足を休めても、かかとのしびれがとれず続いている

2)かかとのしびれの6大原因

(1)血液の循環不良

正座や長時間の座位などで、血流が悪くなり血液の循環が良くないと、かかとのしびれの原因となる場合があります。

(2)冷え

身体が冷えると、身体の末端に位置する場所かかとのしびれの原因となる場合があります。

(3)歩き過ぎ

歩き過ぎが原因で、思っている以上にかかとに負荷がかかるとかかとのしびれの原因となる場合があります。

(4)精神的な落ち込みやストレス

精神的な落ち込みやストレスで、うつ症状になると、手足にしびれを感じる場合があります。足の一部であるかかとのしびれの原因となる場合があります。

(5)かかとの骨の異常

かかとの骨に異常があると、かかとのしびれの原因となる場合があります。気がつかないうちに骨折を起こしていると、しびれと併せて痛みをともないます。

(6)病気

何らかの病気で、かかとのしびれの原因となっている場合があります。放置しておくと重症な病気に進行する可能性があり、注意が必要です。

3)かかとのしびれへの対処方法とは

(1)温める

足浴や半身浴などで身体を温めることで、かかとのしびれへの対処方法になる場合があります。ただし、かかとのしびれの原因が骨の異常などの場合は、温めることで逆に悪化する場合もあるので注意が必要です。

(2)足を休める・足に負荷をかけない

足を投げ出して座ったり、寝るように身体全体を伸ばして横になり足を休ませて、足(かかと)に負荷をかけないようにすることでかかとのしびれへの対処方法となる場合があります。

(3)病院受診する

かかとの痛みの原因がハッキリしない場合は、病院受診して原因をハッキリさせることが、かかとのしびれに対する何よりの対処方法になります。

Orthopedic surgeons are testing a woman's hip.

4)かかとのしびれが続く場合に考えられる3種類の病気

(1)足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)

足の裏に続く神経の通り道には、足首の外側と内側がありますが、内側の神経の通り道が圧迫されて、神経に影響を及ぼすことで足の裏がしびれてくる病気です。かかともしびれてきます。この病気では、足の甲がしびれることは無いと言われています。

(2)足底筋膜炎

足の裏の組織である足底筋膜が炎症を起こす病気です。足の指の付け根付近からかかとにかけてしびれや痛みを生じます。走りを要求されるスポーツのし過ぎや、歩行量が多いと原因になると言われています。

(3)バージャー病

末梢動脈の内膜の炎症により、下肢の先の方に血液が流れなくなる病気です。国の難病にも指定されている病気です。症状としてかかとがしびれ、冷えをともなう場合もあります。

重症化すると組織が壊死して、足を切断しなければいけない場合があります。発症者のほとんどが喫煙歴があり、喫煙に関係があるのではと考えられています。閉塞性血栓性血管炎とも呼ばれたり、ビュルガー病(ドイツ語読み)とも呼ばれます(バージャー病は英語読み)。

5)しびれが続く場合にすべき3つの検査方法

診療科目の選択は難しいところですが、まずは整形外科などを受診するのが無難な選択と言えるでしょう。整形外科を受診し、かかとのしびれの原因が骨関係以外となれば、専門の医療機関への紹介状が発行され、紹介先病院で再度検査をすることになるでしょう。

(1)レントゲン(X線)撮影検査

かかとにX線をあてて、かかとの骨の状態を撮影します。かかとのしびれの原因にもよりますが、かかとのレントゲン撮影をして骨の異常の有無を調べる場合があります。

(2)エコー検査

患部に超音波をあて画像化して確認する検査です。かかとのしびれで足底筋膜炎が疑われる場合は、エコー検査でより詳しい状態がわかる場合があります。

(3)血管造影検査

血管に造影剤を入れて、画像化して患部を確認する検査です。かかとのしびれでバージャー病が疑われる場合、その確定検査として用いられます。

Doctor and surgeon reading notes

6)しびれが続く場合にすべき2つの治療方法

(1)薬物療法

かかとのしびれの原因の多くは、何らかの薬を用いて治療する方法が用いられます。かかとのしびれの原因によって、内服薬が処方される場合もあったり注射や点滴が用いられる場合があります。

(2)手術

かかとのしびれの原因によっては、手術が用いられる場合があります。ただしかかとのしびれの原因や、病気の進行状況によって、手術の方法や、必要入院日数などはまちまちです。

詳しくは担当医に相談してください。なお、かかとのしびれの原因によっては理学療法が用いられたり、高圧酸素療法などが用いられたりします。かかとのしびれの原因となっている病気によって治療方法は異なると認識していただけると良いと思います。

7)かかとのしびれへ未然にできる予防習慣とは

(1)適度に足を休める

足に負荷のかかる運動のしすぎ、歩き過ぎなどに気をつけて、適度に足を休める習慣をつけることは、かかとのしびれに対して未然にできる予防習慣と言えます。

(2)タバコを吸わない(禁煙)

かかとのしびれのうち、バージャー病を未然に防ぐためには禁煙は必須と言えます。タバコを吸わない(禁煙する)ことはかかとのしびれに対して未然にできる予防習慣と言えます。



今回のまとめ

1)かかとのしびれの3つの代表的症状とは

2)かかとのしびれの6大原因

3)かかとのしびれへの対処方法

4)かかとのしびれが続く場合に考えられる3種類の病気

5)しびれが続く場合にすべき3つの検査方法

6)しびれが続く場合にすべき2つの治療方法

7)かかとのしびれへ未然にできる予防習慣とは