患者に説明をする医者

普段の生活でおしりの骨の痛みが気になったことはないでしょうか。立つこと、また排せつの際に重要な役割を担っているお尻の骨が痛む原因はなぜでしょうか。病気の可能性はあるでしょうか。今回はおしりの骨の痛みの原因や対処法をお伝えします。






おしりの骨が痛いのはなぜ?考えられる3大原因と対処方法


1)どんな症状?おしりの骨の痛みの3つの種類と特徴

(1)骨盤による痛み

骨盤が歪み事により、お尻全体の骨へズレが生じることがあります。そのため、コリや神経痛がお尻に起こることで生活に支障が出てくることがあり大変危険なものとなっております。痛みとしては、神経痛に近く尾てい骨あたりの神経が圧迫されることで痺れを伴う痛みが出てくることがあります。

(2)打撲による痛み

この種類の痛みは、こけるなどしてお尻を打撲した際に尾てい骨を始めとするお尻の骨へ衝撃が来るために起こる痛みとなっており、場合によっては骨折を起こす可能性があるためこちらも危険な種類の痛みとなっております。

(3)圧迫性神経痛

この痛みは、前述したとおり骨盤の歪みなどによって生じた神経を圧迫することによるお尻のしびれや痛みにつながることがあります。この痛みが感じられる場合には、尾てい骨骨折やがんを発症していることがあるため整形外科や肛門科を受診することをオススメします。

2)そもそもお尻の骨はどんな構造なの?

(1)仙骨から成るお尻

お尻の構造として、脊椎骨から派生していく仙骨と呼ばれる骨盤を繋ぎ合わせる骨から成り立ちます。それらの仙骨や背骨から骨盤が形成され、子宮や精巣などの生殖器、腎臓や膀胱を収容しています。

(2)様々な筋肉と神経からできるお尻

お尻の構造としては、複数の筋肉が脊椎骨から派生する仙骨を繋ぎ合わせて形作り、足部を支え行動をさせるための靭帯が付け根がつながり成り立っています。

筋肉は、お尻の機能上排せつ時に力を効率よく入れて活動を行うための役割を担っており、神経に関しては、お尻への行動決定のための命令や足部への命令を通すために役立っています。

Doctor examining man back

3)要チェック!おしりの骨が痛い3大原因

(1)打撲

先述した打撲によるお尻への負担についてご紹介させていただきます。落下点により違いはありますが、お尻を強打するなどした場合には尾てい骨を負傷することがほとんどとなっております。また、お尻を強打した際には尾てい骨を損傷したかお尻全体もしくは骨盤を始めとする骨を損傷したかを調べる必要が出てきますので、状態を確認後病院への受診をオススメします。

(2)筋肉疲労

お尻が痛い際に原因の一つとして挙げられるのが筋肉疲労となっております。具体的にはお尻の筋肉が、柔らかいソファーなどにより力を長い間入れてなかった場合に起こる可能性のある痛みとなっております。長い間お尻に力が入っていない場合、尾骨と呼ばれる部分に体重の負担がかかり筋肉をより硬直させ再び活動を開始した場合に尾骨やお尻の筋肉へ多大な負担がかかってくることになるため、デスクワークを行う現代の人には1時間に1度程度のストレッチをオススメします。

(3)妊娠・出産

女性が経験するであろう妊娠や出産を行う際に、骨盤は大きくなっていく子宮を支えるために何倍にも大きくなることがあります。このとき、お尻の形が圧迫されることにより消化器官や膀胱が変形を起こし骨盤への負担が約10カ月間もの継続的な負担となりますので、産後しばらくお尻の痛みに襲われることがあります。

4)痛みが続く場合に・・考えられる2種類の病気とは

(1)坐骨神経痛

この病気は、お尻を形成して脊椎骨から派生する坐骨と呼ばれる骨に通う神経が背骨の変形や姿勢の歪みにより圧迫され腰やお尻への痛み及び痺れが発生するものとなっております。多くの場合、お尻全体もしくは脚部に痺れを伴うという症状がみられますが悪化していくと肛門付近の痺れやそれに伴う排せつ障害が現れることがあるため、早急に肛門科などへの受診をオススメします。

(2)尾骨痛

この病気は、現在の人間では退化している尾骨と呼ばれる部分が悪性腫瘍や出産の際に引き起こされるものとなっております。原因としては、腫瘍による尾骨の圧迫で神経及び座った際などで痛みを発生させるものが挙げられます。

また、出産の際には多大な負担がお尻全体に掛かってしまいその中でも尾骨への負担が激しいために痛みを発症させるものとなっております。この病気は一過性のものですので、適切な処置を施すことで治ることが多いものとなっております。

Doctor examining her patient back

5)自分でできることは?おしりの骨の痛みへの3つの対処法

(1)ストレッチ

この対処法は、お尻を突き出し四つん這いになり膝を立てるなどをする運動を数回続けることでお尻の骨の痛みを解消していくものとなっております。このストレッチは、お尻と腰の筋肉や骨盤を動かして正しい位置に戻してくれる効果を持つためオススメとなっております。痛みを数日間続いている場合には1日1回ほどこのストレッチを行うと効果的となっております。

(2)ストレス解消

お尻の骨が痛む際の原因として挙げられるものとして、ストレスが身体へ強くかかってくることがあります。ストレスは身体全体の倦怠感や重大な疾患へつながることがあります。それはお尻の骨や筋肉の神経痛などにつながることがありますので、定期的なストレス発散を行い体への負担を減らすことをオススメします。

(3)座る際に気を使う

お尻の骨である仙骨や尾骨が特に痛む際には、座っている際の体勢を変化させることで一時的に痛みを和らげることが可能となっております。定期的に体制を変えることで、エコノミークラス症候群と呼ばれる血栓の病気を防ぐことにもつながるため、30分に1度のペースで意識をして体勢を変更することをオススメします。

※上記の対処方法はあくまでも一時的なものです。痛みが続く場合は、自己判断をせずに速やかに専門家の先生へ相談をしてみましょう。

6)痛みが気になる場合に!専門家で行う2つの検査方法

(1)レントゲン撮影検査

この検査方法は、仙骨や尾骨が打撲による骨折や神経圧迫などの異常があるという疑いがある場合に行われます。レントゲン撮影を行うことで、骨の具合を透視して詳しく見ることができるためオススメとなっております。

(2)骨盤検査

骨盤のズレを整骨院の専門家が直接触れてズレや変形を診る検査方法となっております。治療の流れとして、そこからズレや変形などの異常がある場合には矯正を行ってもらうことでお尻のバランスなどを整え症状を改善することが出来ます。

Doctor and surgeon looking at a computer

7)病気の場合に行う3つの治療方法とは?

(1)絶対安静

お尻の骨が痛い場合には、患者自身の自然治癒力が試されることが治療法として挙げられます。尾骨などがガンで侵されることがない限り、治療方法は殆ど無いに等しく湿布などの貼薬や塗り薬で処置を施し、絶対安静状態で数週間過ごす事が一番の近道だとされています。腕の骨折などで固定をすることと同様に、お尻の骨を動かしすぎることによる炎症悪化を防ぐために絶対安静が必要となります。

(2)手術療法

ガンなどで侵されたり骨のズレによる痛みの場合は、外科手術による接合手術や局部除去手術を行うことがあります。骨がずれている場合には、金属を埋め留めをし自然回復と早急な日常生活を取り戻す方法が最も有効なものとなっております。抗がん剤やレーザー照射などで、ガンに侵された部分を除去し転移及びお尻の骨の回復を狙うため早急な回復が望めます。

(3)クッション材による療法

妊婦にオススメされるクッションについてご紹介させていただきます。ドーナツ型の真ん中に穴の空いたクッションに座ることで、尾てい骨を床に着けずにクッションという柔らかく衝撃を吸収してくれる素材を使用することで絶対安静期間中も無理のない範囲で行動が可能となりますので、オススメとなっております。クッションには様々な種類がありますので、ご自身に合うクッション選択を行うことをオススメします。

8)生活改善!おしりの骨の痛みへの3つの予防習慣

(1)運動習慣

運動習慣に関しては、絶対安静が必要なお尻の骨の痛みですが日頃より骨密度をあげることを意識し、運動を適度に行い、食事とのバランスを摂ることでお尻の痛みを予防することが可能となります。日頃より継続的な運動を、続けることで健康的な生活を行うことをオススメします。

(2)食習慣

食習慣に関しては、カルシウム不足を補うために小魚などのカルシウム分を頻繁に摂取することをオススメします。骨密度が下がっていくと、骨が角張り弱くなってしまいます。そのため、お尻の骨への負担が多大に掛かることで痛めたり、いつの間にか骨折と呼ばれるものになってしまうことになるので、注意が必要となっております。

(3)睡眠習慣

骨の丈夫さを保つためには、体内の栄養素や細胞を交換する時間として摂られる睡眠習慣をしっかりと摂ることが重要となっております。お尻の骨は、座っている際に体重を支えるために常に力を入れていなければならない部分となっておりますので、最低でも6時間以上の睡眠を継続的に行うことをオススメします。






今回のまとめ

1)どんな症状?おしりの骨痛みの3つの種類と特徴

2)そもそもお尻の骨はどんな構造なの?

3)おしりの骨が痛い3大原因とは?

4)痛みが続く・・考えられる2種類の病気

5)自分でできることは?おしりの骨の痛みへの3つの対処法

6) 痛みが気になる場合に!専門家で行う2つの検査方法

7) 病気の場合に行う3つの治療方法とは?

8)生活改善!おしりの骨の痛みへの3つの予防習慣