足首を抑えている男性

あなたは、普段生活している中で急に足首がしびれて不思議に思ったことはありませんか。今回の記事では、足首がしびれることから考えられる原因や足首のしびれが病気の場合の治療方法、生活習慣から予防できる予防習慣などについて紹介します。



足首がしびれるのはなぜ?考えられる3大原因と治療方法


1)症状の解説!足首のしびれの3つの代表的症状とは

(1)足首の感覚が低下する

足首がしびれると、感触がはっきりと分らない、温冷を感じにくくなるといった足首の感覚が低下する症状が出るようです。

(2)運動麻痺の症状を感じる

足首がしびれると、運動麻痺の症状として足に力が入らない、動かしづらいなどの症状が出るようです。

(3)異常知覚を感じる

足首がしびれると、異常な刺激が脳に伝達されて部分的にジンジン感じるなどを症状として感じるといわれています。

2)何が原因・・?足首のしびれの3大原因とは

(1)血行

血行が悪くなり足に血液が行き渡らなくなると、足首にある神経細胞がしびれを起こすこともあるので、足首のしびれの原因になることがあります。

(2)神経の圧迫

中枢神経や末梢神経が圧迫されることで、症状としてしびれの原因になることがあるようです。

(3)病気

足首のしびれの症状が長い時間続くや片足だけしびれるなどの症状がある場合は、病気が原因となって足首のしびれの症状を発症している可能性があります。

3)自分でできることは?しびれの症状への対処方法

(1)マッサージ

しびれが血流の悪さによるものであれば、しびれている部分を親指で押してマッサージし血流を改善することがしびれの症状の対処方法として有効なことがあります。また、軽い運動をすることでも全身の血流を促してしびれを解消する対処方法として有効なことがあります。

(2)病院へ

しびれの症状が強いや時間が経過しても治らないようであれば、脳血管障害などの病気が原因となって発症している可能性があります。病院へ行き適切な治療を受けることがしびれの症状の対処方法として有効です。

Medical doctor woman looking in clipboard

4)症状が続く場合は要注意・・可能性のある5種類の病気とは

(1)脳梗塞

脳梗塞は、脳にある血管が何らかの原因により血管が詰まることで発症するといわれています。脳梗塞の初期症状として、左右どちらかの手足がしびれる症状があるので症状が続く場合に可能性として考えられる病気のひとつです。

(2)糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害は、糖尿病により高血糖の状態が長く続くことで発症する合併症のひとつといわれています。症状として、高血糖の状態が続くことで末梢神経の働きが低下し、手足のしびれといった症状があらわれるので可能性として考えられる病気です。

(3)腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎にある椎間板の中にある髄核が神経の方に飛び出して圧迫することで発症するといわれています。症状として、腰痛の症状から片側の足のしびれや痛みの症状があらわれるので可能性として考えられる病気のひとつです。

(4)バージャー病

バージャー病は四肢の末梢血管に閉塞ができる病気といわれています。症状として、血管に閉塞ができて虚血症状が出ることで、足にしびれなどの症状があらわれるので可能性として考えられる病気です。

(5)パニック障害

パニック障害は、特に原因もなく強い不安におそわれてパニック状態に陥るといわれています。症状として、めまいや動悸以外にも強い不安の前に手足のしびれが出ることもあるようなので可能性として考えられる病気です。

5)気になる場合は専門家へ!しびれへの3種類の検査方法

足首のしびれの症状がある場合は整形外科を受診しましょう。また、足首のしびれ以外に力が入らないなどの症状があれば、内科もしくは脳外科を受診しましょう。今回は腰椎椎間板ヘルニアの場合の検査方法を紹介します。

(1)問診および視診

問診では、どこにどのような症状があるのかなど医師による確認があります。また、仰向けで寝た状態で膝を伸ばして片足を持ち上げていくSLRテストやうつぶせで寝た状態で片方の足首を支えて膝を曲げている状態で、ももを持ち上げるFNSテストによって痛みが起きるかなどを確認して神経根に障害があるかを確認します。

(2)画像検査

画像検査では、骨の状態を確認するためのX線検査や椎骨・椎間板・神経の情報を画像で確認するためのMRI検査を行ないます。また、詳細な診断をするために造影剤検査を行うことがあります。

(3)神経学的検査

神経学検査では、筋力・感覚・腱反射を調べます。筋力では、医師が加える力に対して膝やもも、足首に患者が力を入れることの筋力を確認して筋力をコントロールしている神経の状態を確認します。感覚では、足を筆などで触れて患者に感触や痛みがあるかを確認することで、神経の障害の有無を確認します。腱反射では、患者のヒザ下やアキレス腱をゴムでできた小さなハンマーで叩き反射を調べることで、神経の働きが動いているかを確認します。

Orthopedic surgeons are testing a woman's hip.

6)病気の場合に・・専門家で行う可能性のある治療方法

今回は、腰椎椎間板ヘルニアの治療方法を紹介します。

(1)保存療法

保存療法には、安静治療、理学療法、投薬治療などがあります。安静治療は、腰椎椎間板ヘルニアの症状がある患部を動かさないようにして病気の進行を食い止める治療法といわれています。理学療法は、マッサージや鍼治療により筋肉に刺激および血行改善によって痛みの症状を軽減させる対症療法といわれています。投薬治療は、飲み薬と注射があります。

飲み薬では、炎症や痛みを抑える非ステロイド性抗炎症薬が多く使われ、痛みによる筋肉の弛緩を和らげるために筋弛緩剤が同時に処方されることもあるようです。注射では、痛みがある部分に注射で薬を注入することで痛みを取る方法です。ただし、注射は痛みの原因を根本的に治療できる方法ではないといわれています。

(2)手術

保存療法では効果が見られず、自覚症状として痛みおよびしびれに耐え切れないといった状態であれば手術による治療が行われることがあります。腰椎椎間板ヘルニアの手術では、直視下、顕微鏡下、内視鏡下の方法があります。直視下および顕微鏡下は、背中を切り開き飛び出ているヘルニアを切り取る手術方法といわれています。内視鏡下は、背部を切りそこに手術用の内視鏡を入れて手術を行う方法といわれています。

7)生活習慣を整えよう!足首のしびれへの4つの予防習慣

(1)食習慣

偏った食事や油の多い食事は、血液がドロドロになることで血流の悪化を招き足首のしびれの原因になることがあるのでしびれ予防に良くありません。食事は、規則正しく栄養バランスの取れた食事を摂取することが、血流の悪化を防ぎ足首のしびれ予防になります。玉ねぎに含まれている硫化アリルという成分には、血流改善効果が期待できるので血流悪化によるしびれを予防できます。

ただし、玉ねぎの過剰摂取は体臭が強くなるや腹痛など体調不良の原因となるので1日50g程度までにすることが、しびれ予防に効果があります硫化アリルという成分は、水に溶けやすく熱にも弱い成分なので生で食べるサラダなどが調理方法としてはおすすめです。

(2)生活習慣

生活の中で足を冷やしていることは、血管を細くして血行不良を招くのでしびれ予防に良くありません。足を冷やさないために、靴下を履くことや身体を締め付けないものを身に付けて冷えを防ぐことが足首のしびれ予防になります。喫煙も、タバコに含まれるニコチンに血管収縮作用があるので血行不良を招きしびれ予防に良くありません。禁煙によりニコチンを摂取しないことが、足首のしびれ予防になります。

(3)睡眠習慣

睡眠不足は、疲労が解消されないことで筋肉が固まり筋肉の中を通る血管が圧迫されて、血行不良など様々な影響を与えるのでしびれ予防に良くありません。質の良い睡眠をきちんと取ることが、筋肉の疲労回復を促し足首のしびれ予防になります。

(4)運動習慣

運動は、全身を温めて筋肉の固まりをほぐすと同時に全身の血行を促すので、足首のしびれ予防になります。



今回のまとめ

1)症状の解説!足首のしびれの3つの代表的症状とは

2)何が原因か・・足首のしびれの3大原因

3)自分でできることは?しびれの症状への対処方法

4)症状が続く場合は・・可能性のある5種類の病気とは

5)気になる場合は専門家へ!しびれへの3種類の検査方法

6)病気の場合に・・専門家で行う可能性のある治療方法

7)生活習慣で予防を!足首のしびれへの4つの予防習慣