カルテを記入している医者

日常生活の中で太股がしびれて痛むという症状から、何かの病気の症状ではないかと心配になったことはありませんか。今回の記事では、太股がしびれて痛む場合に可能性のある原因や症状が続く場合に考えられる病気、太股のしびれへの予防ポイントなどについて紹介します。



太股がしびれて痛む!気になる2大原因と病気のリスクとは


1)症状をチェックしよう!太股のしびれの3つの代表的症状とは

(1)安静時の症状

安静時にはしびれや痛みなどの症状が治まる場合と、安静時であっても症状が治まらない場合があるようです。

(2)症状が出る期間

しびれや痛みの症状が数日安静にしていることで治まる場合と、長期間たっても症状が治まらない場合があるようです。

(3)症状の出る場所

しびれや痛みなどの症状が部分的に出る場合と、症状の出ている場所がなんとなくの場所でしかわからない場合があるようです。

2)どうして痛むの?太股のしびれで考えられる原因とは

(1)筋肉痛

筋肉痛は、筋肉が一時的に炎症や疲労物質か溜まることで発症し、太股の筋肉に負担がかかることで太股のしびれなどの症状が発症することがあるので、原因のひとつとして考えられます。また筋肉痛が原因の場合、しびれなどの症状は一時的であり症状が長続きすることはあまりないといわれています。

(2)坐骨神経痛

坐骨神経痛は、腰椎にある神経が圧迫されることで太股のしびれなどの症状が出ることがあるので原因のひとつとして考えられます。坐骨神経痛は、神経の圧迫の仕方によって腰椎椎間板ヘルニアなどの病名が付くこともあるようです。

3)応急処置を試みよう!症状への4つの対処方法

(1)冷やす

筋肉痛による太股のしびれなどの症状であれば、筋肉にできている炎症を抑えるために患部を冷やすことは、筋肉にできている炎症を抑えて症状の軽減につながることがあるので対処方法として有効なことがあるといわれています。

(2)筋肉をほぐす

筋肉をほぐすことは、筋肉の緊張による固まりを緩め血流の改善を促すので筋肉痛の原因となる疲労物質を除去することができます。筋肉が緊張している部分をほぐすために、患部を揉むことが対処方法として有効なことがあるといわれています。

(3)睡眠

睡眠は、疲労回復だけでなく筋肉の修復の働きもあるので、筋肉痛が原因であればきちんと質の良い睡眠を取り筋肉を修復することが対処法として効果があることがあります。

(4)病院へ

症状が長期間経過しても改善しない、症状から動けないなどの日常生活に支障があるようであれば、自然治癒では難しい病気や怪我の可能性があるので専門の病院に行って適切に治療をすることが対処法として効果があります。

Woman Receiving Leg Massage In Spa

4)それでもしびれが続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

(1)腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の一部が出てくることで神経を圧迫する病気といわれています。症状として、神経が圧迫されることにより下肢である太股などにしびれや痛みなどの症状が出ることがあるので考えられる病気のひとつです。

(2)脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、さまざまな原因により骨や関節、椎間板、靭帯などが肥厚することで脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することで発症するといわれています。症状として、神経の圧迫される箇所によって症状が出る箇所が変わってきますが、下肢にある太股などにしびれなどの症状が出ることがあるので考えられる病気のひとつです。

(3)腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症は、背骨にある椎間関節および椎間板の異常、変形によって前後の方向に骨がずれる病気といわれています。症状は、腰痛の他に神経根症状として足のしびれなどの症状が出ることがあるので考えられる病気のひとつです。

5)気になる場合は専門医へ!試すべき6つの検査方法とは

今回は、脊柱管狭窄症が疑われる場合の病院で行われる検査方法を紹介します。

(1)問診

問診では、医師から自覚症状としてどのような症状があるのかなどの質問があります。また問診では、患者から聞いた症状から患部を医師の目で直接観察したり触診を行なったりすることもあります。

(2)画像検査

画像検査では、レントゲン検査や脊髄造影検査などがあります。レントゲン検査では、背骨の形や変形のすべり、靭帯の変化などの有無をレントゲンによる画像で確認します。背骨造影検査では、馬尾神経や神経根の圧迫している状態を確認するために、くも膜下腔に造影剤を注入した状態で、いろいろな姿勢で撮影を行ない画像から脊柱管狭窄症の診断に役立てます。

(3)膝蓋腱およびアキレス腱の反射検査

膝蓋腱およびアキレス腱の反射検査では、膝やアキレス腱の周囲を叩くことで神経の働きの状態を検査します。

(4)筋力検査

膝および足の指の動きに関連する筋肉の筋力を、手技により検査することで神経障害の有無を確認します。

(5)知覚検査

知覚検査では、尖ったものを皮膚に当てることで患部に麻痺の症状があるかを確認します。

(6)SLRテスト

SLRテストでは、坐骨神経を伸ばすストレッチテストを行なうことで、足などに痛みなどの症状が出るかを確認します。

Stethoscope in hands

6)病気の場合には?専門家で行われる可能性のある治療方法とは

今回は、脊柱管狭窄症の場合の治療方法を紹介します。

(1)保存療法

脊柱管狭窄症の場合、症状が重症でなければ保存療法から行なっていくといわれています。保存療法には、薬物療法、理学療法、運動療法、神経ブロック療法があります。薬物療法には、消炎鎮痛薬や筋弛緩剤などがあり対処療法として痛みなどの症状を和らげることを目的に行われています。理学療法には、牽引療法や温熱療法、体操などがあり対処療法として症状の軽減を目的に行われます。

運動療法には、腹筋や大殿筋などの筋肉を鍛える運動や腸腰筋などを鍛えるエアロバイクなどの運動があり、身体の骨を支える筋肉を鍛えて痛みなどの症状を軽減することを目的に行われるといわれています。神経ブロック療法は、神経で痛んでいる部分に局所麻酔を注入することで神経を麻痺させ痛みを取るといわれています。

(2)手術

手術は、保存療法により改善の効果が見られない場合や日常生活に支障が出るほどの症状が出る場合に選択肢のひとつとしてある治療法といわれています。手術では、椎弓を部分的または全部の除去などの方法で行われ、状態によっては後遺症としてしびれの症状が残ることもあるようです。

7)生活習慣から改善を!太股のしびれへの4つの予防ポイント

(1)食習慣

肥満は、体重の増加により背骨や足などに対する負担が増すことで坐骨神経などが圧迫される可能性があるので予防に良くありません。また、痩せ過ぎの場合も筋肉が少ないことでどのような体位であっても背骨・坐骨に圧迫がかかりやすく予防に良くありません。食習慣では、暴飲暴食や高カロリー食品の摂取することによる肥満を防ぐためにも、栄養バランスの取れた食事をきちんと摂取することが肥満および痩せすぎを防ぎしびれの予防につなげましょう。

(2)生活習慣

日常生活で、猫背など関節や筋肉に負担になる姿勢をとっていると坐骨神経痛を招くこともあるので、しびれの予防に良くありません。日常生活でのデスクワークなどでは、長時間同じ姿勢でいることは筋肉が固まってしまうので、長時間同じ姿勢でいることを避けるためにも休憩時間などには背伸びやストレッチを行なうことで筋肉を弛緩させることがしびれ予防につながります。

(3)睡眠習慣

睡眠は筋肉痛が原因の場合、筋肉の修復を促すだけでなく疲労回復効果もあるので、質の良い睡眠をきちんと取ることが太股のしびれ予防に効果があります。

(4)運動習慣

運動不足により背骨を支える筋肉が衰えると、背骨への負担が大きくなり神経が圧迫されることで坐骨神経痛を引き起こしやすくなることがあるので予防に良くありません。毎日無理のない適度な運動やストレッチをして身体の筋肉を衰えさせないことがしびれの予防になります。

適度な運動やストレッチには、片足上げ運動や膝抱え運動があります。片足上げ運動は、仰向けに寝た状態で両足を伸ばした後、手を頭の後ろで組み片足を左右ともに上下に動かします。膝抱え運動は、仰向けに寝た状態で両足を伸ばした後、片足を両手で抱え込み息を吐きながら膝を胸の方に引き寄せるといった動作を左右ともに行ないます。



今回のまとめ

1)症状をチェックしよう!太股のしびれの3つの代表的症状とは

2)どうして痛むの?太股のしびれで考えられる原因とは

3)応急処置を試みよう!症状への4つの対処方法

4)それでもしびれが続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

5)気になる場合は専門医へ!試すべき6つの検査方法とは

6)病気の場合には?専門家で行われる可能性のある治療方法とは

7)生活習慣から改善を!太股のしびれへの4つの予防ポイント