肩を治療しているドクター

肩こりや首の痛みで悩まれている方は多いと思います。その痛みもしかしたら僧帽筋からきている痛みかもしれません。原因を知れば長年苦しんできた肩こりの症状を和らげることができるかもしれません。そんな僧帽筋の痛みの原因や対処方法をご紹介します。



僧帽筋に痛みがある?気になる3大原因と対処方法とは


1)そもそも僧帽筋とは何?構造・役割とは

僧帽筋は首にある筋肉の中で最も大きく、頭の付け根から肩甲骨までをカバーするものです。肩甲骨を動かすためにも大きな役割をもっており、内転、外転、上方回旋、下方回旋などの動きをするためには必須でこの筋肉が固まってしまうことで血行が悪くなり肩こりをもたらす場合があります。

2)どんな症状が現れる?僧帽筋が痛む場合の種類と特徴

(1)首を回せない

寝違えの際と同様に首を回すと鋭い痛みが伴います。首を回さなくとも歩くまたは立ち上がる際に少しでも首周辺に衝撃があると痛みがあります。無理に首を回すと痛みが悪化する特徴があります。

(2)しびれ

じんじんと痛みがあると同時に首周辺または腕にまでしびれを伴う場合があります。酷い肩こりのように肩全体が重くなります。

3)なぜ痛むの?僧帽筋が痛くなる3大原因とは

(1)血流

僧帽筋の周辺の血流が冷えや疲労などで悪くなると血流中の老廃物がうまく流れず、どんどん固くなっていきます。そのため筋肉は次第に固くなり、痛みを伴います。

(2)姿勢

僧帽筋は立っていても使用する筋肉として知られています。そのため、どのような姿勢でも常に使い続けます。姿勢によっては筋肉の負担が高くなる場合があります。例えば寝相が悪く通常以上に筋肉の疲労が溜まってしまうと痛みを伴います。

(3)筋肉痛

過激な運動や無理な動きをすることで他の筋肉と同様と筋肉痛になる場合があります。日ごろからあまり運動をしないまたは急に過激な運動をすることでおきます。

4)試せる応急処置はある?症状へ試したい対処方法とは

以下はあくまで一時的な対処法であり原因を知った上で的確に治療が必要な場合がほとんどです。早い段階で医師に診てもらうようにしましょう。整形外科、頭痛などもある場合は神経内科に行きましょう。

(1)温める

原因が疲労から来ている場合は疲労回復を助長するために温めることが効果的といわれています。血流がよくなり筋肉も柔軟性を取り戻します。しかし、既に炎症がある場合は症状を悪化させてします場合があるので注意が必要です。

(2)安静にする

痛みがひどい場合は無理に動かしたりすることは禁物です。既にある傷口を広げるような行為となるためなるべく痛みがないような姿勢で安静にしておくことが必要です。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

5)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

痛みのある期間が病気かどうかの判断基準となる場合があります。筋肉痛や疲れの場合はゆっくりと休む時間を1日とっても痛みが取れず、5日以上続く場合は病気の可能性があるといえます。また、肩や背中の痛みが一部の箇所だけではなく複数個所で感じられる痛みが放散型の場合は病気の可能性が高いといわれています。

6)痛みが続く場合は要注意!考えられる2種類の病気とは?

(1)僧帽筋膜炎

筋肉痛と同様に筋肉に負荷がかかり過ぎるとことで筋肉が傷つき、そのまま自然回復できずに自己回復できないほどまで筋肉を包んでいる膜の炎症が悪化した場合に僧帽筋膜炎といわれます。痛みやしびれの範囲が首だけでなく背中全体にまで感じ、生活に支障がえるほど症状が強くなります。

(2)狭心症

虚血性心疾患とも呼ばれ、体中に血液を流す心臓ポンプに重要な役割をもつ筋肉に異常があり、心臓に十分な血液を送ることができなくなります。胸を押さえつけられるような痛みがあり、場合によっては痛みが広がり左肩にも及ぶ場合があります。

7) 痛みが治まらない時には専門家へ!可能性のある検査・治療方法

整形外科でまずは診てもらいましょう。

(1)検査方法

‐MRI

X線を使用せずに磁石と電波にて人間の体を断面的に映像化し異常を調べます。精密に異常を調べることができ、骨や筋肉だけでなく、血管の詰まりなども調べることができます。結果は遅くとも1日以内でわかることが多く、費用は1万円以上かかる場合があります。

‐触診

肩周辺の痛みの場合は腫瘍の有無、筋肉痛か炎症など、専門医が症状を聞いた上で触診を実施することで判断することもできます。胸の痛みや頭痛などの症状はなく肩周辺の痛みや張りであれば触診で判断する場合も多いです。

(2)治療方法

‐薬の服用

血のつまりや筋肉の張りをほぐす薬は多種あり、症状の具合によって薬を服用します。副作用もあるものもあるので医師に確認の上、費用や服用期間も事前に確認するようにしましょう。

‐手術

腫瘍や血液のつまりがある場合は腫瘍摘出またはバイパス手術を行う場合があります。体への負担もあるため手術後の入院期間なども含め医師に事前に確認をしましょう。

8)日常生活から改善を!僧帽筋の痛みへの予防習慣とは

(1)ストレッチ

仕事や家事で重い物をもつまたは同じ姿勢で長い時間いることが僧帽筋に負担をかけます。肘を曲げ、頭に上にもっていきその場で回転をさせる、手で肩を触った状態で肘を回転させることを2時間に1回、5分行うことで僧帽筋をリラックスさせることができます。

(2)温める

痛みが強く炎症がある場合を除く、基本的に温めることを筋肉をリラックスさせ、ダメージを修復させる効果があります。ジョギングやヨガで体を動かして温める、または湯舟で35~38°ほどのお湯で半身浴を行うなどして日ごろから体を温めるようにしましょう。



今回のまとめ

1)そもそも僧帽筋とは何?構造・役割とは

2)どんな症状が現れる?僧帽筋が痛む場合の種類と特徴

3)なぜ痛むの?僧帽筋が痛くなる3大原因とは

4)試せる応急処置はある?症状へ試したい対処方法とは

5)これって病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

6)痛みが続く場合は要注意!考えられる2種類の病気とは?

7) 痛みが治まらない時には専門家へ!可能性のある検査・治療方法

8)日常生活から改善を!僧帽筋の痛みへの予防習慣とは