レントゲン写真を確認する医者

肩や首の痛みを経験したことのある人は多いと思いますが、鎖骨が痛いと感じたことはありませんか。肩や首の痛みと同時に鎖骨が痛むまたは鎖骨のみが痛い、そんな症状についてご紹介いたします。あんまり聞きなれない分、気になる鎖骨の痛みとその対処方法をご説明します。



この鎖骨の痛みはなに?気になる3大原因と対処方法とは


1)どんな症状が現れる?鎖骨が痛む場合の代表的な症状とは

肩こりや首の痛みと同様にズキズキまたは何かが詰まっているような痛みがあります。その場合は頭痛や目まい、耳鳴りといった症状も起きやすいです。同時に鎖骨はひびや骨折を起こしやすい骨でもあり、その場合は呼吸をするたびに骨がうずくような痛みがあります。

2)どうして痛むの?鎖骨の痛みの3大原因とは

(1)肩こり

首や肩のこりによる痛みが広がり、鎖骨にまで痛みを感じる場合があります。こりは血行が悪いときに起きるため、他にも目まいや頭痛など症状は多岐に及ぼします。血行が悪くなる原因としてはストレスが大きく関連しているといわれています。

(2)神経の異常

骨の異常により神経が圧迫されることにより、鎖骨に痛みを及ぼす場合があります。神経が圧迫されるため、他にも腕や手、指にまでしびれや違和感、痛みを感じる場合があります。疲労や精神的な負担により、自律神経に異常がでると慢性的になりやすいと考えられています。

(3)他の病気

鎖骨周辺にはリンパがあり、血液や血管、またはリンパ自体に腫瘍ができることで違和感や痛みを伴う場合があります。痛みの箇所を触ると膨れ上がっていたりする場合や鎖骨の痛み以外に呼吸困難、激しい動悸等の症状があります。

3)試せる応急処置とは?痛み試したい対処方法とは

まず、原因を調べるために医師に診てもらうことが優先事項となります。原因によっては以下の対処方法は何の効果も出ない場合があります。運動などで骨折の恐れがなければ内科を受診して原因を探りましょう。骨折やひびなどの可能性がある場合は外科となります。

(1)安静にする

すぐに診察ができない場合や痛みがそこまで激しなく、しこり等の違和感もなければ仕事や家事を休み安静にし、症状が和らぐのを待ちましょう。肩こりや神経の損傷の場合は安静にし、横になっておくことで回復する場合があります。

(2)リンパマッサージ

鎖骨にあるくぼみを摩ると気持ちがよかったり、痛みを感じる場所があります。鎖骨はリンパ液の到着地点といわれており、ここをマッサージすることで体全体のリンパが流れ、痛みの症状を和らげる効果があるといわれています。肩の先から鎖骨にそって手で内側にさするのを左右1分ずつ行ってください。痛みや肌が赤くなる場合は力を弱めて行ってください。

4)これって何かの病気?病気かどうかのチェック項目とは

鎖骨の痛みで重要の病気を考えられるのは幾つかありますが、痛みが1週間以上あり、激しい運動をした、転んだ、徹夜が続くといったことに心当たりがない場合、病気が考えられます。また、肩こりの場合は湯舟で体が温まることで痛みが治まりますが、それでもおさまらない場合は病院で原因をつきとめましょう。

また、鎖骨周辺に腫瘍のようなふくらみがある場合は要注意です。鎖骨の痛みと同時に呼吸がしづらい、動悸の症状が強い、足の付け根や耳の後ろに痛みがあるといった場合もリンパ線や血液に何らかの問題がある可能性が高いといえます。

close up of doctors with tablet pc at hospital

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

(1)頚性神経筋症候群

一般的に首のこりとして知られている病気です。首コリを放置することで痛みが強くなり、頭痛や目まい、耳鳴りといった症状も引き起こされます。自律神経失調症にも大きく関連しており最近はスマートフォンやタブレットの長時間使用により患者も増えてきているといわれています。

(2)頸椎ヘルニア

首の頸椎で起こるヘルニアで頸椎の間にある椎間板が飛び出ることで神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こします。きっかけはスポーツや重い荷物を運ぶだけでなく、デスクワークで首を回しているだけでも原因となる場合があり、首を動かしにくといった軽い症状から手が動かなくなるといった症状まであります。

(3)悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の特徴は鎖骨のリンパ線にピンポン玉サイズで触るソーセージのような触感があります。時間をかけて大きくなるため、前よりもサイズが大きくなっていれば悪性の可能性が高いです。痛みは少なく、放置しているとリンパ線を通って他の場所にも転移し、命を落とす危険もある重大な病気となります。

6)専門家での検査を!痛みが気になる場合への検査・治療方法

(1)検査方法

‐MRI検査

X線検査でも骨の変形があればわかりますが、神経を圧迫しているかどうかは判断できないため、神経の異常まで調べることができるMRI検査が精密をいわれています。検査自体は20分から30分ほどで終了し、すぐに画像を確認し、診断することが可能です。体への負担もないうえ、精密の為、多くの医療機関で実施されています。費用は1万円以上することもあるので医師に事前に確認をしましょう。

‐腫瘍生検査

局部麻酔または全身麻酔を実施したうえで、しこり部分を切り取り、悪性か良性かを調べます。形や性質を調べることで悪性か良性かだけでなく病型も決めることができます。腫瘍箇所により切り取り時間には差があります1時間以内で終わる場合が多いです。費用については場所や数により異なるので事前に確認を取りましょう。

(2)治療方法

‐投薬治療

筋肉や骨、神経に異常がある場合は体への負担を考え、湿布などの外用薬から抗炎剤や筋弛緩剤が使用されます。使用後も症状が一行に良くならない場合、手術となる場合があります。服用期間や薬の種類は症状により異なるため、医師に確認をとりましょう。

‐手術

悪性のリンパ腫と認められた場合、その元となる病巣や転移巣も切り取る処置を行います。腫瘍そのものを取り除く局所療法といわれ、体への負担が大きい箇所や全摘出が不可の場合は投薬療法となります。

7)生活習慣から予防を!鎖骨の痛みへの予防習慣とは

(1)血行を良くする

血行を良くすることで肩こりや首の痛み、また寝違いからおこる鎖骨の痛みを予防できる場合があります。血行をよくするには体を温めることが重要です。冬にはマフラーなどの防寒対策をし首周辺を冷やしすぎないようにする。仕事で同じ姿勢を長時間続ける傾向のある方は1時間に1回は首や肩を回すなど上半身の血行を悪くしないようにしましょう。

(2)ストレスを溜めない

ストレスを溜め続けることで免疫機能が長期間下がり続けるとリンパの病気や腫瘍ができたりと重病になる恐れもあります。仕事が休みの日を自分の趣味や体を動かす、また仕事の日も昼休みや仕事が終われば仕事のことは考えないようにするなどしてストレスを溜めないようにしましょう。大きく深呼吸することは自律神経を正常に保たせ、ストレスを一時的に解消する効果があります。



今回のまとめ

1)どんな症状が現れる?鎖骨が痛む場合の代表的な症状とは

2)どうして痛むの?鎖骨の痛みの3大原因とは

3)試せる応急処置とは?痛み試したい対処方法とは

4)これって何かの病気?病気かどうかのチェック項目と判断基準

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

6)専門家での検査を!痛みが気になる場合への検査・治療方法

7)生活習慣から予防を!鎖骨の痛みへの予防習慣とは