肩の痛みを治療している医者

小円筋と言われてもピンとこない人も多いと思います。ですが肩腱板と言えば何となく想像がつくのではないでしょうか。その腱板の筋肉の1つが小円筋であり肩を動かすために必要な筋肉なのです。ここでは小円筋の痛みについてご説明します。 



小円筋の痛みが気になる?2大原因と対処・予防方法とは


1)そもそも小円筋とはなに?役割や構造とは 

小円筋は肩にある棘上筋・棘下筋・肩甲下筋という腱板を構成する4つの筋肉の内の1つであり、複雑な動きでコントロールされている肩関節伸展・内転・外旋に必要な内転筋の働きをしています。 

2)なぜ痛みが?小円筋が痛い2大原因とは 

(1)スポーツによる損傷 

野球の投球動作やテニス・バドミントンのように腕を振り上げる動作を繰り返す事で骨と腱板がひっかかったり衝突し徐々に損傷していく『肩関節インピンジメント症候群』と呼ばれる症状や、他にもスポーツジムや器械体操など肩関節への負荷が掛かるスポーツによる損傷が原因となります。 

(2)老化 

長年使ってきた肉体的疲労、骨や筋の消耗などが身体に蓄積し腱に変性や血行不全を起こし、肩腱板を損傷させます。それに伴い小円筋が痛む場合もあります。 

3)試せる処置はあるの?痛みへの対処方法とは 

(1) 温める 

小円筋が炎症を起こす場合には症状が慢性化している事が多いため冷やさず温めるようにします。冷やしてしまうと逆に筋肉が硬直して悪化する場合があります。 

(2) 安静にする 

既に痛みがあり炎症や断裂が起きていそうな場合には動かさず安静にしておき病院に行く必要があります。 

4)病気の疑いも?病気かどうかのチェックと判断基準とは 

次の症状が見られる場合には小円筋炎や肩腱板断裂が起こっている可能性があるので病院に行く事をオススメします。 

・肩を後ろに動かすと痛みがある 

・肩や腕をあげると脇のあたりに痛みがある 

・肩に重さを感じるダルさがある 

・動かさなくても痛みがある 

・夜間痛があり特に横向きで寝るのがツライ

group of doctors meeting at hospital office

5)痛みが続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは? 

(1) 小円筋炎 

小円筋が炎症を起こす事で肩の後ろの肩甲骨に痛みが出ます。肩関節インピンジメント症候群による症状の1つであったり、老化による弱体化や腱の変性などが原因となり炎症を起こします。 

(2) 肩腱板断裂 

スポーツによる小円筋炎や老化による弱体化が更に悪化する事で肩腱板が断裂する場合があり、急性断裂・変性断裂の2種類があります。 

・急性断裂

転倒や重い物を急に持つ事で腱板断裂に至る場合があり、肩鎖関節脱臼や肩関節脱臼などの怪我も伴って発生する事も多いようです。 

・変性断裂

腱板断裂の多くは肩関節インピンジメント症候群や老化など長い時間をかけて腱板が擦り減った結果に起こる事がほとんどで主に利き腕に症状が現われますが反対側にも断裂が隠れている場合もあります。 

(3) 無症候性腱板断裂 

上記の変性断裂で示したように隠れて断裂をしている痛みを伴わない肩腱板の断裂という症状も存在しています。これを無症候性腱板断裂といい50歳以上の4人に1人が何らかの形で腱板断裂をしている中で3人に2人が、この無症候性腱板断裂だといいます。無症候性腱板断裂は痛みが無く普通は発見が難しいのですが、痛みがある肩腱板断裂が起こった際には反対側も検査するようにする事で発見出来る場合もあります。 

6) 痛みが治まらない時には専門家へ!検査・治療方法とは 

(1) 検査方法 

まずは、病院ですが整形外科に行くのが一般的と言えますが整骨院でも診療は可能です。それぞれの病院に行き診察を受け、その後レントゲン・MRI・超音波などの検査を行い腱板の炎症や断裂などの判断をしていきます。 

(2)治療方法 

・小円筋炎

安静を基本に湿布薬や痛み止めなどの薬物療法など自然治癒を目的とした保存的療法を行っていきます。リハビリを含め1か月程度の治療が目安となります。 

・肩腱板断裂

自然治癒を目的とした安静・薬物療法・注射療法・リハビリ療法などの保存的療法を3ヶ月程度行っていきます。最終的に保存的療法での回復が難しい場合には手術となります。手術には関節鏡視下手術と直視下手術とがあります。 

7)習慣を整えよう!小円筋が痛い症状への予防習慣とは 

(1) ストレッチ・筋力トレーニング 

老化の場合は筋力低下や筋肉の硬化により小円筋の炎症が起こりやすくなりますから、筋力トレーニングやストレッチで予防する事が出来ます。ただし負荷をかけ過ぎない程度の適度な運転を心がけましょう。 

(2) 運動後など温めるようにする 

運動後には軽くストレッチをしながら肩周辺を温めます。痛みやひっかかる感じがある場合は温めるだけにしておきます。また、お風呂などでゆっくり筋肉をほぐしながら温めるのも良いでしょう。 

(3)急な動きには気をつける 

荷物などの急な上げ下ろしなど不意な負荷によって小円筋が損傷する場合もありますから意識しておきましょう。特に40~50歳以上の方は注意が必要です。



今回のまとめ

1)そもそも小円筋とはなに?役割や構造とは 

2)なぜ痛みが?小円筋が痛い2大原因とは 

3)試せる処置はあるの?痛みへの対処方法とは 

4)病気の疑いも?病気かどうかのチェックと判断基準とは 

5)痛みが続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは? 

6) 痛みが治まらない時には専門家へ!検査・治療方法とは 

7)習慣を整えよう!小円筋が痛い症状への予防習慣とは