会議をするドクターとナース

反り腰とはどのような姿勢を指すのかという、機能解剖学的観点からみた姿勢について、その影響についてお伝えします。

今回は反り腰の、原因や放っておくことによるデメリットや見た目上の変化について、様々な治し方についてご紹介していきます。



反り腰の6つの治し方!3大原因とは


1)反り腰とは何か

(1)脊柱について

脊柱は頸椎、前弯・胸椎、後弯・腰椎、前弯・仙骨、後弯と自然なS字カーブを描いているが、何らかの部分が側弯したり、前弯したり後弯したりすると腰痛を訴えたり腰椎津看板ヘルニアなどの腰痛症を発症する可能性があります。

(2)反り腰とは

反り腰とは腰の骨である腰椎の前腕カーブがきつくなっている状態の事です。骨盤が前弯となり腰椎に負担がかかりやすくなります。男性より女性に多くみられます。

2)反り腰を放っておく3つのデメリット

(1)骨盤が歪む

反り腰になると骨盤は歪みます。骨盤の上には胃や鋼などの内臓がのっているため、骨盤は内臓の受け皿のような働きをしていますが、反り腰にあると骨盤が歪み開いてしまいます。

その他絵骨盤の中央にスペースが出来てしまうため、内臓が入ってしまい位置が下がってしまいます。その結果、内臓の位置が下がったことで下腹部を圧迫して膨らみポッコリお腹になってしまいます。

(2)下半身太り

反り腰による歪みは、骨盤周りの血液やリンパの流れを阻害してしまいます。骨盤が歪んでいれば上半身から流れてきた血液やリンパは下半身に流れが悪くなり、上半身への戻りも悪くなります。

下半身に老廃物が溜まりむくみやすくなってしまいます。老廃物と志望が結合してセルライトが出来る原因になるほか、太ももやお尻に脂肪がつきやすくなるほか、下半身太りになります。

(3)腰痛

反り腰は、腰骨が反った状態になるため腰骨にかなりの負担がかかります。そのため、腰痛を引き起こす可能性があります。

3)反り腰の3大原因

(1)椅子に座っている事が多い

仕事などで椅子に座っている事が多いと、反り腰になりやすいといわれています。人間には背骨と骨盤、股関節をつなぐ“腸腰筋”という筋肉があります。

座っている姿勢が長いと腸腰筋が弱り収縮してしまいます。

(2)足をあまり上げずに歩く

普段から立っている時間と座っている時間のバランスが良いとされていますが、立っていても歩いていても歩き方に問題があると、反り腰になる可能性が高まります。

足をあまり高く上げずに歩くと、腸腰筋を使わなくなってしまうため腸腰筋が収縮して腰骨の粗利が大きくなって反り腰になってしまいます。

(3)ハイヒール

ハイヒールをはいて歩いている女性の歩き方を見ると、膝が曲がったままつま先に体重をかけて小股で歩いている姿を見かけますが、これは腸腰筋を使いません。

そのため、ハイヒールを履く機会の多い女性は反り腰になりやすい原因です。

physiotherapeut im gesprch mit einer patientin

4)反り腰の3つの症状

(1)寝方

仰向けに寝るのが寝にくいと感じたり、仰向けになっていると腰が少し浮いたりします。また。壁に背中を付けると隙間が空くというのは危険な症状です。

(2)体型

痩せているのにお赤だけ出ていたり、猫背になっている、耳の位置よりも肩の位置が前にでているというのも症状の一つです。

(3)腰痛

慢性的な腰痛や肩こりがあったり、それ以外にも脚がしびれて痛くなるという事が多いという事があります。

5)反り腰の治し方!2つのストレッチ

(1)ネコのポーズ

四つん這いになり、背中を天井方向に持ち上げておへそを覗き込むようにします。この姿勢で10秒止めて、元の四つん這いの姿勢に戻ります。これを10回繰り返します。

(2)ウイリアム体操

仰向けになり、膝を抱えます、背中と腰を抱えて2秒キープします。これを10回×1分休憩とし10セット行います。

痛みが出る場合は中止をしますが、脊柱起立筋の中部によく効くストレッチになります。

6)反り腰の治し方!2つのマッサージ

(1)反り腰を治すクッション

マッサージ効果も兼ねsなエア、反り腰を改善し姿勢を正しく強制する事でただし姿勢を身体が認識して反り腰を改善する事が出来るというボディメイクシートスタイルというクッションがあります。

このようなアイテムを使うのも一つの方法です。

(2)マッサージ

お腹を膨らませて腹式呼吸をします。膨らませたら息を吐いてお腹をできる限りへこませます。へこませた状態のお腹を4歩の指でなぞり、固くゴリゴリしていたら円を描くようにマッサージをしていきます。

徐々に慣れてくると痛みが軽減し、お腹の方さが均等になり、反り腰の改善に効果が期待できます。

Doctor examining her patient back

7)反り腰の治し方!2つの運動方法

(1)インナーマッスルを鍛える

ドローインというエクササイズが有名になった事がありますが1回30秒を10回、1日2回続けて行うと効果的なエクササイズになります。

簡単に言うと、お腹をひっこめる事で、お腹周りの筋肉が形状記憶する事で短期的にウエストまわりがサイズダウンします。それとともに、骨盤をただし位置に維持する事ができます。

(2)ピラティス

脚の幅を腰幅にして、仰向けに寝た状態で背中に手のひらが1枚はいる位にします。手をつぶすようにしながら、骨盤を上下に動かすような動作を行います。

骨盤をまっすぐに保つような筋肉を鍛える方法の一つです。

8)反り腰に痛みが伴う場合に考えられる2つの病気

(1)腰椎椎間板ヘルニア

背骨を構成する椎骨の間にある繊維状の軟骨ですが、年齢を重ねるごとに水分が牛哀れすり始めます。椎間板が変形し神経を圧迫すると腰の痛みや脚のしびれを引き起こしまず。

(2)脊柱管狭窄症

背骨を通る神経を囲んでいる管の事です。その管がカレイなどにより変形して狭くなり神経を圧迫して起こる病気です。

9)反り腰が続く場合の2つの検査方法

(1)立位

立った状態で、壁に背中を付けてみます。その時胃腰と壁の隙間に手のひらを胃rてみると、壁に触れずに手のひらがすんなりと入る場合やグーが入ってしまう場合は反り腰の可能性が高いと言えます。

また、立位になった姿勢を横から見たときに、耳、肩、お腹、かかとまでまっすぐな状態であれば、反り腰の可能性は低くなります。

(2)仰向け

仰向けに寝た場合に腰が浮いて寝にくかったり、タオルを巻いたものを腰に入れてみて違和感がないくらい隙間が出来てしまうという場合には反り腰の可能性が高くなります。

10)反り腰が続く方への2つの予防ポイント

(1)姿勢の改善

普段から腰をそらしすぎないように、意識をすることも大切です。また、寝るときにお体制を意識するのも需要になります。

反り腰の場合には、仰向けに寝rと隙間が空くのでタオルケットなど何かを挟んで隙間を開けないようにしましょう。

(2)寝方

横向きになって寝るのは気を付けなければいけません。片側に身体の重心が寄ってしまうので、歪みが生じる原因になります。そのため寝るときにも注意が必要になります。



今回のまとめ

1)反り腰になるのには3大原因がある。

2)反り腰の治し方には2つの運動療法がある。

3)反り腰の予防には2つのポイントがある。