カルテを確認するナース

左背中の痛みを、歳のせいや一時的なものと考えていると重大な病気を見逃してしまうかもしれません。

今回の記事では、左背中の痛みを発症する原因や、左背中の痛みが続く場合に考えられる病気などについて紹介していきます。



左の背中の痛みの4大原因!病気・症状・治療方法とは


1) 左背中の痛みの代表的症状

筋肉疲労により痛む場合、強い痛みでなく鈍い筋肉痛のような痛みを背中に発症し、背中の重い感じがするなどの症状があらわれます。

放置にすると、痛みが強まっていきギックリ背中という、強烈な痛みが発症することもあります。

2) 左背中の痛みの4大原因

(1) 運動不足と運動の過剰

昔から運動不足だと、背筋が少ないことにより少しの運動でも痛みを発症することがあります。

運動の過剰も、筋肉痛を起こす原因となるので前かがみなどの動きで背中の負担になり痛みを発症します。

(2) 背中の筋肉の疲労

PC作業などによって長時間同じ姿勢でいることや、姿勢の悪さなどは背中の筋肉を疲労させ、痛みを発症します。

(3) 背中の骨の異常

背中の骨が歪んでいるなどで、骨の周囲にある神経などが圧迫され発症します。背中が原因でなくても、他の部位のケガが原因で体が歪むことで発症することもあります。

(4) 内臓の疾患

内臓の疾患や疲れにより、脳が内蔵の痛みを同じ神経の先にある背中の痛みとして発症することがあります。

3)左背中の痛みへ自宅でできる5つの対処法

重い物を持ち上げた時などに背中に痛みが発症した時は、ギックリ背中かも知れないので以下の方法で対処してみましょう。

(1) 安静

 ギックリ背中を発症して、すぐ動くとギックリ背中の痛みが長引きます。

(2) 患部の冷却と温め

筋肉の炎症による痛みの発症が考えられるので、患部を冷やすことで血管を収縮させ痛みを抑えましょう。

また、痛みが引いてきたようなら患部を温めることで、緊張している筋肉をほぐしてあげましょう。

(3) 鎮痛剤

痛みが強すぎる場合は、内服薬やシップでも鎮痛成分が含まれているものがあるので、鎮痛剤を使用してしばらくは安静にしていましょう。

(4) ストレッチ

痛みが治まってくるようであれば、筋肉の緊張をほぐし血行を良くするために、無理をしない程度で筋肉の曲げ伸ばしなどのストレッチをしましょう。

ストレッチで筋肉をほぐすことにより、背中の痛みの再発防止につながる可能性があります。

(5) 病院へ

安静にしていても、痛みが治まらない場合や原因で気になるようなことがあれば、病院にて相談しきちんと検査をして適切な治療法で対処しましょう。

Serious doctors looking at a set of X-ray in an office

4)左背中の痛みが続く場合に考えられる4つの病気

(1) 狭心症

左背中の痛みの症状の他に、息切れ・呼吸困難・動悸・不整脈・吐き気などを発症します。痛みは急に痛みを発症し、数分経つと痛みは無くなります。

動脈硬化が原因となることが、多いとされています。

(2) 心筋梗塞

左背中の痛みの他に、胸が圧迫されるような激痛があります。

痛みは、胸の激痛を発症する人もいれば無痛性心筋梗塞といった痛みの症状がない人もいるので、無痛性心筋梗塞の人は気づかないうちに症状が進行している可能性があるので注意が必要です。

(3) 胃炎・胃がん・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

左背中の痛みの他に、腹痛があり空腹時に痛みが発症するといったこともあります。また、夜間にしばしば起きることもあります。

胃のむかつき・胸焼け・吐き気などの症状も発症し、下血などの出血症状があるようならすぐに病院を受診する必要があります。

(4) 膵炎・膵臓がん

左背中の痛みの他に、下痢・便秘・吐き気・黄疸などがあります。

痛みの出方も、膵炎の場合食事をとると痛み、食事を取らないと痛みが弱くなる特徴があり、これは消化液により自分の膵臓が消化されることが原因です。

5)左背中の痛みが続く場合にすべき検査方法

(1) 問診(触診・視診・動診など)

(2) 血液検査

(3) レントゲン検査

(4) MRI検査

(5) 尿検査

(6) 整体学検査

左背中の痛みがあり、自分でも原因が分らない場合は、内科をまず受診して検査結果により内蔵に疾患がなければ、整形外科への受診も考えてみましょう。

内臓疾患などを放置すると重症化につながるので、背中に痛みがあれば病院にてきちんと検査しましょう。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

6)左背中の痛みが続く場合にすべき3つの治療方法

左背中の痛みが続く場合は、まず内科もしくは整形外科で検査し、異常があるようならば医療機関にて適切な治療を受けましょう。

背中の筋肉疲労・筋肉痛が原因であれば以下の様な治療法があります。

(1) シップを貼って安静

シップに含まれている薬の効果で痛みが治まるまで安静。

(2) マッサージ

マッサージ・針などで背中の痛みの症状を和らげます。

(3) 生活習慣の改善

ストレッチなどで運動不足と筋肉の緊張を解消します。また背筋を鍛えるトレーニングなどによって背中の痛みの発症を予防します。

7)左背中の痛みへの8つの予防ポイント

(1) 運動

運動不足と運動過剰は、左背中の痛みにつながります。

運動不足による身体機能の低下を防ぎ、無理をして体を傷めないためにも、運動は自分の気持ち良いと感じる範囲で行ないましょう。

運動内容も、苦手だという人や時間が取れない人でも外を軽くウォーキングや、仕事の合間のストレッチ、エレベーターを使わず階段移動などでも効果があります。

(2) 姿勢・動き

同じ姿勢で長時間いることや前かがみなどの悪い姿勢、腰などを急に曲げるなどは筋肉疲労を招き左背中の痛みにつながります。

長時間同じ姿勢でいるような時は、30分に一度はトイレ休憩をとるなど体を少し動かすと効果があります。

時間が取れない人は、イスに座ったままできるストレッチなどで首・肩・腰・目などを動かすと筋肉疲労を防ぐ効果があります。

動きにおいても、急に腰を曲げたりせず一度膝をついたりしゃがんでから行動したりや、体に保護ベルトなどを巻いておくと痛みを予防できると思います。

(3) 体型

肥満・痩せすぎはどちらも左背中の痛みにつながります。

肥満であれば自分の体重が腰や背中の負担になってしまい、またコレステロールなどが、内臓疾患の原因にもなるので肥満はよくありません。

痩せ過ぎは、体の栄養が不足している状態でその分筋肉や骨が細い可能性があります。

筋肉などが普通の人より細いことで、体を支える力が弱いため姿勢が、支えきれないことから悪くなり背中などに負担がかかります。

(4) 食生活

食生活も偏った食事をすると背中の痛みにつながります。

炭水化物・脂肪・糖質などを摂り過ぎれば肥満につながり、タンパク質の不足では筋肉の低下、カルシウム・ビタミン・ミネラルの不足は骨が弱くなり、免疫の低下などを招きます。

5大栄養素をバランスよく3食きちんと、同じ時間に摂取しましょう。

(5) 加齢を遅らせる

加齢は身体機能の低下を起こすので、背中の痛みにつながります。

老化のスピードを遅らせるためにも、規則正しい生活や適度な運動、趣味などでストレスを溜めないように、健康とされる生活を送ることが老化を遅らせることにつながります。

(6) 締め付け・体の冷え

締め付けや体の冷えは体の筋肉の緊張を招き、血行を悪くします。締め付けや体の冷えを防ぐためにも、服装に注意し腹巻きなどで体を温めるように工夫しましょう。

(7) 疲労・ストレス

疲労・ストレスは自律神経に異常をきたし痛みにつながります。またストレスは胃潰瘍などの内臓疾患にもつながります。

疲労に対しては自宅などのリラックスできる場所で休むことが大切です。ストレスは趣味に打ち込むなどで、日常生活のストレスを発散する方法を持つことが大切です。

(8) 睡眠

睡眠不足や昼夜逆転は、ストレスや疲労につながり自律神経にも良くありません。

音楽によるリラックスや適度な運動してから眠るなどで、深い質の良い眠りを毎日6時間程度はとるようにしましょう。



今回のまとめ

1) 筋肉疲労により、左背中が痛む場合は筋肉痛のような痛みを発症し、放置によりギックリ背中などを発症することもあります。

2) 左背中の痛みの原因として、運動の不足と過剰、筋肉疲労、骨の異常、内臓疾患などが考えられます。

3) 左背中の痛みへ自宅でできる対処法は、ギックリ背中であれば安静にして、患部に冷却と温めを行ない、痛みが強ければ鎮痛剤を使用し、痛みが治まって落ち着いてきたようであればストレッチを行なって筋肉の緊張をほぐし、痛みで気になるようなことがあれば病院に相談に行きましょう。

4) 左背中の痛みで考えられる病気は、狭心症、心筋梗塞、胃炎・胃がん・十二指腸炎・胃潰瘍、膵炎・膵臓がんなどが考えられます。

5) 左背中の痛みですべき検査方法として、内科、整形外科にて問診・レントゲン検査・血液検査・MRI検査・整体学検査・尿検査などがあります。

6) 左背中の痛みの治療法として、筋肉疲労が原因であれば、シップを貼って安静、マッサージ、生活習慣の改善などがあります。

7) 左背中の痛みの予防ポイントとして、日常生活の運動、姿勢や動き、体型、バランスの良い食事、加齢を遅らせる、締め付け・冷えの予防、疲労・ストレス、睡眠などがあります。