膝の診察を行う医師

運動をしていてひねって怪我をしたり、または加齢によって膝が痛くなることはよくあることです。ただ、その中でも膝の外側に痛みが現れている場合には、どのような病気や疾患が疑われるのでしょう。

今回は膝の外側の痛みの原因や対処方法をお伝えします。



膝の外側の痛みの4大原因!3つの治療方法とは


1)膝の外側の痛みの5つの代表的症状 

(1)膝の外側が腫れる 

(2)ズキズキと脈打つように痛む  

(3)膝を曲げると痛む 

(4)何もしていなくても痛む 

(5)立ち上がる際に痛む 

2)膝の外側の痛みの4大原因 

(1)オーバーユース 

膝の痛みが外側に現れる一番の原因が、ふとももの筋肉の使いすぎです。 

(2)外傷 

強い外力によって打撲や骨折、捻挫することにより痛みが出るケースです。 

(3)加齢 

年をとるともに膝の軟骨がすり減っていき、痛みが出るケースです。 

(4)尿酸 

痛風などの発作が膝に出るケースがあります。 

3)膝の痛みが外側に現れる場合に考えられる4つの病気 

(1)腸脛靭帯炎 

太ももの外側にある大腿筋膜張筋が、腸脛靭帯に移行する部分での張力によって、膝の外側に負担がかかることで症状が表れます。ランナー膝、ランナーズニーなどと言ったりします。 

(2)変形性膝関節炎 

加齢によって起こる症状です。通常は膝の内側に症状が出ますが、かばっているうちに外側にも痛みが出ることがあります。 

(3)痛風 

通常は足の指の付け根に痛みが出ることが多いのですが、人によっては膝の関節に出ることがあります。 

(4)有痛性膝蓋骨分離症 

いわゆる膝のお皿が2つ以上に割れて分離し、痛みが出るものです。生まれつきがほとんどですが、運動によって起こるケースも見られます。10代前半の児童に多く見られます。

Closeup on concerned medical doctor woman sitting in office 

4)膝の外側の痛みへの4つの対処法 

(1)休息 

運動のし過ぎで出ているような場合は、休むことによって回復を促します。 

(2)冷やす 

ズキズキと脈打つような痛みが有るような場合には、一時的に冷やすことで炎症が広がるのを防ぎます。湿布も有効です。 

(3)保温 

慢性的な膝痛の場合は、お風呂などでゆっくり温めて血行を促進することで、機能の回復を早めることができます。  

(4)圧迫 

膝の曲げ伸ばしや、立ち上がるときに痛みがある場合には、包帯やサポーターを用いて圧迫し、痛みを緩和します。 

痛みが長く続く場合や、原因が分からないのに痛む場合には自己判断せず、速やかに専門の機関を受診するようにしてください。 

5) 膝の外側の痛みが気になる場合の3つの検査方法 

(1)徒手検査 

整形外科的な検査です。腸脛靭帯炎かどうかを判別する際に行ないます。また、変形性膝関節症の場合は、水腫ができてないかを確認します。 

保険治療の範囲内で行われるので、3割負担で初診の場合1,000円ほどのところが多いようです。整形外科や整骨院で診てもらいます。 

(2)レントゲン 

骨に異常がないかや、骨と骨の間隔などを調べます。3割負担で初診の場合1,000円ほどのところが多いようです。整形外科で診てもらいます。 

(3)血液検査 

外傷によらない痛みで、通風が疑われる時には血液検査を行い、尿酸値や白血球の数値を調べます。治療費全体で5,000円ほどのところが多いようです。通常は内科で診てもらいます。 

Male Doctor writing something down

6) 膝の外側の痛みが気になる場合の3つの治療方法 

(1)外科的治療 

低周波やマイクロ波、湿布や包帯などを用いて治療します。整形外科や整骨院で一般的な治療法です。3割負担で初診の場合、1,000円前後のところが多いようです。整形外科や整骨院で診てもらえます。 

(2)鍼灸 

外科的な治療で効果が上がらない場合の選択肢の一つです。東洋医学的な見地から改善を図ります。通常は自費診療なので、3,000円~5,000円程度かかるようです。鍼灸院で施術してもらえます。 

(3)投薬治療 

痛風の場合は尿酸値を下げる薬を服用します。期間は人それぞれなのでそれによって治療費は変わってきます。内科を受診します。 

7)膝の外側の痛みへ未然にできる3つの予防ポイント 

(1)休息 

部活動をやっている児童などは、ついつい頑張りすぎて腸脛靭帯炎になってしまいがちです。運動する時には運動する、休む時は休むとメリハリをつけることが大事です。 

指導する立場にある先生やコーチも、疾患に対する基礎知識を実に付け、気合や根性だけでない科学的なトレーニングと休息を取り入れることが大事です。 

(2)睡眠 

睡眠は一番の休息法です。体の修復は寝ている間に行なわれるので、良質な睡眠が得られるような生活リズムにするとよいでしょう。 

(3)生活習慣 

痛風はもちろんですが、高齢者で膝の痛みを訴えられる方の特徴の一つに、太りすぎということが挙げられます。運動ができないくらい太ってしまう前に食生活などの生活習慣を見直すことが大事です。 



今回のまとめ 

1)膝の痛みが外側に現れる5つの代表的症状は、膝の外側が腫れる、ズキズキと脈打つように痛む、膝を曲げると痛む、何もしていなくても痛む、立ち上がる際に痛むことです。  

2)膝の痛みが外側に現れる4大原因は、オーバーユース、外傷、加齢、尿酸です。 

3)膝の痛みが外側に現れる場合に考えられる4つの病気は、腸脛靭帯炎、変形性膝関節炎、痛風、有痛性膝蓋骨分離症です。 

4)膝の外側の痛みへの4つの対処法は、休息、冷やす、保温、圧迫です。 

5) 膝の外側の痛みが気になる場合の3つの検査方法は、徒手検査、レントゲン、血液検査です。 

6) 膝の外側の痛みが気になる場合の3つの治療方法は、外科的治療、鍼灸、投薬治療です。 

7)膝の外側の痛みへ未然にできる3つの予防ポイントは、休息、睡眠、生活習慣です。