膝の検査を行う医者

膝が痛いときには、どんな原因や疾患が考えられるのでしょうか。特に膝の内側に痛み出ているときの特徴的な症状や原因、対処法や予防法をご紹介していきたいと思います。

加齢が原因のこともありますが、注射や薬を飲まなくても治る方法があるかもしれません。 



膝の内側の痛みの4大症状!原因・治療方法とは


1)膝の内側の痛みの4つの症状 

(1)運動時の痛み 

膝や関節に炎症を起こしていることで、運動時の負担が痛みを誘発します。 

(2)水腫をともなう 

膝に骨棘ができていたりすると、痛みを緩和しようと水がたまります。 

(3)ズキズキと痛む 

急激な運動などの負荷によって、膝の軟部組織(筋肉・腱・靭帯)などを損傷した場合に起こります。 

(4)捻挫による痛み 

膝の内側にある内側側副靭帯を捻挫することによって、周囲の組織に炎症を起こして痛みが出ているケースです。 

2)膝の内側の痛みの4大原因 

(1)外傷 

交通事故や転倒などによって、膝の内側を打撲した場合などに痛みが出ているケースです。 

(2)運動などの負荷 

急激な負荷、慢性的な負荷を問わず、膝の内側につながる筋肉を傷めることによって痛みが出ているケースです。 

(3)加齢 

年をとるとともに、膝の関節が徐々に変形していき、痛みが現れることがあります。 

(4)捻挫 

膝の関節が変な方向にねじられることで、靭帯(内側に痛みが出る場合には内側側副靭帯)を損傷することにより痛みが生じているケースです。 

doctor with male patient

3)膝の内側の痛みで考えられる3種類の病気 

(1)変形性膝関節症 

加齢によって徐々に膝関節が変形していき、痛みが現れる疾患です。膝に水がたまっている場合には、この疾患である場合が多いようです。 

(2)鵞足炎 

別名ランナー膝やランナーズニーといわれ、長距離走の選手などによく見られる疾患です。膝の内側には筋肉や腱が集まっている場所(鵞足包)があり、そこが炎症を起こすことによって痛みが生じます。 

(3)半月版損傷 

半月版といわれる軟骨組織で出来たクッションの役割を果たしている組織が、耐え切れないほどの衝撃を受けることで損傷して痛みが出ます。スキーヤーなどによく見られます。 

4)膝の内側の痛みへの4つの対処方法 

(1)冷やす 

怪我をした直後など、炎症の初期段階では患部をアイシングなどして冷やすことで、炎症が広がるのを抑えます。 

(2)挙上 

患部を心臓より高く保つことで、血液の流入を抑制し、炎症が広がるのを防ぎます。 

(3)圧迫 

ズキズキと晴れて痛むような場合には、包帯やサポーターなどを用いて圧迫することで、痛みの感覚を緩和することが出来ます。 

(4)保温 

急性期の1,2日が経過したら、今度はどんどん温めます。血液の循環をよくすることで、回復を早めることが期待できます。 

いずれにせよ、膝の内側に痛みが出ている場合には、自己判断をせずに専門家の意見を仰ぎましょう。早めに整形外科や整骨院に行くことで、早期回復が可能になってきます。 

5)膝の内側の痛みが気になる場合の3つの検査方法 

膝の内側に傷みが出ているような場合には、まず整形外科か整骨院を受診しましょう。 

(1)徒手検査 

整形外科的な検査ともいいます。手を用いて関節の動きや可動制限などを見て、症状や疾患を特定していきます。3割負担の場合、初診料と治療費込みで1,200円程度のところが多いようです。 

(2)レントゲン 

患部に骨折がないかや、骨の状態がどうなっているかを調べます。整形外科で診てもらえます。費用は1,000円程度のところが多いようです。 

(3)エコー検査 

超音波を用いて、患部がどうなっているのかを調べます。整骨院の場合は治療費に含まれることが多いようです。 

Stethoscope in hands

6)膝の内側の痛みが気になる場合への4つの治療方法 

膝の内側の痛みの治療は、主に整形外科や整骨院で行います。あまり長期に渡って痛みが続くような場合には、鍼灸や整体なども検討すると良いでしょう。

費用は個人差が多いので、治療院の先生に相談すると良いでしょう。 

(1)電気治療 

保健治療の基本的な療法です。低周波や緩衝波、マイクロ派などで患部への血液やリンパの流れをよくして、症状の改善を図ります。 

(2)罨法 

急性期には冷やして、慢性期にはあたためる、保険適用内で行われるもう一つの治療法です。 

(3)リハビリ 

筋力が衰えて膝が支えられなくなっている場合には、リハビリを行って患部周囲の筋肉を強化していきます。 

(4)湿布や包帯 

急性期に痛みが強かったり、動かすことによって痛みが出る場合には、消炎鎮痛効果のある湿布を張ったり、包帯やサポーターで圧迫する方法がとられます。 

7)膝の内側の痛みへの3つの予防ポイント 

(1)ストレッチ 

筋肉が固いと、同じような負荷が掛かってもケガをしやすいので、日頃からストレッチを行って、筋肉の柔軟性を確保することが大事です。 

(2)休養 

特に部活動をやっている児童に多いのですが、痛みがなくなると完全に治りきっていないのに部活に復帰して、また傷めるという悪循環がよく見られます。

指導者の方が「休むのも練習のうち」と言い聞かせて休ませることが大事です。 

(3)筋トレ 

膝の内側に傷みが出る場合には、前や横の筋肉とのバランスが悪いケースが多々あるので、膝の内側の筋肉を鍛えるようにしましょう。 



今回のまとめ 

1)膝の内側の痛みの4つの症状とは 

2)膝の内側の痛みの4大原因 

3)膝の内側の痛みで考えられる3種類の病気 

4)膝の内側の痛みへの4つの対処方法 

5)膝の内側の痛みが気になる場合の3つの検査方法 

6)膝の内側の痛みが気になる場合への4つの治療方法 

7)膝の内側の痛みへの3つの予防ポイント