患者の手を握る医者

手がしびれる経験は誰にでもあるのではないでしょうか。たいていの場合は短時間で収まるので、それほど深刻に考えないことが多いですが、疾患のサインであることも。

今回は手のひらのしびれの原因・病気・対処法・治療法などをお伝えします。



手のひらのしびれ3大原因!病気の可能性とは


1)手のひらのしびれの初期・中期・後期の3つの症状

(1)短期間で消失

手のひらがなんとなくしびれるな、という症状が出ますが、正座した後の足のしびれと同様、わずかな時間で自然に消えてなくなります。感覚障害もほとんどありません。

(2)慢性化

手のひらがピリピリチクチク痛むという症状が長時間、しばしばあらわれ始めます。痛みが気になり始めるのはこの中期からです。

(3)機能障害

後期になると手にしたコップを取り落とす、糸を縫い針に通すなどの巧緻動作ができない、感覚が鈍磨してくるなど、日常生活に影響が出始めます。

2)手のひらのしびれの3大原因

(1)神経圧迫

脳から手のひらに至る神経のどこかで、何らかの原因で神経圧迫が起きている場合です。

(2)血行不良

血液の循環が悪くなり栄養状態が低下すると、回復させるためにそこに血液を送ろうとする作用が働きます。その時にしびれが現れます。これは、正座をした後に足がしびれるのと同じメカニズムです。

(3)脳障害

脳梗塞などがしびれが出るケースです。

3)手のひらのしびれへ自分できる3つの対処法

(1)安静

正座の後に足がしびれた場合と同様に、手のひらのしびれの場合もたいていは、ある程度の時間が経過することにより消失してきます。

(2)保温

手のひらにしびれが出る原因が分かっている場合には、該当する筋肉を温めることで神経圧迫を解消します。

(3)ツボ

曲池、少府、大陵といった手にあるツボを刺激することで、手のひらのしびれが軽減できることがあります。

上記の方法はあくまでも原因が分かっている場合に行って下さい。原因が分からないのに手のひらのしびれが長く続く場合には、速やかに医療機関を受診するようにして下さい。

Medical doctor woman looking in clipboard

4)手のひらのしびれで考えられる6種類の病気

(1)頚椎椎間板ヘルニア

首の骨と骨の間にある椎間板というクッション部分が圧迫されることで、髄核が飛び出して神経を圧迫することにより手のひらのしびれが現れます。

(2)変形性頚椎症

不良姿勢や加齢によって、頚椎のアーチがなくなってきたり変形したりすることが原因で起こります。

(3)胸郭出口症候群

左右のの付け根の前外方には腕神経叢という、腕に行く神経の束があります。ここが何らかの原因で圧迫されることによって手のひらのしびれが現れます。

(4)脳疾患

脳梗塞をはじめとする病気が原因で手のひらのしびれが現れるケースです。

(5)手根管症候群

手を使う仕事の特に女性に多くみられる症状です。手首の真ん中にある手根管という部分が圧迫されて手のひらのしびれが現れます。

(6)肘部管症候群

尺骨神経沿いにある肘部管が外傷などによって圧迫されることで起こります。特に手のひらの小指側に症状が出るのが特徴です。

5)手のひらのしびれが続く場合にすべき3つの検査方法

一般的にしびれがある場合には神経内科を受診します。その結果、原因が判明したら専門の科で治療を行うことになります。

(1)レントゲン

骨に原因があるかどうかを調べます。3割負担で1,000円程度の所が多いようです。

(2)徒手検査

整形外科的検査です。関節の可動域や筋肉の反応などから神経症状を探ります。

(3)MRI検査

神経圧迫が起きている場所を画像から判断します。3割負担で6,000円から12,000円程度の所が多いようです。

medical staff discussing mri results during procedure

6)手のひらのしびれが続く場合にすべき4つの治療法

神経内科の検査で原因が判明したら、専門の科で治療を行うことになります。費用は症状の程度や治り方によってまちまちなので、かかりつけのお医者様に相談するとよいでしょう。

(1)投薬治療

血液の流れを良くするなどの目的で薬が処方されます。

(2)手術

外傷、特に骨折による神経圧迫、または重篤な脳疾患がある場合には手術という選択肢も取られます。

(3)リハビリ

脳梗塞の後遺症でしびれがるような場合、筋肉を刺激することで脳へアプローチするリハビリテーションを行います。

(4)整形外科的治療

神経圧迫が筋肉由来の場合には、該当する筋肉を温めたり緩めたり、電気刺激を与えたりして症状の改善を図ります。

7)治療後の予後とは

手のひらのしびれの予後ははっきり言って良いとは言えないのが現状です。仮に手術をしたとしても、一時的にしびれや痛みが取れても時間が経つと再発するケースが多々見られています。

また、病院での検査も万能ではありません。原因が分からないとストレスや加齢で片づけられてしまうことが多く、根本治療が難しいのが現状です。

結局は生活習慣や運動習慣の見直しを含めた、自己治癒力の向上が大事になってきます。それでも残念ながら発症してしまった場合にはリハビリも含めて治療にあたります。

リハビリの目的は筋肉を刺激して脳を活性化させることです。筋肉を動かさないと脳も活動してくれません。地道で大変ですが、頑張った分だけ脳は応えてくれます。

8)手のひらのしびれへ未然にできる4つの予防習慣

(1)生活習慣

規則正しい生活でリズムを作りましょう。

(2)食習慣

体べ物でできています。不具合がある時は食事を見直しましょう。

(3)運動

適度な運動により血行の促進を図りましょう。

(4)睡眠

寝ることに勝る休養はありません。



今回のまとめ

1)手のひらのしびれの初期・中期・後期の3つの症状

2)手のひらのしびれの3大原因

3)手のひらのしびれへ自分できる3つの対処法

4)手のひらのしびれで考えられる6種類の病気

5)手のひらのしびれが続く場合にすべき3つの検査方法

6)手のひらのしびれが続く場合にすべき4つの治療法

7)治療後の予後とは

8)手のひらのしびれへ未然にできる4つの予防習慣