肩甲骨の痛みに悩む女性

「肩甲骨の周りがしびれて痛い・・脳に何か問題があるのだろうか」と心配になってしまうこともありますね。しかし肩甲骨のしびれの場合、ほとんどの場合が首に起因します。

直ちに脳の問題というケースはかえって稀です。今回は肩甲骨がしびれる原因・病気の可能性・治療方法をご紹介します。



肩甲骨のしびれの5大原因!検査・治療方法とは


1)肩甲骨のしびれの6つの代表的症状 

(1)痛みをともなう 

(2)腕を動かすと痛い 

(3)腕が上がりづらい 

(4)手に脱力感を感じる 

(5)冷たい感じがする 

(6)片方だけ、または両方しびれる 

2)肩甲骨のしびれの5大原因 

(1)神経 

首から肩甲骨へ伸びる神経がなんらかの原因で圧迫されることによって、肩甲骨周囲にしびれが出ている可能性があります。 

(2)血液 

血液の循環が悪くなることによって、肩甲骨周囲のしびれとともに、冷たい感じを覚えることがあります。 

(3)筋緊張 

肩甲骨周囲の筋肉が疲労などの原因で硬くなることによって、肩甲骨周りにしびれが出たり、痛みをともなったりします。 

(4)加齢 

年をとることによって頚椎(首の骨)が変形することによって神経圧迫を起こし、しびれが出ることがあります。 

(5)外傷 

交通事故などが原因によるムチウチのような疾患の場合にも、肩甲骨周りがしびれることがあります。

Medical doctor woman looking in clipboard 

3)肩甲骨のしびれへの3つの対処方法 

(1)マッサージ 

筋肉の緊張によっしびれが起こっている場合には、マッサージ屋さんなどでほぐしてもらうと良いでしょう。姿勢が悪い人には整体もお勧めです。 

(2)入浴 

お風呂に入ってしっかり温まることで、肩甲骨周囲の緊張を緩和します。また、副交感神経の働きを高めることで、身体の回復機能も向上します。 

(3)ストレッチ 

肩甲骨周りの動きがなくなってくると、四十肩や五十肩につながります。特にデスクワークの方は、しっかりストレッチするように心がけましょう。 

ただし、しびれが一時的なもの(朝だけとか夕方だけなど)の場合はいいのですが、あまりにも頻繁にしびれたり、痺れが長く続く場合には自己判断せず、医療機関を受診するようにしましょう。 

4)肩甲骨のしびれが続く場合に考えられる4種類の病気 

(1)頚椎椎間板ヘルニア 

首にヘルニアができることで神経を圧迫して、腕や肩甲骨周囲がしびれるケースです。ストレートネックの人に多く見られます。 

(2)変形性頚椎症 

加齢などが原因で起こりますが、比較的珍しいケースです。しびれのほかに、手に力が入りにくいなどの症状が現れます。 

(3)自律神経失調症 

自律神経のバランスが乱れると、さまざまな症状が現れますがしびれもその一つです。ただ、日によって症状が違う(不定愁訴)という特徴があります。 

(4)肩関節周囲炎 

四十肩・五十肩などのことをこう呼びます。肩周りの筋肉が硬くなり、可動性が低下することでしびれが出やすくなります。 

5)肩甲骨のしびれが気になる場合にすべき4つの検査方法 

(1)レントゲン検査 

X線撮影によって、首の骨の状態などを調べます。3割負担で1,000円ちょっとのところが多いようです。整形外科で診てもらいましょう。 

(2)MRI検査 

レントゲンには映らない神経などの状態を画像で確認します。ヘルニアなどの判別に有効です。3割負担で10,000円前後のところが多いようです。やはり整形外科を受診しましょう。 

(3)問診 

自律神経失調症やうつなどの心因性の疾患の場合には、まず問診で症状や患者さんの状態を確認します。初診の場合3割負担で3,000円から4,000円といったところが多いようです。心療内科を受診しましょう。 

(4)徒手検査 

整形外科や整骨院で徒手を用いて関節の可動域などを確認して、疾患を判別する方法です。治療費と込みで3割負担で初診1,200円くらいのところが多いようです。 

Serious doctors looking at a set of X-ray in an office

6)肩甲骨のしびれが気になる場合にすべき5つの治療方法 

肩甲骨のしびれの場合は、大抵、整形外科か整骨院を受診します。慰安目的なら整体やマッサージ屋さんも良いでしょう。心因性の場合には心療内科を受診します。 

治療費や治療期間は症状の程度や年齢など、個人差が大きいので一概には言えません。担当のお医者様に「予後は?」と聞いてみましょう。 

(1)投薬治療 

痛みを抑える薬や神経の流れをよくする薬、また心療内科の場合には抗不安薬や精神安定剤などの薬が処方されます。  

(2)整形外科的治療 

低周波やマイクロ波、緩衝波などの各種電気治療で血行を促進したりリンパの流れをよくします。また、頚部の牽引によって神経伝達をよくしたり、必要があればテーピングなども行います。 

(3)カウンセリング 

自律神経失調症やうつなどの場合に、薬をなるべく使いたくない人はカウンセリングという方法もあります。ただ、治療目的のカウンセリングは保険が適用されないので、費用が割高になります。 

(4)手術 

椎間板ヘルニアの状態によっては手術療法を薦められることがあります。 

(5)マッサージ 

肩甲骨周囲の筋緊張によりしびれが出ている場合には、マッサージ屋さんや整体で施術をしてもらうことも有効です。 

7)肩甲骨のしびれへ未然にできる3つの予防ポイント 

(1)休息 

肩甲骨周りは疲労とストレスのたまるポイントでもあります。日頃の疲れを入浴やレジャーで解消するようにしましょう。 

(2)適度な運動 

ウォーキングやジョギングなどで全身の血流を改善することで、身体免疫機能をため、症状の早期回復を目指しましょう。 

(3)姿勢の改善 

肩甲骨まわりのしびれは首から来ていることが多いです。姿勢が悪くなるとストレートネック気味になり、首由来の症状が出やすくなるので、良い姿勢を保つ努力をすることが大事です。 



今回のまとめ 

1)肩甲骨のしびれの6つの代表的症状とは 

2)肩甲骨のしびれの5大原因 

3)肩甲骨のしびれへの3つの対処方法 

4)肩甲骨のしびれが続く場合に考えられる4種類の病気 

5) 肩甲骨のしびれが気になる場合にすべき4つの検査方法 

6) 肩甲骨のしびれが気になる場合にすべき5つの治療方法 

7)肩甲骨のしびれへ未然にできる3つの予防ポイント