ランニングで膝を痛めた女性

ランニングをしていて膝が痛くなることって、運動をした経験のある人ならよくあることではないでしょうか。膝の痛み方によって原因は異なります。

今回は特にランニングによる膝の痛みの原因・症状・考えられる病気・対処法などをご紹介します。



ランニングの膝の痛みの3大原因!症状・対処方法とは


1)ランニングの膝の痛みの5つの症状 

(1)走る時に痛みが出る場合 

典型的なランナーズニーの症状です。オーバーユース(使い過ぎ)により、筋肉が硬直してしまっているような場合に起こります。 

(2)何もしていなくても痛い場合 

膝に関係する筋肉や靭帯、腱などを損傷しているような場合です。急激な負荷でけがをしたことが原因になることもあれば、痛いのを我慢して走っていた場合にも起こり得ます。 

(3)膝を曲げたり伸ばしたりするときに痛い場合 

曲げたり伸ばしたりしていたい時には、膝にくっついている筋肉の緊張が考えられます。特に大腿四頭筋が固くなっている場合に顕著です。 

(4)膝の内側が痛い場合 

高齢者の場合には変形性膝関節症が疑われるのですが、ランニングを習慣にしている人であれば鵞足炎の可能性が考えられます。 

(5)膝の外側が痛い場合 

ランナーズニーの典型的な症例が腸脛靭帯炎ですが、その場合に膝の外側に痛みが現れます。 

2)ランニングの膝の痛みの3大原因 

(1)オーバーユース 

筋肉の使い過ぎが原因で起こっているケースです。特に、小学生や中学生の成長期には、骨の成長に筋力が追いつかなくて痛みが出ることがあります。休むことも練習のうちだと教えてあげる必要があります。 

(2)外傷 

ランニング中に転倒したり、自転車などとぶつかったりして痛みが出るケースです。また、外力だけでなく、避けようとして膝をねじったりして起こることもあります。 

(3)準備運動不足 

特に冬の寒い朝などに起こりやすいのが、ウォーミングアップをしっかり行わないでいきなり走りだしたりするケースです。 

3)ランニングの膝の痛みので考えられる3種類の病気 

(1)腸脛靭帯炎 

いわゆるアンナー膝やランナーズニーと言われるもので、大腿骨の上部にある大腿筋膜張筋が腱に移行して膝の外側にくっつくあたりに、ランニング中やランニング後に痛みが出ます。また、圧痛が見られることもあります。 

(2)膝蓋腱炎 

太ももの筋肉が腱に移行して膝の骨にくっつくのですが、筋肉のけん引力が強かったり、筋緊張が強かったりすることで、炎症を起こす疾患です。 

(3)鵞足炎 

一般的にはサッカーやラグビーやバスケットボール、またスキーやスノーボードなどのスポーツに多くみられますが、陸上選手が発症することもあります。 

Manipulative nurses have confirmed a woman's joint

4)ランニングの膝の痛みへの4つの対処方法 

(1)休息 

ランニングのし過ぎによって痛みが出ているような場合には、まず痛みの原因となるランニングを休むことが大事です。

特に部活をやっている児童などは自分で判断ができずに無理をしてしまいがちなので、周りの指導者や親などがやめさせるように指導する必要があります。  

(2)冷やす 

ランニング後に痛みがひどいような場合には、濡らしたタオルや氷を入れた袋、またはエアーサロンパスのようなもので一時的に冷やします。

ただし、冷やすのは炎症が広がらないようにするためなので、その後は温める治療に切り替えます。 

(3)挙上 

アイシング同様、炎症が広がるのを防ぐために、膝の位置を心臓より高くして休みます。膝の裏にクッションなどを置いてあおむけで寝るとよいでしょう。 

(4)圧迫 

ランニング中に痛みがある場合は本来、運動を中止すべきですが、どうしても走らなければいけない場合にはサポーターやテーピングで圧迫するとよいでしょう。 

5)ランニングの膝の痛みへの3つの検査方法 

ランニングをしていて膝が痛いような場合には、整形外科か整骨院を受診するとよいでしょう。初診料と治療費込みで、3割負担の場合、1200円程度のところが多いでしょう。

整形外科の場合は、検査をすると別途費用が発生します。 

(1)レントゲン検査 

X線を用いて、骨に異常がないかを調べます。3割負担で1000円程度です。 

(2)徒手検査 

手を用いて、膝の関節の可動域や、動作の確認を行います。整形外科的な手法です。費用は治療費に含まれることが多いです。 

(3)エコー検査 

超音波を用いて、体の内部を検査します。レントゲンが使えない整骨院では、一般的な検査法です。検査費用は治療費に含まれることが多いです。 

Closeup on medical doctor woman explaining something

6)ランニングの膝の痛みへの3つの治療方法 

(1)電気治療 

低周波やマイクロ波、緩衝波などの電気的刺激を与えることによって、患部周辺の血液やリンパの流れを良くします。それによって、自然治癒力を高めます。 

(2)シップ 

痛みがひどい場合には、一時的に消炎鎮痛剤の入った湿布を貼ることで、痛みを遠ざけることが可能です。 

(3)テーピング 

本来は膝が痛ければ休むのが一番なのですが、どうしても競技会に出なければいけないなどの事情がある場合には、テーピングなどで対処します。 

7)ランニングの膝の痛みへ未然にできる3つの予防習慣 

(1)ストレッチ 

膝の痛みは体が固いことに依っても起こるので、日頃から筋肉に柔軟性を持たせるべく、ストレッチングを行うようにするとよいでしょう。 

(2)休養 

体を回復させるには休養が一番です。走る時は走る、休む時は休む。そのメリハリが大事です。 

(3)生活習慣 

人間の身体は食べ物からできています。だから、食事を見直すことはケガのリスクを下げることにつながります。 



今回のまとめ 

1)ランニングの膝の痛みの5つの症状 

2)ランニングの膝の痛みの3大原因 

3)ランニングの膝の痛みので考えられる3種類の病気 

4)ランニングの膝の痛みへの4つの対処方法 

5) ランニングの膝の痛みへの3つの検査方法 

6) ランニングの膝の痛みへの3つの治療方法 

7)ランニングの膝の痛みへ未然にできる3つの予防習慣