足首の痛みを確認する男性の医師

無理な運動もしていない、転んでもいないのに足首が痛い時ってありますよね。大した痛みじゃない場合が多いので放っておく人がほとんどです。

その足首の痛みは何でしょうか。足首の痛みの原因・症状・対処法を知っておくと悪化を防ぐ事が出来ますのでお伝えをさせて頂きます。



足首の痛みの4つの原因!症状・対処方法とは


1)足首の痛みの5つの症状

足首が痛いと言ってもどのように痛みが出ているかで原因が違います。危険な痛みもありますので放っておいても良いのか参考にしてみて下さい。

(1)見た目は何ともないのに痛い

腫れも無く、赤くもなっていないのに痛い。この場合は病院へ行ってレントゲンをとっても異常がない場合があります。

原因は体のバランスが崩れてしまって起きる痛みです。女性の方だと、むくみが酷い方は腫れも無く、足首に痛みが出る場合があります。

(2)足首の内側が痛い

足首の内側が痛い場合には腱鞘炎等の可能性があります。腱鞘炎は手首等が有名ですが、足首にも起きます。硬い所を歩いた事により、足に負担がかかり起きる場合が多いです。

(3)足首の外側が痛い

足首の外側が痛い場合は捻挫が多いです。無理な方向に曲げたり等の覚えがあるんじゃないでしょうか。腫れたり、赤くなったりも見られる事が多いです。

押しても痛みがあるのが特徴です。

(4)足首の前側の痛み

合わない靴やヒールの高いパンプスを履く事で痛みが出る場合があります。足に負担がかかっているので自分に合う靴を履くと改善されます。

(5)足首の後ろ側の痛み

特にアキレス腱ののある個所の場合はアキレス腱の断裂の場合もあります。強い痛みがありますが、アキレス腱は断裂しても歩ける場合もあるので気が付かない方も多いです。

痛む場所により原因が違ってきます。特に注意が必要なのは、腫れていたり、激しい痛みがある場合です。その場合には無理をせずに病院へ行きましょう。

2)足首の痛みの4大原因と病気

(1)捻挫

無理な方向に曲げてしまった時や、転んだ時に起きやすいです。足首の構造上内側に大きく動くので内側にひねって捻挫をしてしまう事が多いです。

捻挫は軽いものから重症なものまで素人判断で放置すると悪化し後遺症が残る事もあります。

(2)疲労骨折

実際に骨折が起きている状態ではなく、同じ個所に負担がかかる事で痛みが出る状態の事を言います。激しい運動を行う方に多い症状で外傷がないのに足首が痛い時には疲労骨折の可能性があります。

外傷がなく足首に痛みがある時には運動を中止した方が良いです。

(3)アキレス腱炎

アキレス腱を使い過ぎたりすると痛みが出ます。初期の場合では起きて直ぐや運動をした後に痛みが出たり、アキレス腱を押した時に激しい痛みが出ます。

悪化したら動かす事も困難になり激しい痛みが続きます。

(4)後脛骨筋腱機能不全症

サイズの合っていない靴を履く事や急な体重の増加、運動量が急に増えたことで足首に負担がかかり痛みが出ます。

特に中高年の女性に多く、足首の内側に痛みがでます。酷くなると足首の内側だけじゃなく、外側にも痛みは広がります。

初期は痛みもあまりなかったりするので、放置しがちですが、悪化すると後遺症が出る場合もあるので足首の痛みが続く場合には無理はしないようにしましょう。

Closeup on medical doctor woman explaining something

3)足首の痛みへの4つの対処方法

(1)捻挫の場合

・安静

捻挫した時には悪化しないように安静にします。

・冷やす(アイシング)

痛みをとったり、炎症を抑える為に患部を冷やします。

・心臓よりも高い場所に足を上げる

腫れや内出血を防ぐ為に行います。テーピングの知識がある時にはテーピングで圧迫する事で同じ効果が得られます。

(2)疲労骨折の場合

・安静

疲労骨折の場合は我慢できる痛みが多いので気が付かない人も多いです。痛みが長引く時には運動を中止して安静にして下さい。

(3)アキレス腱炎の場合

・安静

アキレス腱に負担をかけないように運動を中止し安静にした方が良いです。無理をすると悪化してしまいます。

・冷やす(アイシング)

アキレス腱を痛めた直後は患部を冷やします。冷やす事で炎症を抑える事が出来ます。

・温める

温める場合には足の痛みが引いた時に行います。血行を良くする事で自然治癒力を高めます。自宅で行う場合は足湯がおすすめです。

(4)後脛骨筋腱機能不全症の場合

・安静

足首の内側の痛みが激しい時には安静にします。無理をして負担をかければ悪化します。

・冷やす(アイシング)

炎症を抑えるために患部を冷やします。足首が痛い場合に行う事は、安静と冷やす事。安静にしていないと悪化しますし、冷やすと炎症を抑える事が出来るので痛くなったら行って下さい。

4)足首の痛みへの4つの検査方法と治療

(1)捻挫

・検査方法

捻挫だと思っていたら骨折していたケースもあるので問診や触診後にレントゲンえお撮ります痛みが酷い場合には、MRIを行いじん帯や腱に異常がないかを確認します。

・治療

痛みを抑える為に湿布薬や痛み止めが処方されます。固定が必要な場合には医師の判断でテーピングやサポーターを進められる時があります。

(2)疲労骨折

・検査方法

問診や触診後にレントゲンやMRIを行います。実際に骨折している訳ではないので画像にうつらない場合が多いです。

・治療

疲労骨折の治療は、まずは安静です。スポーツを行っている方は痛みが治まるまでは運動を中止した方が良いです。痛みが取れてからリハビリを開始します。完治までは数ヶ月かかります。

(3)アキレス腱炎

・検査方法

問診や触診後にレントゲンやMRIで検査をします。

レントゲンでは診断がつかない場合も多いですが、MRIでは腱が膨らんでたりするのでレントゲンよりも詳しく分かります。

・治療

アキレス腱炎の場合には痛みを抑える為に湿布薬や痛み止めが処方されます。一番の治療は安静なので運動も止められます。

(4)後脛骨筋腱機能不全症

・検査方法

問診、触診で後脛骨筋腱に腫れがないかを調べます。足の指の動きや足の指の方向を確認します。他にもレントゲンやMRIでも状態を確認します。

・治療

初期の場合には安静が一番です。痛みがある場合には痛み止めや固定を行う時もあります。

後脛骨筋腱機能不全症の場合には足底版療法というのも有効で足底板の機能が優れた靴を履いたり、オーダーメイドで作る事で痛みを軽減したり、悪化を防ぎます。

足首の痛みの場合には整形外科を受診します。問診や触診後には確認の為にレントゲンやMIRをとります。放っておくと悪化し治療も長引きますよ。

Doctor and surgeon looking at a computer

5)足首の痛みへ未然にできる予防習慣とは

足首が痛くならない様にするにはどうしたらいいのでしょうか。簡単に出来る予防方法を紹介します。

(1)ストレッチ

足首が痛くならないために運動の前にはストレッチを行いましょう。椅子に座った状態で足の甲を反らせて、また戻す。

これだけでも筋肉が緩むので足首を痛める可能性が少なくなります。

(2)下半身を鍛える

スクワットをする事でハムストリングスや大腿四頭筋は鍛えられるので足首の痛みを予防できます。

(3)自分に合った靴をはく

自分に合った靴を履く事で足首の負担が減ります。外反母趾になると痛みが出る場合もありますが、自分に合った靴を履く事で外反母趾も予防できます。

(4)体重を急激に増やさない

体重が急激に増える事で足首への負担も大きくなります。また、急に増えた体重を減らそうとウォーキングを始めると足を着地する時にかなりの負荷がかかります。

体重が増えた時には歩き方やウォーキングをする時の靴にも気を使ってください。



今回のまとめ

1)足首の痛みの5つの症状

2)足首の痛みの4大原因と病気

3)足首の痛みへの4つの対処方法

4)足首の痛みへの4つの検査方法と治療

5)足首の痛みへ未然にできる予防習慣とは