Doctors meeting

膝は誰でも痛めがちな箇所です。年齢を重ねるに連れ、徐々に傷みやすくなります。そんな膝は、曲げると痛い場合でも、様々な症状や原因、病気があります。

今回は膝を曲げると痛い症状の原因・対処方法をお伝えします。



膝を曲げると痛い5大原因!5つの病気の可能性とは


1)膝を曲げると痛い場合の症状とは

(1)膝全体が痛む

スポーツや仕事などで、膝を使い過ぎると膝を曲げると痛いだけではなく、膝全体が痛くなることがあります。

(2)膝が腫れる

同じく、膝を使いすぎることによって、膝が腫れることがあります。

(3)膝の動きに異常

膝がこわばって動かしにくい、引っかかる感じがするなどがあります。

(4)膝の不安定感

膝がぐらついたり、力が入らないなどがあります。

(5)水が溜まる

皿を押した時に、何かが入っているような感じがしたり、不快感があります。

(6)音がする

膝を動かした時に、音がすることがあります。

(7)コブができる

膝の周辺に骨のような硬いコブが出来ることがあります。

(8)膝の皿が痛む

膝の皿が痛んだり、違和感があることがあります。

2)膝を曲げると痛い場合の5大原因

(1)膝の使いすぎ

スポーツや仕事、家事で膝を使い過ぎると。痛める原因になります。

(2)運動不足

運動不足だと、ちょっとした負担が原因で膝を痛めることになります。

(3)肥満

肥満だと、普通に歩いているだけなのに、膝に負担がかかってしまいます。

(4)不適切な姿勢

姿勢が悪いと、膝への負担が大きくなります。

(5)事故による怪我

事故によって膝が痛くなることはわかると思います。注意しなければいけないのは、年をとってから痛み出すこともあることです。

3)膝を曲げると痛い場合に考えられる5種類の病気

(1)鵞足炎

膝の内側にある鵞足という部分が炎症をおこすことです。腱と骨が擦れる部分なので炎症が起きやすいのです。繰り返し負担をかける運動をすることで、炎症が起きやすくなります。

急に発症したような軽症の場合には、膝を休めることで自然に回復していきます。再発することが多いので注意が必要な病気です。

(2)内側側幅靭帯損傷

症状が軽いものは、捻挫と呼ばれています。曲げると痛みがあるだけではなく、腫れも出てきます。

(3)半月板損傷

内側の半月板は外側の半月板より傷みやすいです。捻挫を放置していると、内側の半月板を痛める可能性があります。半月板の損傷は、安静にすることで改善に向かいます。

しかし、症状によっては、ステロイド剤の注入などを行うこともあります。慢性化している場合は、手術をすることもあります。

(4)変形性膝関節症

日本人にとても多い症状です。肥満や加齢が原因となって、関節部分がすり減ってしまい、痛みが起こります。日本人はO脚が多いため、内側の軟骨がすり減りやすくなります。

この場合は、安静にしていると筋力が落ちてしまい逆効果になってしまいます。そのため、傷まないように気をつけながら、筋肉を動かすと良いでしょう。

(5)腸脛靭帯炎

膝の外側に痛みを伴うのが、腸脛靭帯炎です。長距離ランナーなど、外側に体重をかける人に多く発症します。腸脛靭帯炎の場合は、患部を冷やすことが重要です。

Women being treated for leg at Osteopathic Council

4)膝を曲げると痛い場合への対処方法

(1)無理に歩かない

膝が痛い場合には、無理して歩かないようにしましょう。歩いてしまうと、悪化してしまいます。このような場合は、テーピングを巻いたり、サポーターをつけたりするのが良いでしょう。

(2)腫れたら冷やす

膝が炎症を起こしていると、腫れることがあります。もし、腫れてしまったら、冷やすことで熱を取ることができます。

5)気になる場合にすべき検査方法

(1)問診・視診・触診

まずは、「問診・視診・触診」で膝の痛みの原因を特定します。この時点で原因を特定する場合もあります。問診とは、医師が患者にいくつか質問をして状況を把握する方法です。

視診は、医師が目で見て異常がないか確認をすることです。触診とは、医師が手で触って異常がないか確認をする方法です。

これらのことを行い、さらに検査が必要だと判断された場合には、以下の検査方法があります。

(2)血液検査

腕から注射器で血液を採取します。炎症反応があるかないかを調べ、原因を特定します。

(3)関節液検査

膝に水が溜まっている場合は、注射をし、関節液を採取して色を見ます。その時の色によって、どのような病気なのか特定することができます。

(4)画像検査

X線(レントゲン)、MRI、CTなどを使い、膝内部の画像を見て確認します。画像検査の方法により、分かる部分も変わってきます。

(5)生体組織診断

専用の細い針を使い、病気に侵されている細胞の組織の一部を採取して顕微鏡で調べる方法です。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

6)気になる場合にすべき治療方法

(1)薬物療法

痛みが取れなかったり、炎症が起こっている場合には鎮痛剤を使うことがあります。薬の形態には、内用薬だけではなく、座薬や外用薬、注射などもあります。

(2)装具療法

器具を膝周辺に取り付け、膝の痛みや負担を軽くする療法です。サポーターやコルセット、杖、足底板などがあります。

(3)温熱療法

患部を温め、血流を良くして治療に当たる方法です。ホットパックや、電気・超音波を使った専用機器を使用します。

(4)運動療法

膝を動かす運動などを行い、膝周りの組織の強化を行います。激しい痛みの場合は、安静にすることが大事ですが、動かせるようになったら、無理のない範囲で行っていきます。

(5)手術療法

上記の方法でも、改善が見られない場合は、手術を行うことがあります。患者の状態によって、どんな手術をするかは異なります。

7)膝の痛みへ未然にできる予防習慣とは

(1)正しい歩き方を習慣づける

正しい歩き方を心がけるだけで、自然と筋力がつき、膝の痛みの予防になります。脚を出した時に膝がまっすぐになるくらいの歩き方が正しい歩き方です。

また、歩幅が狭く、脚を出した時に膝が曲がっているのは悪い歩き方です。

(2)筋肉トレーニング・体操

足を中心とした筋肉トレーニングや体操で、予防をします。決して激しい運動やトレーニングをする必要はありません。激しい運動は予防どころか、膝を痛めてしまう原因になります。

(3)正しい食生活

規則正しく、同じ時間に食事をとり、栄養バランスの良い食事にすることです。食べ過ぎ、飲み過ぎは良くありません。

肥満のもととなり、肥満になると膝への負担が大きくなります。そのようなこともあり、食事には十分に気を使うようにしてください。



今回のまとめ

1)膝を曲げると痛い場合の症状とは

2)膝を曲げると痛い場合の5大原因

3)膝を曲げると痛い場合に考えられる5種類の病気

4)膝を曲げると痛い場合への2つの対処方法

5)気になる場合にすべき検査方法

6)気になる場合にすべき治療方法

7)膝の痛みへ未然にできる予防習慣とは