Exercise for lower limb

たまに今日は足がだるいと感じたことはありませんか。それはもしかしたら、思わぬ病気のサインかもしれません。日常生活する中で足のだるさを経験したことがある人は多いはず、

今回は足がだるい場合の症状の原因・考えられる病気についてご紹介します。



足がだるい場合に考えられる4種類の病気!治療方法とは


1)足がだるい症状の3大原因

(1)疲労の蓄積

マラソンやテニス、サッカー等、足を使う過激なスポーツをした後、歩くことが思うように動かなくなったことがあるかと思います。それはエネルギーを消費することで生産される疲労物質「乳酸」がたまったことが原因です。

(2)血行不良

運動もさほどしていないのに、1日の終わりに足がむくんでいる場合があります。それは、同じ姿勢をずっと取っているまたは冷え性で血液の循環が悪い人におき、老廃物が足にたまりだるさの原因となります。

(3)病気

慢性的に足全体がだるい、足のふくらはぎに血管がボコボコして腫れてるまたは青く浮き上がっている、膝の感覚がおかしいなど、それぞれ病気による原因が感じられます。

2)足がだるい症状から考えられる4種類の病気

(1)下肢静脈瘤

全身に心臓から血液を送り出す動脈とは違い、巡った血を心臓に戻す働きをする静脈には老廃物が含まれています。この老廃物を含む血液が逆流をしない為にある弁というものがうまく働かず、血が足に溜まり、瘤ができてしまう病気です。

皮膚の黒ずみ、かゆみや痛みが起こる場合があり、治療が遅れると潰瘍になる恐れもあります。血管にぼこぼこしたものを感じる、または青く浮き上がっていれば下肢静脈瘤の可能性が高いです。

(2)エコノミークラス症候群

別名を「深部静脈血栓症に伴う肺血栓塞栓症」といい、下肢静脈瘤とは違い足の深部の静脈にできる血のかたまりが肺に移動して発症します。

車中泊や長時間の飛行機移動などをする際に発症することがあり、片足に軽い痛みやむくみが起きます。

(3)関節水種

関節内にある「関節液」が急に増え、一般的に「膝に水がたまる」と表現される病気です。膝の軟骨や骨削れた際にでたカスの刺激によって発症します。

主に膝がだるい、皿を押したときプヨプヨとした感触がする、膝の中に異物が入っている感覚ある等の症状がでます。

(4)糖尿病

糖尿病は高血糖の状態が続くことで発症する病気です。血液の循環が悪くなることで体中の神経細胞に十分栄養が行き渡らず、末梢神経機能に異常が起きます。

糖尿病になるとまず血管内の糖がたんぱく質と結合する糖化がおき、血管の壁に蓄積していきます。その後、血管障害となります。

この障害により、細くて弱い神経が多い足から神経障害になるといわれており、足がすぐ疲れたり、痛んだりする症状がでます。

3)病気かどうかの3つの判断基準とは

(1)症状の期間

基本的に足のだるさやむくみは疲労が原因なことが多いです。そのため、足のマッサージしや、お風呂にゆっくりつかるなどして、筋肉をほぐした後、十分に休んでいても1週間以上、足に違和感があれば病気が隠れている可能性があります。

(2)見た目

足がだるい場合、明らかに腫れている、血管が青く浮いている等の異常であった場合は何らかの病気が関係している可能性があります。

(3)呼吸器系の異常

足がだるいだけでなく、息苦しさや胸が痛むなどはエコノミー症候群の可能性が高いです。

Serious doctors looking at a set of X-ray in an office

4)足がだるい症状への4つの対処方法

上記でも述べた通り、病気以外の場合は疲れや血行不良が原因と考えられます。そのため、疲労を取るまたは血行をよくするために以下のような対処方法があります。

(1)心臓より高い位置に足を置く

誰でも簡単にできる方法として「足枕」を睡眠時に使用するなどして、心臓よりも高いいちに足を置くことで足の血行がよくなり、むくみがとれやすくなります。

(2)適度なマッサージ

毎日5~10分間ほど、足の指間に手を入れ、ゆっくり足首を回す。足の指を1本ずつ引っ張ることをして足の血行を刺激するようなマッサージをしましょう。

ふくらはぎを摩るまたは足裏のツボを押すことも効果があるといわれています。

(3)弾性ストッキング

医療でもよく使用されている弾性ストッキング。足首の圧迫圧が高く、上にいくほど低くなる段階的圧迫法が適用されているため、履いているだけで血液を心臓に戻すことを促してくれます。

最近では種類も多く、値段も幅広い為、医療機関に相談して自分に合った弾性ストッキングを探してみてください。

(4)水分補給

水分を十分に補充することは血がドロドロになるのを防ぎ、血栓の予防となります。オフィスや家であまり運動をしなくても水分はこまめにとるようにしましょう。

5) 気になる症状への4つの検査方法

一般的には外科、あるいは皮膚科で診てもらいましょう。

(1)医師の診察

足の腫れや血管の異常がないかを実際に触る、患者に症状を細かく聞くなどして調べます。腫れの様子や色などで病気かどうかを判断します。

場合によってはX線レントゲンで調べる場合もあります。費用は診察だけであれば、2000円以下の場合がほとんどです。

(2)超音波ドップラー法

血管の弁に異常があるかを判断するため、血液が逆流していないか、簡易超音波血流計を使って調べます。

(3)超音波エコー検査

足の深部にある静脈の異常を超音波を使って調べます。血栓などで血流に異常が出ていないかを調べます。

(4)血液検査

血糖値を調べて、糖尿病の可能性がないかを調べます。採血のタイミングで糖尿病かどうかの判断数値は違います。

physiotherapeut im gesprch mit einer patientin

6) 気になる症状への4つの治療方法

以下の治療方法は一般的なものであり、原因によって異なります。医師と相談の上、自分に合った治療方法を判断しましょう。

(1)弾性ストッキング

症状が軽い場合は、先ほど述べた弾性ストッキングを使用して、足に血がたまるのを防ぎます。これ以上悪化しないことが主目的となります。

弾性ストッキングは保険適応外となる場合もあるため、医師に相談の上、費用を確認しましょう。

(2)手術

血栓がすでにできている場合は原因となる静脈を抜去し、静脈瘤を切除するストリッピング手術やレーザ手術をします。

入院は必要なく、両足でも2時間以内で終わることがほとんどです。費用は両足で7~10万円ほどかかる場合がほとんどですが、麻酔やその後のお薬の費用を合わせるとそれ以上にかかります。担当医師に事前に確認しましょう。

(3)薬の服用

関節水腫や糖尿病の場合はお薬の服用をします。関節の病気の場合は痛み止め等を使用し、糖尿病は血糖値を下げる薬を使用します。数値によってそれぞれ使用する薬が異なる場合があるため、費用は症状の度合いによります。

(4)温熱療法

上記の他に慢性的に血行不良な人や腫瘍ができた人に異常部位を1時間ほど加温、カイロを常にその部位に貼るなどの温熱療法があります。温度は42~43°以上にし、血流をよくする狙いがあります。

7)足がだるい症状を予防する為にできる3つの生活習慣

(1)運動

体質的に血行が悪い人は足がむくみやすく、だるくなりやすいことはもうお分かりだと思います。デスクワークの仕事をしている人は特に長時間の同じ姿勢で、運動不足なりやすい傾向があります。

朝のワーキングや週末にエアロビクスをするなどし、運動を習慣づけましょう。

(2)食事

血行不良を予防する為に血液をサラサラにする日々の食事に取り入れましょう。玉ねぎやらっきょ、バナナやピーナッツなど手に入りやすい血行改善により食べ物は沢山あります。

(3)水分補給

先ほども述べた通り、血液がドロドロになり血栓ができてします1つの原因は水分不足です。特に長時間の移動や車中泊は体が同じ姿勢を長い間することになり、血栓ができやすくなります。

トイレに行きにくいからという理由で水分補給を我慢しないようにしましょう。



今回のまとめ

1)足がだるい症状の3大原因

2)足がだるい症状から考えられる4種類の病気

3)病気かどうかの3つの判断基準とは

4)足がだるい症状への4つの対処方法

5)気になる症状への4つの検査方法

6)気になる症状への3つの治療方法

7)足がだるい症状を予防する為にできる3つの生活習慣