患者に説明をするナース

背中の痛みから吐き気へとつながる症状に陥ったことはありますか。個人差はあるかもしれませんが、背中の痛みは外的な痛みが多く、吐き気などは内臓的な部分が原因と思われがちです。

今回は背中の痛みと吐き気の原因・考えられる病気の可能性・対処方法をご紹介します。



背中の痛み&吐き気の3大原因!症状・対処方法とは


1)背中の痛みと吐き気の3つの症状とは

(1) 肩から左側の背中にかけて

吐き気と背中の痛みに関係が強いのは特に左側が痛むときです。左側は心臓や胃を司るため痛いと吐き気の可能性が高まります。筋肉痛などとは違い、内側から締め付けられるような感覚があります。

(2) 胸などの前部にも痛みが起きた場合

心臓に血液がしっかりと遅れていない可能性があります。発作的な痛みを伴います。頭痛や腹痛とともに胸の痛みが主となりますが、吐き気が見られることもあります。

(3) 背中を含め腰や腹部にも痛みが走る

胃に炎症が起きている場合や胃潰瘍の可能性が高まります。特に吐血まで起きた際には一層細かい注意を向ける必要があります。

2)背中の痛みと吐き気の3つの原因とは

(1) 疲労から肩や腰が凝る

単純に仕事疲れや筋肉痛の疲労だけで吐き気が起こる可能性もあります。日常生活をしっかりと過ごしていても心配を抱かせる原因となるのです。

(2) 暴飲暴食など

胃に負担をかけ続ける食生活を行っていると吐き気をもよおす機会が必然的に増えます。背中に痛みが走ることも少なくありません。

(3) 睡眠不足

疲れが抜けきらないと身体のリズムが整いません。その場合にも吐き気の可能性は高まります。寝相が悪い場合や浅い眠りは身体の筋肉疲労を休ませることが出来ず、背中が痛くなります。

3)背中の痛みと吐き気が続く場合に考えられる3種類の病気

(1) 胃炎

食べ物、薬、細菌感染などの刺激で胃に炎症が起こる病気です。背中の左側から左下にかけて痛みが生じ、みぞおちの辺りまで痛みを伴います。食事をすると緩和されることが多いですが、空腹時はかなりの激痛になります。

(2) 膵臓炎

膵臓から分泌される消化酵素によって膵臓自体が溶かされてしまって炎症が起こる病気です。背中の左側から左下にかけて痛みが生じ、みぞおちから左脇腹上部にかけ痛む場合もあります。

痛みは、食事をすると強まり空腹時には痛いが和らぐのが一般的な症状です。

(3) 心筋梗塞

背中の左側から左下にかけての痛み、胸の前部の圧迫感と吐き気を伴います。突然前触れも無く痛みが起こるケースと、発作的な痛みが伴うケースがあります。

心臓に血液を起こっている冠状動脈が詰まってしまうことで起こります。

Doctors meeting

4)背中の痛みと吐き気のへの対処法とは

(1) 安静にする

するべきことは、まず安静です。何かの作業中であれば停止して休みましょう。突発的な場合であれば、尚更です。何となく気分が悪い状態で悪化している場合は自分の体と相談して無理なく行動します。

(2) 外界の気温に応じて対応する

その状況が夏場か冬場化によって温めたり、冷やしたりして身体を少しでも楽な状態にさせます。また、風通しの良いところを準備して吐き気が止まるのを抑えることも必要です。室内であれば、窓を開けたりします。

5)症状が続く場合にすべき検査方法とは

(1) 血液検査

考えられる症状は胃や心臓への懸念がありますが、血液検査によってそれらへの影響や原因究明まで行うことが可能です。具体的に数値として表れるため、理解もしやすく改善方法も組み立てやすいです。

(2) MRI検査

吐き気が特に強い場合には脳内のMRI検査を試みる場合もあります。三半規管の影響なども考えられ、その後の解決策へと考えていきます。

6)症状が続く場合の治療方法とは

(1) 食事制限・アルコール制限

医師が「悪化させて重病にかかる恐れがある」と判断した際に、食事制限やアルコール制限の可能性が出てきます。血液検査などで得た情報を参考にして、日々の食生活を見直します。

(2) 投薬治療

特に吐き気(頭痛や目まいなども含める)がひどい際には医師から薬が処方されるケースもあります。その際にはしっかりと自分の症状を申告する必要があります。検査と治療を繰り返して、改善又は抑制と導くケースが多いです。

7)背中の痛みと吐き気への3つの予防ポイント

(1) ストレスを溜めない

外的な痛み(例えば筋肉痛など)とは違い、心身的な影響も大きくあります。人間社会で生活する上でストレスはつきものですが可能な限り溜めないようにしましょう。

(2) 運動

適度な運動は健康面において大いに良い影響を与えます。身体的にも心身的にもプラス効果です。一日数十分の有酸素運動を出来るだけ続けるようにします。原因を根本から解決させるための手助けにもなります。

(3) 食事の見直し

医師が定める食事制限とは別の観点の話での予防です。食事はとても大切なことですが、全てを抑制するのは却ってストレスを溜める懸念があります。出来るだけ、楽しく過ごせる時間にしましょう。



今回のまとめ

1) 背中の痛みと吐き気の3つの症状とは

2) 背中の痛みと吐き気の3つの原因とは

3) 背中の痛みと吐き気が続く場合に考えられる3つの病気

4) 背中の痛みと吐き気のへの対処法とは

5) 症状が続く場合にすべき検査方法とは

6) 症状が続く場合の治療方法とは

7) 背中の痛みと吐き気への3つの予防ポイント