足の検査を行うドクター

みなさん、足が痺れることってありますよね。でも片方の足だけが痺れたりすると不安になりますよね。もしかすると、それは病気の兆候でもあり症状でもあるかもしれません。

今回は左足のしびれの原因と病気の可能性などを紹介したいと思います。



左足のしびれの6種類の病気の可能性!検査・治療法とは


1) 左足のしびれの代表的な症状とは

(1) 肩こり

肩こりなどがひどくなると、左足のしびれなどが現れることがあります。

(2) 頭痛

頭痛にも種類がありますが、激しい頭痛などによって左足のしびれが出ることがあります。

(3) 腰痛

腰を使う作業していて屈んだ時に、足にしびれが出ることがあります。腰痛が慢性的に持続したりすると、左足などにしびれが出てくることもあります。

(4) 膝関節痛

膝部分の痛みが続くと、左足などにしびれが出てくることがあります。

(5) 息苦しさ

息苦しさを感じたり呼吸が浅くなることにより片足にしびれを感じることがあります。

(6) 感覚異常

熱い冷たいなど、触れても感じなくなる症状がでることがあります。

2) 左足のしびれの4つの原因とは

(1) 冷え

身体が冷えることにより、左足のしびれが出てきたり、感覚が麻痺することがあります。

(2) 疼痛

身体の痛みなどによって、左足のしびれが出ることがあります。全身の痺れや片側だけの痺れにもつながることがあります。

(3) 病気

脳血管の病気の病気や脊椎の病気などによって左足に痺れが生じることがあります。

(4) 手術後後遺症

手術後に左足のしびれや身体全体に痺れが生じることがあります。

3) 左足のしびれへの対処方法

(1) 温める

湯船に浸かり身体を温めてみましょう。体の1つの部位を温めることでも、左足のしびれが緩和されることがあります。

(2) マッサージ

血流障害により痺れがおきていることもありますので、マッサージをして血行をよくしてみましょう。特に第二の心臓と言われているふくらはぎの部分をもみほぐすことによって下肢(足の部分)に溜まった血液の循環を良くすることができます。

(3) 安楽位

自分で楽な姿勢を取り横になり休みましょう。少ししびれが緩和されることがあります。

(4) 市販薬

今では、病院でも処方される痛み止めなど出ています。痛みからのしびれの場合や頭痛などには痛み止めなど服用したり温シップや冷シップなどを貼り様子を見てみましょう。

しびれや痛みが緩和され落ち着いたら病院受診必ず受診し、医師に説明しましょう。

※上記の対処方法はあくまでも瞬間的な対処方法となります。痛みや違和感が続く場合は、速やかに専門医で検査を受けましょう

(5) 病院受診

一時的な対処や急な症状が現れた場合すぐに病院を受診しましょう。

group of happy doctors meeting at hospital office

4) 左足のしびれが続く場合に考えられる6種類の病気

(1) 脳梗塞

脳の血管が詰まることによって、脳の組織などが壊死したりする病気です。それによって、身体に様々な神経障害などを起こし、場合によっては詰まった血管が破裂し出血するなど命に関わる危険な病気でもあります。

出血など微量の場合など、症状として右目が痙攣したり左目が痙攣したりと症状がでることがあります。

(2) 坐骨神経痛

坐骨神経という、腰部から足にある神経が圧迫されたりすることによって、足の裏の痺れや全体の痺れなど起こることがあり、痛みも伴う為辛い病気です。

(3) 下肢静脈瘤

心臓に血液を戻すための静脈の血管内の弁が機能しなくなり、逆流し血管が膨らんでしまう病気です。足のふくらはぎの部分に青く血管が浮き出てきたり、外見など気にする女性や立ち仕事をしている方などに多い病気です。

心臓に戻れなくなり、流れなくなった血液が固まり血栓となると死亡率の高い循環器疾患や脳血管障害などに進展することもある、ほってはおけない病気です。

むくみやしびれ、かゆみなど皮膚表面などに変化など見られた場合受診をお勧めします。

(4) 椎間板ヘルニア

背骨にある椎間板という軟骨が飛び出し、神経を圧迫することにより激痛やしびれなどが生じる病気です。

初期症状では、腰痛やしびれなどからはじまり次第に体を少し動かしただけでも激痛を生じ寝たきりなるなど重病ともいえる病気です。

(5) 脊柱管狭窄症

腰の臀部にある足につながる根元の左右どちらかの神経が圧迫されることにより、片足のしびれや、痛みなどが生じる病気です。

歩行時に引きずって歩いたり、歩いたり休んだりを繰り返して歩行する特徴がみられます。

(6) パニック障害

突然原因不明な不安に襲われ、不安発作を繰り返す精神疾患の1つです。

その中の症状に過呼吸などがあり息苦しくなり、息を吐くことができても吸うことが難しくなり、一時的に脳に酸素が届きずらくなりしびれや震えなど生じることが起きる病気です。

5) 症状が続く場合にすべき検査方法とは

(1) 超音波検査「エコー検査」

超音波によって血管内の血流や機能していない弁などの場所を特定することができます。エコーによる簡単な検査です。小さな診療所でもできますが、総合病院を受診することをお勧めします。

(2) CT検査

脳血管障害や脊椎の病気などが疑われた場合などに行われます。X線にて頭部や腰部を撮影し、撮影した画像を輪切りにして、処理された画像を見て病変箇所などを特定していきます。

造影剤など注入することにより脳血管障害なども特定できるようになります。円状の検査機の中に入る為、閉所恐怖症の方は事前に説明し対応してもらうことをお勧めします。総合病院を受診することをお勧めします。

(3) MRI検査

頭部や腰部CT検査よりも、鮮明な画像処理により、いろんな角度から検査箇所を見ることができる検査です。病変や病気がはっきりと映し出される為、医師も診断しやすい検査です。

X線検査とは違い、微量の被ばくもなく安心ですが、固定され狭い円状の空間に入る為閉所恐怖症の方は説明することをお勧めします。

強力な磁石などが使用されている為、事前説明にてネックレスや装飾品など外してくださいなどがあります。浴衣のような検査着に着替える為、検査中寒く感じることがあります。総合病院を受診することをお勧めします。

(4) 心理検査

心療内科や精神科などで行われる検査です。IQテストやロールシャッハというインクを垂らした画像を見せ、染みの部分が何に見えるなど指摘していく検査となります。

その時時間を計り、表情なども見られ、性格診断や病気の傾向などを診断することがあります。専門の臨床心理士が行い、結果を医師に説明します。

心療内科や精神科に受診することをお勧めします。上記の検査にても異常が見られない場合などに、医師から精神科を勧められることがあります。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

6) 症状が続く場合にすべき治療方法とは

(1) 薬物療法

痛み止めや筋肉の緊張をほぐす薬などが処方されます。脳梗塞などには、血液の流れをよくする薬などが処方されます。用法容量を守り服用し、医師と相談しながら薬の調整などを行っていただきましょう。

パニック障害などからくる精神的な分野では抗不安薬が処方されます。頓服などとしても可能ですが依存性があったりするので、医師と相談しながら減薬や増量を調整してもらいましょう。

(2) ブロック注射

痛みのある脊椎の部位に麻酔薬を注入します。痛みやしびれなどが一時的になくなりますが、通院することになります。

(3) 温熱療法

ホットバックというホッカイロが大きくなったような物を部位に当て、温める療法です。温めることによって痛みなど軽減され、しびれなどにも効果的です。

(4) 認知行動療法

精神的な分野で広く使われている療法です。考え方に重点を置き、もののとらえ方から生まれる考えそして行動。その中の考え方を変えていく療法です。

(5) 手術

椎間板ヘルニアの場合、保存治療で対処できる患者のほうが多いのですが、手術が必要な患者もいます。病院選びや医師が少ない現状もありますが、難しい手術でもあります。

患部の椎間板を取り、そこに上と下の脊椎を結合させるという術式です。脊柱管狭窄症の場合、狭窄している部位の周りの骨を削り狭窄している脊柱管を拡げて、神経の圧迫を防ぐ術式です。

脳梗塞ではバイパス術という、詰まった血管とは別のルートを人工血管にて作り血流をよくする術式など、出血がある場合などは、血腫を取り除く術式などがあります。医師や家族とよく相談し決断しましょう。

7) 左足のしびれへの4つの予防ポイント

(1) 入浴

日頃から温めるよう心掛けましょう。シャワーなどで済まさず湯船に浸かり身体を温め血流を良くすることも予防につながります。

(2) 足挙上

立ち仕事やパソコン作業などで、同じ姿勢などにより血行が悪くなることがあります。腰から下が重いなど感じる方もいるでしょう。休憩時間などで、クッションなどを下に置き足を上げた状態で横になってみましょう。下半身に溜まっていた血液が戻りやすくなり、下半身の疲れやしびれなどもとれるでしょう。

(3) 食生活

野菜中心に食事をとるなど3食食べるようにするなど工夫してみましょう。暴飲暴食などによって、今問題視されている糖尿病予群などでも足のしびれなどが起こる為、食事などに気を配るようにしましょう。

(4) 締め付けないよう心がける

自分のサイズより小さい服などで、締め付けるられることにより足のしびれなどが起こります。また靴下などで締め付けすぎても、しびれやむくみの原因にもつながりますので、気をつけるようにしましょう。



今回のまとめ

1)左足のしびれの6大症状とは

2)左足のしびれの4つの原因とは

3)左足のしびれへの4つの対処法とは

4)左足のしびれが続く場合に考えられる6つの病気

5)症状が続く場合にすべき4つの検査方法とは

6)症状が続く場合にすべき5つの治療方法とは

7)左足のしびれへの4つの予防ポイント