女性の肩甲骨を検査するドクター

みなさん、肩こりがひどくなると肩甲骨のほうまで痛みが痛くなることがあります。ですが、片側だけに痛みが出て不思議に思い悩んでいる方もいると思います。

病気の前触れかもしれません。今回は、肩甲骨の痛みが右側に出る原因や病気をご紹介します。



肩甲骨の痛みが右側に現れる6大原因!病気の可能性とは


1) 肩甲骨の痛みの代表的な症状とは

肩甲骨の痛みの他、様々な症状が現れることがあります。併発されて起こることがありますので、肩甲骨の痛みから併発される代表的症状をご紹介します。

(1) 痺れ

手足の痺れや右側の顔面に痛みが出ることがあります。重くなると歩行が困難になることがあります。

(2) 筋肉痛

背部痛など筋肉が緊張し痛むことがあります。左に身体を傾けすぎなどで、筋肉が張り右側に痛みが出ることがあります。

(3) 身体の痛み

右側の痛みだけではなく、身体全体に痛みが広がることがあります。

(4) 頭痛

急激や強い頭痛などによって、右側の肩甲骨に痛みやその他の症状が出ることがあります。命に関わることになることもありますので注意が必要です。

(5) 腹痛

腰痛持ちの方や、腰に負担をかける作業が多い方は右側の腰の神経が痛むことがあります。

(6) 便秘や下痢

腸の働きが悪くなることによって、便秘や下痢を繰り返すことがあります。また右側の十二指腸に痛みが出ることがあります。

2)肩甲骨の痛みが右側に現れる5大原因

肩甲骨の痛みから併発される症状はお分かりいただけたと思います。しかし症状が出るのには原因があります。そこで、肩甲骨の痛みが出る大原因をご紹介します。

(1) 悪い姿勢

長時間同じ姿勢や猫背の方で、姿勢が悪いことによって右側に痛みが出ることがあります。骨が歪み、左に傾いてる方に見られることもあります。

(2) 腰痛持ち

腰に負担がかかることによって腰痛は軽度から重度までと痛みが出ることがあります。腰痛も原因としてあげられます。

(3) 肩こり

肩こりがひどくなると肩甲骨の右や両側に痛みが出ることがあります。

(4) 首の痛み

肩甲骨の痛みは、首の神経や筋肉の張りや圧迫が原因であることがあります。腰痛と同じで、右側や両側の肩甲骨に肩こりから痛みが出ることがあります。

(5)ストレス

ストレスがかかることによって内臓機能や精神機能も低下します。それにより、身体症状として痛みが肩甲骨や全身の痛みなど出ることがあります。

(6)病的原因

肩甲骨が右側に出ることは、内臓疾患や精神疾患、脳の病気などが原因の場合もあります。上記の症状が重なることもありますので、受診することをお勧めします。

問診を行う医師

3)肩甲骨の痛みが続く場合に考えられる7種類の病気

上記の症状や原因はお分かりいただけたと思います。しかし原因があり症状があり病気がありますので、肩甲骨の痛みで考えられる病気をご紹介します。

(1) 脳梗塞

脳は小さい血管に包まれています。その血管が詰まることによって、脳梗塞巣という検査にて見られたりすることがあります。

生活には支障はないことがありますが、進行すると脳の血管が詰まったところから脳細胞が壊死し、場合によっては血腫や脳血管破裂することがあります。急激な頭痛に襲われ、意識消失や死に至ることもある危険な病気です。また左側の脳血管の脳梗塞により肩甲骨の痛みや痺れが起きることがあります。

(2) 十二指腸潰瘍

十二指腸に潰瘍ができ、腹痛や血便といった症状がある病気です。肩甲骨の痛みかた、右側の下腹部に痛みが出ることがあります。進行することもあり危険な病気でもあります。

(3) 肝炎

肝炎にも種類が様々あり「アルコール、ウィルス、薬剤」が原因で起きる病気です。肝臓が炎症を起こし細胞が壊れていく病気です。多量飲酒が続くと肝臓の修復が追い付かず細胞が徐々に壊れていきます。ウィルスに感染し肝臓が炎症を起こします。B型とC型肝炎があります。

薬物による肝炎は多量飲酒と同じように、薬を服薬すると肝臓に負担がかかります。多く飲んでいる方や多量服薬で肝炎になります。肝硬変にも進展することもある危険な病気でもあります。

(4) 脊椎管狭窄症

腰の臀部にある足につながる根元の左右どちらかの神経が圧迫されることにより、片足のしびれや、痛みなどが生じる病気ですが右側の身体の肩甲骨から首と痛みが広がることがあります。

(5) 腰部椎間板ヘルニア

背骨にある椎間板という軟骨が飛び出し、神経を圧迫することにより激痛やしびれなどが生じる病気です。初期症状では、腰痛やしびれなどからはじまり次第に体を少し動かしただけでも激痛を生じ寝たきりなるなど重病ともいえる病気です。腰には左右に神経がある為、右側の体に肩甲骨のほうにまで痛みが広がることがあります。

(6) 頸椎管板ヘルニア

腰部椎間板ヘルニアと同じ病態ですが、首にある骨の頸椎の椎間板という軟骨が飛び出し神経を圧迫することにより、首を動かすことで、激痛は走ったりします。また肩こ緊張や肩甲骨の痛みも出ます。片側の痺れや痛みで見つかることがあります。

(7) パニック障害

電車や人ごみなどで、急な不安に襲われ過呼吸や動悸から頻脈など様々な身体症状や精神症状がでる病気です。

4)肩甲骨の痛みへの6つの対処方法とは

症状などが出た場合にどのような対処法を取ればいいか気になり、身内の方に起きたら焦ることもあると思います。肩甲骨の痛みの対処法をご紹介します。

(1) 保温

ホットタオルや首を温める枕などで温めてみましょう。少し痛みが軽減され肩こりにも効果的です。

(2) コルセット

腰痛持ちの肩は市販でも販売されているコルセットを使用して腰部に負担をかけないようにしましょう。

(3) 休息

長時間、同じ姿勢でディスクワークしている方などは、首にも負担がかかっているので休息を取りながら行いましょう。

(4) 急な頭痛時

急な頭痛が出て場合、嘔吐する可能性もあり意識消失することもありますので、安楽位を取り横に身体を向け寝かせ、嘔吐しても大丈夫なように容器を口元に起きましょう。

もし意識消失してしまったら救急車を呼ぶとともに、気道確保をしましょう。おでこを軽く押さえ、顎を上げましょう。心配停止してしまった時は心配蘇生を行いながら救急車到着を待ちましょう。

(5) 過呼吸時

過呼吸は吸うことがしずらくなる為、ビニール袋などを口に当て呼吸を整えましょう。また精神科にて抗不安薬を頓服として処方されている方は服用し休みましょう。

(6) 市販薬

上記の症状で筋肉痛や痛みがあるので、ドラッグストアなどで痛み止めを服薬するなどして様子を見ましょう。そして、早めに受診して医師に説明し適切な治療を受けましょう。

Doctor and surgeon reading notes

5)肩甲骨の痛みが気になる場合にすべき検査方法

病気と診断されて、どのような検査を受けるのか気になり不安になっている方もいると思います。上記の病気が疑われた場合に行われる検査をご紹介します。

(1) 心理検査

心療内科や精神科などで行われる検査です。IQテストやロールシャッハというインクを垂らした画像を見せ、染みの部分が何に見えるなど指摘していく検査です。

その時時間を計り、表情なども見られ、性格診断や病気の傾向などを診断することがあります。専門の臨床心理士が行い、結果を医師に説明します。心療内科や精神科に受診することをお勧めします。「身体検査を行い病変箇所がなく異常ないと診断された場合」

(2) 脳波検査

頭に電極をつけ、脳の波形を診る検査です。精神科などで行われます。てんかんの疑いの方やてんかんの方にも行われます。それによって医師が判断し治療方針を決めていきます。

(3) レントゲン検査

整形外科で問診後に行われます。首や腰部をX線撮影し骨の病変箇所がないか原因を診ます。微量に被ばくする為、妊婦は相談することをお勧めします。

(4) CT検査

脳神経外科や総合病院などで検査可能です。頭部のX線撮影です。頭の中のX線画像をコンピューターにて処理し輪切りにした画像にて頭部内に異常があるかないかを調べます。場合によっては、血管内に造影剤を注入しCT撮影することにより、頭部内の血管に異常があるかないかを詳しく調べることができます。

円状の中に入りますので閉所恐怖症の方などは説明することをお勧めします。痛みはなく、約30分程かかります。浴衣のような検査着に着替える為、少し寒いです。脳腫瘍や脳血管障害「脳梗塞.脳梗塞巣.くも膜下出血」その他脳の病気などがわかります。首や腰部の病気が疑われた場合は、腰部や首を撮影して判断されます。

(5) MRI検査

脳神経外科や総合病院などで検査可能です。強力な電波と磁石にて、人体の断面を撮影できる検査です。頭部内の断面画像をいろんな角度から見ることができ、CT検査とは違い骨が映らないのでより詳しく調べることができます。CT検査では確認できない脳梗塞なども見つかることがあります。

腰や首の病気を疑われた場合も同じです方法です。頭や上半身を固定され、狭い空間に約30分程入る為閉所恐怖症の方は説明することをお勧めします。痛みはありませんが、大きな音が鳴り響くので落ち着きません。

X線撮影と違い微量の被ばくの心配もなく安心ですが、いろいろ事前説明があります。強力な磁石の中に入る為、ネックレスや装飾品などは外したりなどです。脳や腰、首といった病気がはっきりわかる検査です。

(6) 内視鏡

腸の病気が疑われた場合に行われます。肛門からカメラのついた管を入れ検査をします。事前に腸の中が何もない状態にしなければならない為、浣腸によってすべての便や消化物などを出します。

洗浄液を2リットル飲み、下から出すという方法もあり医師の判断によって決まります。痛み止めの注射をうちガスを入れて腸を膨らまして検査を開始して、癌などの病変を検査します。胃カメラより少し辛い検査になります。総合病院の消化器内科に受診することをお勧めします。

(7) 肝生検

肝臓の細胞を採取し調べる検査方法です。精密な検査で、肝硬変や肝炎など見ることができます。太い針を刺すので激痛走ります。総合病院へ受診することをお勧めします。

(8) 血液検査

小さな診療所などでも行われます。採血し血液の成分を調べると共に、炎症反応やウィルス反応を見ます。

6)肩甲骨の痛みへの治療方法とは

検査を受け病名が診断されても、治療法は辛いこともあります。参考までに上記の病気に行われる治療法をご紹介します。

(1) 薬物療法

問診や検査にて、薬にて様子を見れると判断された場合に薬が処方され服薬し経過を見る療法です。症状に合わせた薬が処方されますので、しっかり服用し副作用が出た場合はすぐに受診し医師に相談しましょう。

(2)ブロック注射

鎮痛剤などと使っていても効果がなかったり、痛みが強い場合に、患部に鎮痛作用のある麻酔の注射を打ちます。鎮痛剤よりも痛みがなくなりますが、定期的に受診しブロック注射を打つことになりますので受診した際に医師に状態を説明しながら判断していただきましょう。

(2) 食事療法

肝臓疾患の方は塩分制限され薄い食事を取るようになりますが、食事にて進行を抑えていく療法です。医師や管理栄養士と組み食事メニューなどを作ることもあります。

(3) 認知行動療法

診療所うや精神科にて行われます。考え方に重点を置き、もののとらえ方から生まれる考えそして行動。その中の考え方を変えていく療法です。

(4) カウンセリング療法

カウンセラーと会話し、悩みや相談することでストレス解消や専門的なアドバイスをもらうことによって今後の生活を変えていく療法です。

(5) 手術

脳梗塞で手術が必要な場合、バイパス術という人工の血管を入れ血流を良くするという術式などがあります。椎間板ヘルニアの場合患部の椎間板を取り、そこに上と下の脊椎を結合させるという術式です。

脊柱管狭窄症の手術は狭窄している部位の周りの骨を削り狭窄している脊柱管を拡げて、神経の圧迫を防ぐ術式です。頸椎間板ヘルニアは、椎間板を全て切除し人工骨を入れて固定する術式があります。程度によって術式は異なりますが、医師や家族などと相談して決断しましょう。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

7)肩甲骨の痛みへ未然にできる予防習慣とは

症状や病気になる前に、原因をなくしていくことが大切でもあります。そして日頃の生活の中でできる予防法、参考までにご紹介します。お試しいただきたいと思います。

(1) 入浴

湯船に浸かり、身体を温めるようにしましょう。なかなか時間を作るのは難しいですが、リラックス効果もあり効果があります。

(2) 服薬

処方された薬など飲み忘れがないよう服薬し、健康管理を行っていきましょう。再発や悪化の予防の為気をつけましょう。

(3) 食事

肝臓疾患の場合は療法であげましたが、肝臓疾患になることも食事にて予防できますので塩分を控えめにするなど、バランスの取れた食事を取るように心がけましょう。

(4) 整体

腰や肩こりなどの疲れなど感じたら整体に行きマッサージなどで筋肉の緊張や歪みを矯正してもらうようにしてみましょう。

(5) ストレッチ

入浴後や寝る前などに軽くストレッチをして、筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。寝る前にすることで良い睡眠にもつながりますし、入浴後は筋肉も柔らかくなっているためほぐれやすいということもあります。

(6) ストレス発散

ストレスが溜まりやすく忙しい毎日ですが、休日には自分がリラックスできたり楽しめる趣味に費やせる時間を作るようにしましょう。



今回のまとめ

1)肩甲骨の痛みの代表的な症状とは

2)肩甲骨の痛みが右側に現れる6大原因

3)肩甲骨の痛みが続く場合に考えられる7種類の病気

4)肩甲骨の痛みへの6つの対処方法

5)肩甲骨の痛みが気になる場合にすべき検査方法

6)肩甲骨の痛みへの治療方法とは

7)肩甲骨の痛みへ未然にできる予防習慣とは