背中に痛みを感じている女性

みなさん、背中が張って辛い思いをしたことは一度はあると思います。しかし、背中の張りの部位によっては様々な病気のサインでありますし、放ってはおけないものです。

そこで、今回は背中の張りに潜む原因や病気、治療方法をご紹介します。



背中に張りを感じる・・!6つの原因と対処方法とは


1) 背中の張りと一緒に現れることがある症状とは

背中の張りを感じた時に、その他の症状が重なって出ることがあります。気になる方もいると思いますので、背中の張りから現れる症状をご紹介します。

(1) 背部痛

背中の張りと共に、背部に痛みが出ることがあります。

(2) 首の痛み

背中の張りは肩こりからくることもありますが、首に痛みが出ることがあります。

(3) 腰痛

腰痛を持っている方もいますが、急な腰痛も出ることがあります。

(4) 吐き気

背中の張りから、吐き気が出ることがあります。嘔吐してしまう場合もありますので注意が必要です。

(5) 吐血

嘔吐時に血液が混ざる時もありますが、吐血で少し黒くなった血を吐くことがあります。

(6) 黄疸

身体の皮膚が黄色くなります。わかりやすい部分に出るのは目で白目が黄色い場合は注意が必要です。

2)背中の張りにつながる6つの原因とは

背中の張りの他に出る症状を説明しましたが、症状が出るということには必ず原因があります。ですので、背中の張りが出る原因をご紹介します。

(1) 姿勢の悪さ

ディスクワークなどで長時間同じ体勢でいたり、姿勢が悪いことで背中の張りや上記の(1)(2)(3)の症状が出ることもあります。

(2) 骨盤の歪み

出産後や姿勢の悪さが原因で、骨盤が歪んでしまうことがあります。そこから背中の張りや症状につながることになりますので対策が必要になります。

(3) 激しい運動

激しい運動をした後に背中の張りや痛みが生じることがあります。下記にも予防法として記載しますので参照してください。

(4) 多量飲酒

多量飲酒を続けることによって、内臓の疾患にかかりやすくなります。そして、症状として背中の張りが出ることがあります。

(5) ストレス

疲労が蓄積されストレスが溜まることによって、身体症状として背中の張りが出ることがあります。また様々な疾患の原因にもなりますので対策が必要です。

(6) 病的原因

背中の張りは、疲れているのかなど考え放置しがちですが、内臓の病気が潜んでいることがあります。また骨の病気によって張りが出ていることがあります。

Doctors and nurses discussing together

3)背中の張りが続く・・考えられる6種類の病気とは

原因を説明しましたが、原因があり症状が現れます。そして病気につながることもあります。ですので、背中の張りが出る病気をご紹介します。

(1) うつ病

ストレスや脳の伝達物質の減少によって、意欲減退ややる気が起きないなどの症状が長期的に続く病気です。引きこもりがちになり、最悪自ら命を絶とうとすることもある放ってはおけない病気です。

ストレスや精神疾患によって自律神経が乱れ、肩こりや倦怠感、背中の張りやコリが出ることがあります。また神経痛により背中の痛みも出ることがあります。精神疾患には様々な身体症状がありますが、背中の張りもその1部であります。

(2) 胃炎

胃が刺激などによって炎症を起こしてしまい、吐き気や胃痛が出る病気です。放っておくと消化器疾患の重い病気へ進行することもあります。胃に負担がかかっている為に神経が刺激され、臓器と近い左側の背中の張りやコリ、痛みが出ることがあります。早期受診が必要です。

(3) 胃潰瘍

胃壁に傷ができ、穴があいてしまう病気です。胃痛や嘔吐、最悪吐血など出ることがある病気で、危険な病気です。背中の張りや痛みが出てくる時は進行していることがある為注意が必要です。

そして背中の左側の背中は胃の臓器と近い位置にある為に神経が刺激され、左側の背中の張りや痛みが出た時はその他の症状が出ていることもありますが、早期受診することをお勧めします。

(4) 肝硬変

肝臓に負担がかかり肝砂防が減り、肝臓が硬くなってしまう病気です。肝炎や脂肪肝、多量飲酒などから進行した状態であり、最悪肝臓がんになることもあるので危険な病気です。肝硬変は肝臓の病気ですが、左側の背中に張りが出て痛みにつながります。

胸の筋肉や背中の筋肉の神経は内臓とつながっていることもあり、肝臓の疲労や病気によって神経過敏になり右側の背中が張り痛みが出ますので、気になる方は早期受診をお勧めします。

(5) 頸椎間板ヘルニア

首にある骨の頸椎の椎間板という軟骨が飛び出し神経を圧迫することにより、少し首を動かしただけでも指が痺れたり、激痛は走ったりなどする病気です。腰部の椎間板ヘルニアと似ている部分があります。

病態は同じ原理です。首から肩の張りから進行すると背中全体が張り痛みが現れることがあります。神経が圧迫される為に張りや痺れ、痛みが出てしまいます。首の張りや背中の張りは初期段階でありますので、早期受診することをお勧めします。

(6)椎間板ヘルニア

背骨にある椎間板という軟骨が飛び出し、神経を圧迫することにより激痛やしびれなどが生じる病気です。初期症状では、腰痛やしびれなどからはじまり次第に体を少し動かしただけでも激痛を生じ寝たきりなるなど重病ともいえる病気です。

腰痛が続いたり背中の違和感が出始め、次第に神経が圧迫されることで、背中全体の張りへと進んでいき痛みが現れていきます。腰痛持ちの方は、整形外科へ受診し検査など受診し医師に診てもらうことをお勧めします。

4)背中の張りが続いたら・・試してみたい検査方法とは

背中の張りが出る病気を説明しましたが、骨の病気や内臓疾患が潜んでいることがお分かりいただけたと思います。病気が疑われた場合に行われる検査法をご紹介します

(1) 心理検査

心療内科や精神科などで行われる検査です。IQテストやロールシャッハというインクを垂らした画像を見せ、染みの部分が何に見えるなど指摘していく検査です。

その時時間を計り、表情なども見られ、性格診断や病気の傾向などを診断することがあります。専門の臨床心理士が行い、結果を医師に説明します。身体の検査で異常が見られない場合に医師より紹介されることがあります。心療内科や精神科に受診することをお勧めします。

(2)胃カメラ

胃の内部を直接見る検査です。小型カメラのついた長細い管を口から入れて、胃の内部や十二指腸などまで見て、粘膜、潰瘍 癌など見ることができます。鼻から入れる小型の検査機器も使われており体の負担も少なくなってきました。

検査前に、胃の中を浄化する水薬を飲み、おしゃぶりに穴の開いたような形の物をくわえ、管を入れていきます。優しく声かけてくれたり、画像を自分でも見ることができる為、説明を受けながら検査を行えますが、嗚咽がひどい場合があり辛く感じる方もいるようです。消化器内科や総合病院などの受診をお勧めします。

(3)レントゲン検査

X線検査にて、造影剤であるバリウムを飲み撮影します。胃の粘膜の病変などを見ることができ、診断されます。検査後、白っぽい便が出ることがありますがバリウムが排出されている証拠なので焦らなくても大丈夫です。

消化器内科へ受診することをお勧めします。肝臓のほうでは胆石などが見つかることもあります。微量ですが被ばくする為、妊婦は事前に説明し相談しましょう。

(4)CT検査

肝臓機能やエコーにて異常が見られた場合などに行われます。X線にて腹部を撮影し、撮影した画像を輪切りにして、処理された画像を見て病変箇所などを特定していきます。

造影剤など注入することで、肝臓をより詳しく見ることができます。円状の検査機の中に入る為、閉所恐怖症の方は事前に説明し対応してもらうことをお勧めします。総合病院の口腔内科を受診することをお勧めします。

(5) MRI検査

腹部を見ます。CT検査よりも、鮮明な画像処理により、いろんな角度から検査箇所を見ることができる検査です。病変や病気がはっきりと映し出される為、医師も診断しやすい検査です。X線検査とは違い、微量の被ばくもなく安心ですが、固定され狭い円状の空間に入る為閉所恐怖症の方は説明しましょう。

強力な磁石などが使用されている為、事前説明にてネックレスや装飾品など外してくださいなどがあります。浴衣のような検査着に着替える為、検査中寒く感じることがあります。総合病院へ受診をお勧めします。胃がんや肝臓がんなどの初期状態が見つかることもあります。

(6) 肝生検

肝臓に太い針を刺して、肝臓の細胞を採取し調べる検査方法です。精密な検査で、肝硬変や肝炎など見ることができます。太い針を刺すので激痛走ります。総合病院へ受診することをお勧めします。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

5)背中の張りの症状への4つの治療方法とは

病気と診断されお辛いと思いますが、早期発見早期治療にて回復は望めます。しかし、どのような治療が行われるのか不安な方もいると思いますので、上記の病気に行われる治療法をご紹介します。

(1) 薬物療法

薬で様子を見れると判断された場合や術後など長期薬にて状態維持などで、薬が処方され経過を診ていきます。用法容量を守り副作用がでたら受診し医師に相談しましょう。また定期的に受診することになります。

(2) リハビリ療法

ヘルニアなどで術後など、ホットバックというホッカイロのようなもので保温したり、軽い運動をしたりして身体機能の向上を図っていく療法です。医師、理学療法士と組み行いますので、何か変化があった場合はすぐに相談するようにしましょう。そして指導の元、しっかりメニューをこなしましょう。

(3) 食事療法

規則正しくバランスの取れた食事を取る療法ですが、肝臓疾患の方は塩分制限され薄い食事を取るようになりますが、食事にて進行を抑えていく療法です。医師や管理栄養士と組み食事メニューなどを作ることもあります。

(4)手術

椎間板ヘルニアの場合、保存治療で対処できる患者のほうが多いのですが、手術が必要な患者もいます。病院選びや医師が少ない現状もありますが、難しい手術でもあります。

患部の椎間板を取り、そこに上と下の脊椎を結合させるという術式です。頸椎間板ヘルニアは、椎間板を全て切除し人工骨を入れて固定する術式があります。程度によって術式は異なりますが、医師や家族などと相談して決断しましょう。

6)日々の生活改善を!6つの予防ポイントとは

背中の張りには怖い病気が潜んでいることがお分かりいただけたと思いますが、原因や症状、病気にならないように日頃から予防は可能です。ですので、予防法をご紹介します。

(1) 飲酒を控える

肝臓疾患を患ってしまった場合は禁酒しなければなりませんが、お酒を1日2缶など決め毎日飲むのではなく、休肝日を作るなどして美味しいお酒を楽しみましょう。

(2) 食事

食事療法を受けている方は、食事療法にて食事をとりましょう。ですが、栄養状態や規則正しくバランスの取れた食事を取ることで、様々な病気を予防することができるので、食事には気を配るようにしましょう。

(3) ストレッチ

痛みがある場合はしないようにしましょう。入浴後や寝る前などに、軽く背中を伸ばしたりとするように時間を作りましょう。良い眠りにもつながります。また激しい運動する前や後には必ずストレッチをするようにしましょう。

(4) コルセット

市販でも販売されていますが、病院でも出されることがあります。痛みがある場合は、医師に相談しコルセットをして良い場合はコルセットを巻き経過を見ましょう。

(5) タバコ控える

タバコは血管を収縮させることがあり、胃やヘルニアなど様々な疾患の原因になります。タバコを控えたり禁煙に挑戦するなどして、病気の原因をなくしましょう。

(6) 定期健診

タバコや飲酒、また腰痛持ちの方などは人間ドックや定期健診を受けるなどして、自分の身体を知るようにしましょう。それによって生活や予防、行動が変わることもありますのでお勧めします。



今回のまとめ

1) 背中の張りと一緒に現れることがある症状とは

2)背中の張りにつながる6つの原因とは

3)背中の張りが続く・・考えられる6種類の病気とは

4)背中の張りが続いたら・・試してみたい検査方法とは

5)背中の張りの症状への4つの治療方法とは

6)日々の生活改善を!6つの予防ポイントとは