背中に痛みのある女性

腰痛には様々な原因がありますが、背骨が曲がってることが原因となる場合もあります。自分の背骨が曲がっていることは、初期の段階だと気づかない場合があります。

今回はなぜ背骨が曲がってしまうのか、どのようなリスクがあるのか、対処法も含めてお伝えします。



背骨が曲がってる3大原因!チェック項目と対処方法とは


1)背骨が曲がってる?2つのチェック項目とは

(1)左右の方の高さが違う

通常ならば、正面から見ても、後面からみても肩の高さは同じはずですが、どちらかが下がっていると背骨が曲がっている可能性があります。

(2)背骨が左右に曲がっている

背骨は通常、真っすぐですが、S字状や逆S字状となっている場合は背骨が曲がっているということです。前屈すると曲がっているのがよく分かると言われています。

2)生活習慣が原因?背中が曲がってしまう3大原因とは

(1)姿勢が悪い

片方の肩に負荷がかかるような姿勢が癖になると背骨が曲がり、腰痛の原因になります。骨や筋肉が成長過程にある10代の子どもに多いと言われています。

(2)肥満

肥満になると、お腹が前に出て背中が反りやすくなります。下半身にも負荷がかかるので骨盤への影響が出てきます。

(3)脊柱の老化

脊柱が老化すると腰椎の摩擦が強くなり、脊柱を守っている靭帯が厚みを増してくるなどして背骨が曲がる原因になります。

3)自分でできることとは?背骨のゆがみへの2つの対処方法

(1)ストレッチ

背骨の歪みを和らげるにはストレッチが良いとされています。自宅で時間をかけずにできるものがいくつかあります。例に出すと、背中を伸ばすには、足を肩幅程度に広げて両手を壁に付けて顎を引き、息を吐きながらゆっくりと上半身を腰の高さまで倒す動作をするのが良いと言われています。何日か続けて腰の痛みが解消されないようでしたら病院に行くことをお勧めします。

(2)姿勢ベルトを使う

猫背を矯正する装着ベルトがネットショップなどで売られています。下着の上に着けて服で隠せば違和感がないようです。大人用だけでなく子ども用のものもあります。

Doctor examining man back

4)背骨の歪みで強い痛みが伴う場合に・・可能性のある2種類の病気

(1)脊柱側弯症

背骨がS字状に曲がってしまう病気を脊柱側弯症といいます。この病気には大きく分けて機能性側弯症と特発性側弯症があります。機能性側弯症とは日常的に悪い姿勢を続けていたことなどで筋肉のバランスが崩れて背骨が曲がるというものです。特発性側弯症とは、成長とともに背骨が曲がるという原因不明の症状です。思春期の女子に発症することが多いとされています。

(2)自律神経失調症

自律神経の初期症状には、背骨の歪みから始まるものもあります。背骨の歪みによって神経の流れが阻害され、臓器や様々な器官に悪影響がでます。背骨の歪みに気づいたら、臓器が悪くなっているサインの可能性があります。

5)症状が続く場合には専門家へ!専門家で行う検査方法とは

(1)立位検査

整形外科で体の歪みをチェックしてもらうことができます。どこがどのようにわるくなっているのかを知る重要な検査だとされています。前後左右の姿勢を見て検査します。

(2)レントゲン検査

背骨の歪みが疑われる場合、レントゲン検査を行うことがほとんどだと考えられます。レントゲン写真だと背骨がどのようにどの程度曲がっているのかがはっきりと見えるので、今後の治療への参考になります。

Doctors and nurses discussing together

6)背骨の歪みを整える為の2つの治療方法

(1)コルセット治療

コルセット治療の主な目的は、元に戻すというより進行を遅らせることです。装着時間はお風呂に入る以外の24時間の他、昼間だけや夜だけと症状によって違います。定期的に整形外科で診察やレントゲン検査などをすることになります。

(2)手術

背骨を真っすぐに直すには手術しかありません。背骨の曲がりが50°以上の場合や、背骨の曲がりが原因による腰や骨盤の激しい痛みで日常生活が困難な時は、手術を勧められます。手術は背中かお腹を切開する必要があるので、傷跡が残る可能性があります。またスポーツの制限や内臓が悪くなるリスクもあるので、本当に手術が必要なのかどうか考える必要があります。術後の生活に悪い影響がでないよう医師としっかり話し合いましょう。腰痛が

7)毎日できる予防習慣とは?背骨の歪みへの3つの予防ポイント

(1)姿勢に気を付ける

悪い姿勢を続けると背骨が徐々に曲がっていきます。立っている時も座っている時も背筋を伸ばしましょう。背筋を伸ばしたほうが見栄えもよく、だらけにくくなります。

(2)運動をする

腹筋がないとお腹が出て背骨が反ってしまいます。不足している筋力をつけてバランスの取れた体にしましょう。

(3)疲れたら背伸びをする

デスクワークや同じ体勢で行う仕事をして疲れたら立ち上がって背伸びすることをお勧めします。体に負荷を与え続けて背骨が曲がらないように気をつけましょう。



今回のまとめ

1)背骨が曲がってる?2つのチェック項目とは

2)生活習慣が原因?背骨が曲がってしまう3大原因とは

3)自分でできることとは?背骨の歪みへの2つの対処法

4)背骨の歪みで強い痛みが伴う場合に・・可能性のある2種類の病気

5)症状が続く場合には専門家へ!専門家で行う2つの検査方法

6)背骨の歪みを整える為の2つの治療方法

7)毎日できる予防習慣とは?背骨の歪みへの3つの予防ポイント