体調不良の寝起きの女性

朝起きたら体が痛い・・・寝起きの体の痛みには、人それぞれ様々な原因が考えられます。病気の疑いから意外な原因とその対処法まで、快適な一日をスタートするための様々なメソッドもご紹介します。寝起きに体が痛い場合の対処法をお伝えします。



寝起きに体が痛い?可能性のある3大原因と対処方法とは


1)どんな痛み方がある?体の痛みの3つの種類と特徴

(1)首の痛み

寝違えた様な痛みのほか、筋が強張る様なものや、眠っていられない程の痛みに襲われる場合もあり、原因にもよりますが、一日を通して慢性的に続く場合が多いです。

(2)肩の痛み

首の痛みとの判別が自己診断では難しい場合があり、症状は首の痛みに似ていまが、肩全体に違和感と鈍痛があり、起きて行動するまで続く場合もあれば、一日続く場合もあります。また、非常に多い症状としては、筋肉が硬くなり、血が通っていないような感覚を覚える事が多いでしょう。

(3)腰の痛み

寝起きで上半身を起こそうとした瞬間、刺すような痛みを感じたり、症状が重いと寝返りさえ打てずに往生してしまう場合もあります。痛みは慢性的ではなく、上半身を曲げる時や、椅子に腰掛ける時や逆に立ち上がる時等、腰に不可をかける度に痛む場合がほとんどです。

2)なぜ痛むの?寝起きに体が痛い3大原因

寝起きの体の痛みには様々な要因が考えられますが、その中でも該当する事が多い3つの要素を説明します。

(1)寝具と寝相

寝起きに体が痛くなる要因として、寝ている間に、患部に負担をかけているという事が考えられます。例えば仰向けに寝ていて、寝具が柔らかい場合、腰が沈んでいる状態になり、常に沈んだ腰で体を支える事になり、長時間負荷がかかる事となり、寝起きの痛みの原因となります。枕との相性により、首や肩が寝起きに痛む場合もあります。さらに睡眠の質が低いと寝返りの回数がへり、痛みの原因となります。

(2)血液の循環

人体は眠っている時に最も血流が悪くなります。血の巡りが悪くなると、筋肉は緊張状態となる為、一時的に肩こりが悪化しれしまいます。また、部位に限らず患部が炎症を起こしている場合などは、痛みの元となる物質が溜まってしまい、寝起きの痛みの原因となります。

(3)生活習慣

寝起きに限らず、生活習慣と体の痛みは密接な関係がありますが、寝起きの痛みに限定すると、就寝前の食事のとり方が体の痛みの原因となる場合があります。夕食から睡眠までの時間が短いと、内臓に負担が生じ、腰や肩に筋肉が緊張状態となり、それが寝起きの痛みに繋がるのです。また、日常のストレスにより睡眠の質が悪くなり、疲労が回復する事無く朝を迎え、寝起きの体の痛みに繋がる場合もあります。

3)応急処置を試そう!上記の体の痛みへの対処方法

紹介するのはあくまで応急処置となります。症状の自己判断は危険な場合もありますので、ご注意お願いします。

(1)寝具の改善で睡眠の質を向上させる

最も重要なのは、眠るときの姿勢を正しく保つ事です。それにより、体の一箇所に負担が集中する事を避け、睡眠の質が向上するため、適度に寝返りを打つ事となり血流も正常化します。その為にはまずベッドを柔らかすぎない、適度な硬さのものを選びましょう。ポイントは胸部と腰が沈まない事と、膝が曲がらない事です。また、枕については頭が体より高い位置にあると、肩と首に負担がかかり、やはり痛みの原因となります。体のラインが直線に近くなるイメージで選んでみましょう。

(2)入浴とストレッチで血流を改善

血流の改善で最も簡単な方法は、入浴とストレッチです。まずは暖かい湯船につかり、ほんの数回でもいいので、首と肩を回しましょう。それだけで飛躍的に血流がよくなります。入浴する時間については、カラスの行水ではなく、少なくとも10分以上は湯船につかりましょう。ユニットバスでシャワーしか出来ないという場合は、シャワーを浴びる際に、ゆっりとシャワーの温度を上げながら浴びる事で、血流がスムーズになります。また、簡単でいいので入浴後にストレッチをする事で相乗効果を生むことが出来ます。

(3)改善するべき生活習慣のポイント

まず、少なくとも睡眠をとる2時間以上前に食事をとる習慣を身に付けることが重要です。それにより睡眠時の内臓にかかる負担を軽減し、ストレスの軽減にも繋がり、睡眠の質も向上します。また、睡眠時だけでなく、日常生活においても正しい姿勢を保つ事が必要です。猫背の人は自分は猫背である事に慣れきっていても、身体には常にストレスがかかり、それが蓄積して骨が曲がり、体の痛みとして表出します。日頃、姿勢に対して意識を向ける他、ストレッチや筋トレを行うことで改善していきましょう。生活習慣については、後ほどさらに詳しく記します。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

4)痛みが続く場合は要注意・・考えられる4種類の病気とは?

上記の応急処置では改善が見られない場合は病気の疑いがあります。どういった病気が考えられるか主だったものを紹介します。

(1)胃炎等の内臓疾患

寝起き時に、腰や背中が痛む場合は内臓疾患の可能性があります。胃炎や肝炎等、様々な内臓疾患が原因になっていると考えられます。

(2)関節リウマチ

関節リウマチは、間接に炎症が起こり、重度の場合は間接が変形してしまう恐ろしい病気です。中高年の女性に多い疾患ですが、年齢性別問わず発症する可能性があります。

(3)肋間神経痛

肋間神経痛はストレスが原因で発症し、ぎっくり腰と併発する場合が多い疾患です。神経が圧迫される事で体の様々な部分に痛みを引き起こします。

(4)繊維筋痛症

繊維筋痛症は未だに原因が見つかっていませんが様々な症状が報告されており、寝起きの体の痛みも症状として報告されています。一説では脳が痛みの信号を処理する際に不具合を起こしてしまうのが原因とされていますが、明確な立証はされていません。

5)痛みが治まらない時には専門家へ!行われる可能性のある検査方法

(1)整骨院での問診とレントゲン撮影による検査

寝起きに体が痛む場合、まずは整骨院で自分の体が歪んでいるかどうかの検査をするという選択があります。検査は初診に行われますが、大きく言うと問診、レントゲン撮影、そして触診となります。レントゲンについては機械を置いていないところもあるので、問診と触診のみというケースもあります。

(2)整骨院での触診で歪みを検査

整体師は頭からつま先まで、全身を触診する事でミリ単位まで体の歪みを検査する事が可能だと言われています。さらに、止まっている時だけでなく、動いている時の歪みの他、眠っている時の姿勢についても検査出来る為、寝起きの体の痛みを解決する糸口となります。

(3)検査の流れ 費用

体の歪みの検査については通常、初診時に行われます。基本的には電話で予約しての来院という形になります。初診料については金額に幅があり、2000~3000円の場合もあれば1000円代の場合もあります。これはレントゲンの撮影をしたかどうかで差が出てくる為、整体師の判断によって決まります。

(4)治療期間

期間については症状や通うペースによって千差万別ですが、平均すると週一回のペースで概ね2、3ヶ月の通院が一般的なようです。その点については初診、検査時の打ち合わせにより事前に提示されるのが通常の流れとなります。

(5)整骨院を選ぶポイント

どんな整骨院を選べばいいのかというポイントですが、完全予約制である事が一つの基準となります。飛び込みも受け入れる整骨院では、来客の状況によってはお客さんの待ち時間をへらす為、治療時間を短くしてしまうという事が考えられます。一概には言えませんが、一つの基準とする事は可能です。

Doctor examining his patient pelvis

6)病気の場合には・・?専門医で行われる治療方法

どんな専門家へ受診するべきか。具体的な治療名、ステップ、期間、流れ、費用とは。

(1)薬物療法とリハビリ・運動療法

寝起きの体の痛みにより病院を受診すると、まず検査により手術が必要か不要かの切り分けを行い、不要な場合は薬物療法と運動療法、リハビリにより完治を目指します。症状の改善が想定より遅い場合には、ブロック注射による薬物療法へと移行する等、段階により数種の治療方法が用意されています。

(2)治療までの流れ・費用

病院の規模や状況によりますが、基本的には初診時の検査をし、通院ペースと期間についての説明と打ち合わせが持たれ、決定します。費用については通常は1000円以内とされていますが、レントゲンの撮影やMRIの検査などが実施された場合は倍以上になる事もあり、それはその時の意志の判断となります。

(3)治療期間

症状により千差万別ですが、寝起きの体の痛みについては、鎮痛剤による投薬治療を1週間ほど行い、その後にリハビリや運動療法へと切り替わり、トータルで3、4週間ほどの治療が一般的ですが、事前の確認は必ず行いましょう。

(4)病院を選ぶポイント

通院の手間を考えると、家の近所で通いやすいところ、というのが重要なポイントとなりますが、検査時にMRIを行う必要が発生した場合などは、小さいところでは機械自体が置いていない場合が多いので、初診の検査については総合病院などの大きな病院を選ぶのが無難であると言えそうです。

7)習慣を整えよう!寝起きの体の痛みへの3つの予防習慣

(1)内臓に優しい食習慣

寝起きの不調は内臓の不調も一因となります。高カロリーの食事を控え、暴飲暴食や不規則な食事回数、過度な間食に注意し、既に記しましたが、睡眠の二時間前には食事をとらないという習慣を身に付けましょう。

(2)睡眠をとる時間帯をコントロールする

寝起きの体の痛みに対して、睡眠時の姿勢が重要というのは説明しましたが、安らかな眠りで疲労を確実に回復させるといういのも重要です。夜の10時から2時が安眠に最も適した時間となっています。毎日決まった時間に睡眠をとるのは難しいかもしれませんが、少なくとも10時から2時の間に睡眠をとる習慣を身に付けましょう。

(3)基礎体力を身に付ける運動習慣

体の痛みを改善するには、やはり基礎体力が必要です。あくまで基礎体力ですので、激しい運動は必要ありません。オススメは30分程度のウォーキングです。その際、合わせて歩く姿勢についても意識しながら行う事も重要です。寝起きの体の痛みに限らず、健康の基本です、是非とも30分のウォーキングという運動習慣を身に付けて下さい。



今回のまとめ

1)どんな痛み方がある?体の痛みの3つの種類と特徴

2)なぜ痛むの?寝起きに体が痛い3大原因

3)応急処置を試そう!上記の体の痛みへの対処方法

4)痛みが続く場合は要注意・・考えられる4種類の病気とは?

5)痛みが治まらない時には専門家へ!行われる可能性のある検査方法

6) 病気の場合には・・?専門医で行われる治療方法

7)習慣を整えよう!寝起きの体の痛みへの3つの予防習慣