男性患者の診察を行っている医者

日々の生活の中で痛くなると厄介なのが腰ですよね。座る、立つ動作をする度に痛みを伴うのは生活する上で大きな障害になります。そんな腰の異常の中でも伸ばすと痛みと感じる経験をしたことはありませんか。そんな腰を伸ばすと痛い症状について原因と対処方法をご紹介します。



腰を伸ばすと痛い?可能性のある3大原因と対処方法とは


1)場所による違いがある?右側・真ん中・左側の腰の痛みの違い

基本的に腰に原因がある場合は腰全体が痛むことが多いですが、臓器に異常がありそれが原因で痛みがある場合は痛みの原因となる臓器の箇所によって痛みの場所は異なります。

(1)右側

腎臓、肝臓、に異常がある場合は右側が痛みます。腎臓や肝臓は直接痛むことは少なく周辺の神経が痛みを起こしている可能性が多いといえます。

(2)真ん中

腰の真ん中が痛む場合は腰そのものの痛み(腰痛)であることが多いため、椅子に座る、階段を上るなどの動作をする際に針でさしたような痛みが起こります。

(3)左側

左側が痛む場合は胃や十二指腸、または膵臓に異常がある場合があります。食べ物を食べた後または前にキリキリとした痛みがあると同時に吐き気や胸やけなどの症状も起きる場合があります。

2)なぜ痛むの?腰を伸ばすと痛い症状の3大原因とは

(1)姿勢の悪さ

立っているとき、または座る姿勢が悪い人は体にゆがみが生じ、知らない間に腰に大きな負担がかかっている場合があります。負担をかけすぎると痛みを生じます。特に座っているときは立っているときに比べて1.5倍負担が大きいといわれてるため、左右どちらにも均等に力がかける、また背筋を伸ばして座るようにしましょう。

(2)骨の異常

腰の痛みの原因としてヘルニアなど骨の異常により神経や血管を圧迫し、腰に痛みを伴う場合があります。その場合は座る、立つ、階段を上るなどの動作の度に激しい痛みが伴い、ひどい場合は動くことすら間にならないときもあります。加齢により骨の強度や密度が低下することで腰に痛みを伴うことも多くなります。

(3)臓器の異常

腰あたりにある臓器に炎症などの異常があることで痛みを伴う場合があります。臓器の箇所により痛みの場所も異なりますが、異常のある臓器周辺の神経を介して痛みを伴う場合もあります。

3)試せる処置はあるの?痛みへの対処方法とは

以下はあくまで対処法となり原因によっては効果がない場合があります。整形外科と内科がある総合病院に早い段階で診察を受けるようにしましょう。

(1)横になる

腰が痛いまま、仕事や家事を続けても症状が悪化するだけです。ひとまず横になり腰が楽だと思う姿勢を取りましょう。横だけでなく、仰向けで低い台に足を乗せても腰が楽になる場合があります。痛みが引くまではその姿勢を続けましょう。

(2)冷やす

腰の痛みが炎症が原因の場合は15分ほど氷の入ったビニールを患部にタオルを間に挟んであてることで痛みが治まる場合があります。しかし、炎症ではない場合は逆効果になるため注意が必要です。

4)病気の疑いも?病気かどうかのチェックと判断基準とは

痛みが激しく、歩く、または立つ、座る度に激痛が走る場合は病気の可能性が考えられます。生活に支障がではじめたと感じた段階で早くに病院に行きましょう。また、臓器が関係する場合は腰痛以外にも熱、嘔吐、関節の痛み、腹痛などの症状も出る場合が多いといわれています。そのような症状が出た場合も病気を疑いましょう。

Physio Therapist have stretch a woman's waist

5)痛みが続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは?

(1)坐骨神経症

腰から太ももを通って、足先まで通る神経の膝あたりまでのことを坐骨神経と呼び、どこかで圧迫などの障害をうけることで坐骨神経痛を発症します。原因は定かでない場合もありますが、骨の形、または姿勢の悪さから神経を圧迫することが原因の中では多いといわれています。腰、おしりにかけ痛みがあり、足のしびれ、排尿や排便がしにくいといった症状がでます。

(2)胃潰瘍

胃液と胃を守る粘膜のバランスが崩れることで自分の胃液で粘膜を破壊してしまい、潰瘍ができることで発症します。胸やけや食欲不振、腹痛などの症状が主で、慢性的に起こっている場合もあります。原因はピロリ菌やストレス、自律神経の異常など多岐にわたります。

(3)骨粗鬆症

50代以上の女性に多くみられる病気で加齢により骨の密度が低下し痛みを伴います。骨密度が下がるとちょっとしたことで骨折してしまうため、腰だけでなく、腕や足の骨にも注意が必要となります。昨今では食事の変化により若い世代でもカルシウム不足が原因で骨粗鬆症になる若い世代も数十年前に比べて増えてきているといわれている。

6)痛みが治まらない時には専門家へ!検査・治療方法とは

(1)検査方法

‐MRI

磁気を利用して体内を精密に調べることができます。骨だけでなく、神経の圧迫有無や臓器に異常がないかを調べます。30分ほどの検査で結果もするに確認することができます。費用は保険適用でも1万円を超える場合があるので事前に確認をしておきましょう。

‐骨密度測定

骨密度を測定して骨粗鬆症かどうかを調べます。一般的には超音波を使用して骨密度を調べることが多く、妊娠中の女性でも安心してうけることができます。検査自体は骨の曲がり、身長が低くなるなどといった症状を医師が判断して検査を実施することになります。検査自体は1時間以内で終わり、密度もすぐに知ることができます。

(2)治療方法

‐薬物療法

胃潰瘍の場合は胃酸の分泌を抑える薬を投与して粘膜のダメージを最小限にとどめる、骨密度の低下の場合は骨の密度を正常に戻すための薬を投与します。症状により使用する薬、投与期間も異なります。医師からの説明を理解した上で服用するようにしましょう。

‐手術

坐骨神経症の場合、原因がヘルニアなどの場合も手術をして症状を和らげるケースもあります。手術にはリスクもあるため、本当に手術すべきかを医師と相談した上で手術を受けましょう。通常は3~5時間ほどで手術は終わり、後遺症もないのが一般的です。

7)習慣を整えよう!腰を伸ばすと痛い症状への予防習慣とは

(1)ストレッチを行う

運動前や運動後、お風呂上りなどに腰回りの筋肉を伸ばすストレッチを行うことで腰が柔軟になり怪我や痛みを和らげることにつながります。ストレッチ方法としては手を腰に当て、ぐるぐる時計回りに10回、反対も10回す。また、椅子に座りながら体を左右に5回ずつひねることを毎日2~3回ほどやってみてください。

(2)温める

腰に痛み(炎症)がない場合は温めることで血行がよくなり腰痛になりにくくなります。腰巻きをする、冬は貼るカイロを腰にはるなどをして腰を冷やさないように心がけましょう。また、半身浴は肩こりや不眠だけでなく腰痛にいいといわれています。毎日、可能であれば20分以上、35°~38°のお湯につかるようにしましょう。

(3)姿勢

特に座るときの姿勢が悪いと腰に大きな負担を与えます。猫背の人は胸を張る、パソコンの画面の位置を調節して前かがみになりすぎないようにするなど工夫をしましょう。1時間に一回、伸びをするだけで姿勢を良くする効果があります。



今回のまとめ

1)場所による違いがある?右側・真ん中・左側の腰の痛みの違い

2)なぜ痛むの?腰を伸ばすと痛い症状の3大原因とは

3)試せる処置はあるの?痛みへの対処方法とは

4)病気の疑いも?病気かどうかのチェックと判断基準とは

5)痛みが続く場合は要注意!考えられる3種類の病気とは?

6) 痛みが治まらない時には専門家へ!検査・治療方法とは

7)習慣を整えよう!腰を伸ばすと痛い症状への予防習慣とは