女性患者の診察を行っている医師

左の首筋が痛むのには、生活習慣からのクセで起きてしまうものから突然の病気で起きてしまうものまで色々な原因があります。これらの原因には、それぞれの対処方法があり治すことが出来ます。下記の項目から左の首筋が痛い場合について紹介していきます。



左の首筋が痛い場合に!確認すべき5大原因と処置とは


1)左の首筋が痛いのはなぜ?症状の5大原因とは

左の首筋の痛みの主な症状は、筋肉痛の様な痛みが継続して起きていることやその痛みが酷くなると頭や肩の方へと広がってしまいます。

(1)筋疲労

例えばパソコンやスマートフォンを長時間使用すると、どうしても同じ姿勢になりがちです。同じ姿勢をとり続けることは首に多大な負担をかけることになります。首に負担がかかることでやがて首の痛みへと変わってきます。

(2)加齢によるもの

人は歳を重ねると身体全体の筋肉量が低下します。それは、当然首にもいえることで首の筋肉量が落ちると筋疲労が起きやすくなるので痛みやすくなります。また、加齢は首の歪みも起きますから首に負担が増えていくでしょう。

(3)首の冷え

首が冷房の風や冷たい外気にあたると血行不良を起こしてしまいます。血行不良は、血の流れが滞ることになるため疲労物質が蓄積されやすくなります。そして疲労物質の蓄積は、やがて痛みへと変わってきます。

(4)整形外科の病気

首の関節あるいは首の椎間板に何らかの問題が出てしまうとその部分に痛みが出てしまいます。首には、頭の重量が常時のしかかっているので病変部があれば当然の様に痛みが現れます。

(5)リンパの病気

首にはリンパ節があって悪性リンパ腫という病気になるとしこりが出来ます。しこりは、初期段階では痛みが出ないことも多いのですが病気が進行してしこりが大きくなってくると痛みが出てきます。

2)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは

(1)抗炎症作用のある貼り薬

首に痛みがある場合、ドラッグストアなどで市販されている抗炎症作用の貼り薬を数日使用して様子をみて下さい。症状が良くなっていかないのであれば病院受診をおすすめします。

(2)非ステロイド性抗炎症薬

ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬を服用すると20~30分後に首の痛みが取れてきます。しかし、薬の副作用で胃の粘膜が荒れますから胃の粘膜を保護する薬との併用をするとよいでしょう。また、胃の薬が無理でしたら食後か多めの水で薬を飲んでも構いません。

※上記の処方はあくまでも対処方法となります。違和感が続く場合は、速やかに専門医へ相談しましょう。

3)これは病気の疑いも?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

(1)継続かつ増幅する痛み

首の痛みでも短絡的な痛みは、特に問題することはありませんが痛みが継続して痛み方が強くなってしまうものは注意が必要といえます。

Men are undergoing medical examination

4)症状が続く場合は注意!考えられる4種類の病気とは

(1)筋肉炎

肉体労働やパソコンなどのデスクワークでは首に毎日負担がかかっています。首の負担は、疲労物質を蓄積し首の筋肉が炎症してしまいます。筋肉炎は、特に治療が必要ないものもあれば生活に支障が出てしまうものまで幅広く存在し、医師の診断で治療方針が変わってきます。

(2)頚椎症

頚椎症とは、主に加齢によって椎間板が老化してしまうことや椎間板の靭帯が硬くなってしまうことで首に痛み起こってしまう病気です。症状が悪化を辿ると頭痛やめまい、手足の痺れといった症状が現れます。

(3)頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎の間にある椎間板が脊髄の神経の方へ飛び出してしまい圧迫することで痛みなどが出ます。主な原因は、原因不明なことが多いですが30代以上の方に多いので一般的には加齢が原因ということになりますが、普段の姿勢の悪さやスポーツや肉体労働で身体を酷使される方にもみられる病気です。

(4)悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、血液中のリンパ球が腫瘍化し無限に増殖してしまう病気です。初期症状は乏しいですが、症状が進行すると共に発熱、体重の減少、リンパ節の腫れがみられます。悪性リンパ腫になれば、首にしこりが出来て大きくなると神経を圧迫して痛みが出てしまいます。

5)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

(1)検査方法

首筋の痛みが原因なので整形外科の受診してもらい担当医に症状を話します。そして、画像診断をするためレントゲンまたはCT撮影を行い首の異常の有無を判断します。異常が見つかった場合はより詳しい検査をするため造影剤を使用してMRI撮影を行い今後の治療方針を決めていきます。

(2)治療方法

筋肉炎は、軽度の場合は、薬等の使用は控え自然に治るのを待ちます。中度以上の場合は、痛み止めの非ステロイド性抗炎症薬入りの湿布や飲み薬で完治をしていくことになります。頚椎症は、温熱療法や電気治療でまず筋肉の緊張状態を緩和してみます。これらの方法で良くならない場合は、消炎鎮痛剤や神経ブロック注射などで痛み止めをします。

頚椎椎間板ヘルニアは、軽症の場合は頚椎カラーの装着または鎮痛剤での保存療法が用いられます。手足の痺れといった中度以上の方は、神経を圧迫している椎間板を削り取る手術が行われます。悪性リンパ腫は、抗がん剤治療による化学療法が主な治療方法になります。単剤ではなく複数の種類の抗がん剤を使用してがん細胞を攻撃していき寛解へともっていきます。

6)生活習慣を整えよう!左の首筋が痛い症状への予防とは

(1)同じ姿勢を取り続けない

パソコンやスマートフォンの長時間の使用は、どうしても無意識の内に同じ姿勢をとる形になってしまいます。同じ姿勢を取り続けることは、首に負担になりますから時には姿勢を変えるなどして首に負担をかけないようにしましょう。

(2)首をポキポキ鳴らさない

首が気持ち良いからといって首をポキポキ鳴らす方がいますが、この行為はその時は筋肉がほぐれた感じがして良いかもしれませんが、長い目でみると首に悪い行為であり首を痛める原因になります。ですからこのクセがある方は、すぐに止めておいた方が良いと思われます。



今回のまとめ

1)左の首筋が痛いのはなぜ?症状の5大原因とは

2)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは

3)これは病気の疑いも?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは

4)症状が続く場合は注意!考えられる4種類の病気とは

5)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

6)生活習慣を整えよう!左の首筋が痛い症状への予防とは