デスクで資料を確認している医師

太腿の前側に痛みを感じたことはないでしょうか?前屈をしたときに太腿の後側に痛みを感じる方は多数いると思います。では、前側に痛みを感じる場合はどういった場合が多いのでしょうか?太腿の前側の痛みについてご紹介したいと思います。



太腿の前側の痛みの原因とは?4大原因と試したい対処方法


1)どんな症状が現れる?太腿の前側の痛みの3種類と症状の違い

(1)腰からお尻や下肢にかけてしびれる

腰椎椎間板ヘルニアによるものや、脊柱管狭窄症によるものがきっかけになり、腰からお尻や太腿にかけてしびれが起こることがあります。

(2)腰神経叢から下肢に伸びる神経が刺激を受ける

大腿神経が絞扼や圧迫など刺激を受けることで、太腿の前側に痛みを感じることがあります。絞扼とは、締め付けることです。

(3)太腿の筋肉に炎症が起こった場合

太腿には大きく4つの筋肉があります。激しいスポーツなどによって筋肉を酷使し、4つの筋肉に炎症が起こることがあります。

2)痛むのはなぜ?太腿の前側の痛みの4大原因とは

(1)肉離れ

気付かないうちに肉離れになっているという事があります。普段はスポーツをしない人で、普通に歩いたり走ったりジャンプをしたりなどの日常的行動で肉離れになってしまうのです。太腿の筋組織の断裂によって、最悪の場合は自力での歩行が困難なほどの痛みを発する場合があります。

(2)筋肉痛

日常的に運動の習慣がない人が突然激しい運動を行うことによって、股関節の鼠径部にダメージを受けてしまい、太腿を痛める場合があります。硬いアスファルトの上での運動になると、足首を痛めやすくなり、地面からの衝撃が太ももに達してしまい、痛みの原因になります。

(3)妊娠

女性特有にはなりますが、妊娠によって骨盤が広がったり、お腹の中で赤ちゃんが成長していく中で、鼠径部などの股関節部分の筋肉が圧迫されることで、それに伴い太腿に痛みを感じることがあります。

(4)体の歪み

日頃から姿勢が悪かったり、加齢による筋力の低下で膝の部分に負担がかかってしまい、太腿にも痛みを生じる場合があります。O脚やX脚などの歪み、関節リュウマチなどの病気がある場合には注意が必要になります。

3)試せる処置はあるの?試してみたい対処方法とは

患部が炎症を起こして痛みの原因になっている場合は、炎症の拡大を防ぐためにも患部を冷やす事がとても大切です。氷や何か冷たいもので10分~15分程冷やしたり、連続で冷やす場合には湿布薬などを使うといいでしょう。そして、太腿に負担をかけないように痛みが引くまで安静にすることが必要です。

しかし、仕事や忙しくて安静にする時間があまりとれない場合には、無理をしないことが重要になります。痛みがひどい場合や痛みが続く場合には、自分で判断せずに病院を受診しましょう。

4)これは何かの病気の前兆?病気かどうかの判断基準とは

まず、点に痛みが集中するか、ライン状に痛みが出るかにより、病気の種類が違ってきます。また、安静時に痛みがあるかないかによっても変わってきます。安静時に痛みを感じる場合は坐骨神経痛の場合があります。

毎日、同じ場所に何週間も何カ月も痛みがある場合は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など坐骨神経痛の可能性があります。

Manipulative nurses have confirmed a woman's joint

5)症状が続く場合は要注意!考えられる5種類の病気とは

(1)大腿四頭筋炎

太腿は非常に分厚く丈夫な筋肉で構成されています。大腿四頭筋と呼ばれる4つの筋肉、外側広筋、内側広筋、中間広筋、大腿直筋から成っています。その筋肉に、ジャンプや切り返しの激しいスポーツを行ったり、高さのあるハイヒールを履いての立ち仕事や、歩き方や走り方が悪かったり、足の変形などによる負担で痛みが現れてしまいます。

(2)大腿神経痛

大腿神経痛とは、腰の神経叢の中の主に第4腰椎から下肢に伸びる大腿神経が刺激を受けることで、痺れや痛みを発症する神経痛です。大腿神経が締め付けられたり、圧迫されたりすることが原因です。多くの場合、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など腰の病気が影響して起こってしまいます。また、窮屈で締め付けの強い下着などの着用、肥満や妊娠などの影響で大腿神経痛を起こす場合もあります。

(3)坐骨神経痛

坐骨神経痛とは病気の名前ではありません。症状の名前になります。原因は多々あり、若い人になると腰椎椎間板ヘルニアによるもの。中高年層になると、脊柱管狭窄症によるものが大きくなります。他には、変形性腰椎症や変形性股関節症、腰椎分離症や腰椎すべり症、梨状筋症候群、仙腸関節障害、外相によるものが原因にあげられます。

(4)閉鎖神経痛

太腿には閉鎖神経が通っています。この閉鎖神経が圧迫、牽引されるといった刺激を受けることで、閉鎖神経が通る骨盤にある閉鎖孔という穴に負担がかかってしまい、痛みが生じるのが閉鎖神経痛です。太腿の内側、膝上の辺りにかけて痛みを感じるのが主な症状になります。内股に力を入れたときに痛みを感じる場合は閉鎖神経痛を疑うことも必要です。

(5)股関節内転筋郡炎症

太腿には足を閉じるための内転筋郡と呼ばれる筋肉群があります。これらの筋肉に炎症が起きるのが股関節内転筋郡炎症といいます。症状は、太腿の付け根部分に痛みを感じることが多いですが、炎症が起きた箇所により痛む場所が変わるという特徴があります。

6)気になる場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

(1)検査方法

太腿の痛みが続く場合には、整形外科を受診しましょう。閉鎖神経痛などの場合、骨の変化や炎症が原因になります。その場合はX線で画像診断を行います。また、鼠径部やリンパ節炎が原因の場合、また、他の病気の関連性が疑われる場合は血液検査や尿検査を行うこともあります。

(2)治療方法

継続しての治療が必要な場合には、通院が必要になります。湿布薬や痛み止めをもらって経過を観察する場合は、通院は1回から数回になるでしょう。内服薬や外用薬を処方される場合が多くなります。

7)生活習慣を整えよう!太腿の前側の痛みへの予防習慣とは

(1)ストレッチ

筋力が落ちてしまい硬くなった太腿の筋肉をほぐすために日常的にストレッチを行うことが効果的です。あぐらをかくように座り、足の裏を合わせて左右に開くと効果があります。片足を曲げて、もう片方の足を伸ばして体を前に倒すのもいいでしょう。

(2)筋トレ

太腿の筋肉は、加齢による筋力低下が原因になることもあります。普段から適度な運動を行い、筋力をつけるようにしましょう。オープンスクワットやサイドランジなどの筋力トレーニングを行うと効果的です。ですが、筋トレは個人により負荷のかけ方が異なります。専門の方に相談しながら続けていくことが大切です。

(3)姿勢を矯正する

痛みの原因が姿勢の悪さや筋力の低下によるものなら、日頃から姿勢を正して矯正していくといいでしょう。骨盤矯正などで一時的に症状がよくなっても、神経症などの病気が完治したことにはなりません。姿勢の矯正をじっくり時間をかけて行うと効果的です。



今回のまとめ

1)どんな症状が現れる?太腿の前側の痛みの3種類と症状の違い

2)痛むのはなぜ?太腿の前側の痛みの4大原因とは

3)試せる処置はあるの?試してみたい対処方法とは

4)これは何かの病気の前兆?病気かどうかの判断基準とは

5)症状が続く場合は要注意!考えられる5種類の病気とは

6)気になる場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

7)生活習慣を整えよう!太腿の前側の痛みへの予防習慣とは