女性のスキンケア

最近CMでもよく聞くグルコサミン。その効果・効能を詳しくご存じでしょうか。実は期待できる効果と、摂取にもコツがあるのです。今回はそんなグルコサミンの効果、摂取のポイントや注意点、女性に嬉しい効能などについて触れてご紹介します。



グルコサミンの効果をチェック!2大効果と摂取のコツとは


1)そもそも「グルコサミン」とはなに?

(1)グルコサミンとは

ブドウ糖であるグルコースと、アミノ酸であるグルタミンが結合したものはアミノ糖と呼ばれますが、グルコサミンはこのアミノ糖の一つです。グルコサミンはツメ、軟骨、靭帯に多く含まれ、関節部の新陳代謝に深い関わりを持っています。

体内で生産されるグルコサミンの量は20歳をピークとし、次第に加齢と共に減少していきます。50代になると、グルコサミン生産量が20歳の時の半分になってしまうと言われています。

(2)1日の摂取の目安量とは

目安として、1日に1500ミリグラムのグルコサミンの摂取が必要とされています。必要量以上を摂取した場合は体外に排出されるので、多少摂りすぎても問題ありません。しかし、中には胃痛や腹痛、下痢などの副作用が現れる方もいるので、摂取目安量は守った方が無難です。

2)グルコサミンにも種類がある?特徴の違いとは

グルコサミンを塩酸、硫酸を使用して加水分解したものをそれぞれグルコサミン塩酸塩、グルコサミン硫酸塩と言います。他には、微生物によって発酵させた発酵グルコサミン、分子の量が極めて小さく、体内に非常に吸収されやすいNアセチルグルコサミンがあります。

また、グルコサミンには動物性のものと植物性のものがあります。動物性グルコサミンの方が体内への吸収率が高いと言われていますが、特有の臭いや苦みがあります。対して植物性グルコサミンの方が摂取は容易であるという特徴があります。

3)要チェック!グルコサミンが多く含まれる食べ物とは?

(1)山芋

(2)牛・豚・鶏の軟骨

(3)なめこ

(4)オクラ

(5)納豆

山芋、なめこ、オクラ、納豆などのネバネバした食品にはムコ多糖類という、グルコサミンを多く含む成分が多量に含まれています。また、牛、豚、鶏の軟骨にはグルコサミンの他にコラーゲンも含まれています。どちらも軟骨の構成に必要な成分です。

4)グルコサミンに期待できる2大効果とは

(1)関節痛の緩和

人体は加齢と共に関節部位の軟骨が摩耗し、それによって痛み、炎症が発生します。症状が進行すると歩けなくなったり、膝が曲がらないなど、日常生活に支障を来します。グルコサミンは関節の動きを滑らかにする働きがあるので、このような関節痛に効果があると言われています。

(2)美肌効果

グルコサミンにはヒアルロン酸を体内で生み出す働きを促進する効果があります。ヒアルロン酸は保水力に優れていて、1グラムで6リットルの水分を保持できます。そのため、肌の乾燥を防ぐ、目が乾かないようにするなどの役割を持っています。

乾燥肌、しわ、くすみなどは肌の水分量が減少することによって引き起こされます。なので、グルコサミンの摂取によってこれらの症状の改善に効果があると期待できます。

納豆とオクラ

5)オススメの食べ合わせって?一緒に摂取したい2つの食材

(1)ピーマン

グルコサミンはビタミンCと一緒に摂取することによって関節軟骨の主成分の生成を促進する効果が期待できます。ビタミンCはピーマン、パセリ、レモンなどに多く含まれています。

(2)サメの軟骨

グルコサミンと同時に摂取すると効果的と言われているものにコンドロイチンがあります。コンドロイチンはムコ多糖類の一種で、軟骨の保水をし、弾力性を与えています。サメの軟骨には、このコンドロイチンが豊富に含まれています。

6)どんな摂取が効果的?効果的な食べ方・飲み方とは?

一説には、乳製品と同時に摂取するとグルコサミンの吸収が効率的に行われるとも言われています。また、グルコサミンのサプリメントには錠剤の他に粉末タイプもあります。グルコサミンは多少熱を加えても問題ありません。お茶や味噌汁、スープに加えると摂取しやすいので、錠剤が苦手な方はこちらの粉末タイプがおすすめです。

7)知っておこう!グルコサミンの摂取での注意点とは?

グルコサミンサプリメントの多くは甲殻類のキチン質を原料に使用しているため、カニ、エビと言った食品にアレルギーのある方は注意する必要があります。

また、糖尿病を患っている方はサプリメントの摂取で病状が悪化する場合もあるので、医師に相談した方が良いでしょう。

8)サプリメントもおすすめ?効果的な摂取のポイントとは

食品で摂取できるグルコサミンはサプリメントと比べると少量であるため、サプリメントの利用もおすすめです。サプリメントの使用にあたり、1日の摂取量は守るようにしましょう。

また、グルコサミンは摂取すると直ちに体内に吸収されるので、1日数回に分けて摂取すると、グルコサミンを長く体内に留まらせることができると言われています。飲むタイミングはいつでも構いませんが、胃の弱い方は、胃に何か食べ物が入っている食後にサプリメントを服用すると良いでしょう。



今回のまとめ

1)そもそも「グルコサミン」とはなに?

2)グルコサミンにも種類がある?特徴の違いとは

3)要チェック!グルコサミンが多く含まれる食べ物とは?

4)グルコサミンに期待できる2大効果とは

5)オススメの食べ合わせって?一緒に摂取したい2つの食材

6)どんな摂取が効果的?効果的な食べ方・飲み方とは?

7)知っておこう!グルコサミンの摂取での注意点とは?

8)サプリメントもおすすめ?効果的な摂取のポイントとは