膝の治療をこなっている医者

膝の痛みは日常生活の中で起こりやすい症状です。しかし、膝の構造や痛みの原因をきちんとご存知でしょうか。膝の痛みにも、原因が複数あります。

今回は、膝の中が痛む原因や治療法をご紹介していきます。又、膝の痛みから考えられる大きな病気も解説していきます。



【要チェック】膝の中が痛い場合に考えられる2種類の原因


1)膝の中とは?構造や仕組みとは?

膝は主に3つの骨からできていて、脛骨(すねの骨)・大腿骨(太ももの骨)・膝蓋骨(ひざのお皿)で構成されています。脛骨の上に大腿骨が乗り、さらに大腿骨の前面に膝蓋骨があります。

これらの骨は、それぞれ靭帯で繋がれており、膝の外側にある靱帯を外側側副靭帯、膝の内側にある靱帯を内側側副靭帯と言います。そして、膝の中央には大腿骨と脛骨を繋ぐ十字靭帯があり、前側にある靱帯を前十字靭帯、後側にある靱帯を後十字靱帯と言います。

又、膝の中央には半月板という部位があり、大腿骨と脛骨の間にある三日月の様な形をした軟骨組織です。これが膝の構造です。よって、「膝の中の痛みと言うのは、十字靭帯または半月板に何らかの異常がある可能性が高い」です。

2)どんな痛みが?膝の中が痛い場合の代表的な症状

(1)半月板に異常がある場合

・膝の曲げ伸ばしの際に引っかかる感じがする・膝の曲げ伸ばしができない・膝が腫れる/痛みがある

(2)十字靭帯に異常がある場合

・膝が腫れる/痛みがある・屈伸時にポキポキとかみ合わない様な音がする・椅子に座った状態で膝を前に引っ張ると、簡単に膝が動く

膝の中が痛い場合は、これらの症状が一緒に表れる可能性が高いです。

3)なぜ痛みがあるの?膝の中が痛い症状の主な原因

(1)半月板が痛む原因

外反母趾・指上げ足(浮き指)・偏平足等、不安定な足裏で日常生活を送ったりスポーツを行う事で、膝に過剰な衝撃や過剰なねじれが繰り返された事が大きな原因です。

(2)十字靭帯が痛む原因

反り過ぎた膝に、外反母趾・指上げ足(浮指)・偏平足等の足裏の不安定により、膝に過剰な衝撃やねじれが繰り返された事が大きな原因です。半月板と同じ様な原因ですが、十字靭帯の損傷は、膝の過剰なねじれによって引き起こされる事が多いです。

4)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは

自己判断で済ませると、症状をさらに悪化させてしまいますので、病院を受診しましょう。病院では保存療法や外科手術が行われますが、症状の悪化具合を診て医師が指示を出してくれますので、それに従いましょう。

保存療法の場合は、1か月程サラシ包帯で完全固定を施して経過を診ます。10か月程続けると、徐々に損傷が修復され、日常生活に支障をきたさなくなるでしょう。又、サラシ包帯と一緒に、人工筋肉の免震インソールを靴の中に入れる事も大切です。いずれにしても、医師の指示に従い治療していきましょう。

Female doctor speaking examination results using the PC

5)これは病気の疑いも?病気かどうかの判断基準とは

十字靭帯の損傷、特に半月板の損傷は治療に時間を要する病気です。よって、1か月~10か月間程はこれらの治療を行いながら様子を見ましょう。

しかし、「膝の痛みが治まらない・全身の関節が痛む・骨や骨の周囲が腫れる等」の症状が見られましたら、すぐに病院を受診しましょう。大きな病気が潜んでいる可能性がありますので、たかが膝の痛みと思わず、きちんと医師に相談しましょう。

6)症状が続く場合は注意!可能性のある2種類の病気とは

(1)慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチは膠原病の一種で、炎症性の免疫疾患です。全身の関節に慢性的な炎症が起こり、病気の進行と共に関節の変形も引き起こします。

そして、関節だけに留まらず全身の臓器に障害を及ばす可能性が高い疾患です。慢性関節リウマチの原因ははっきり解明されておらず、遺伝や感染症による免疫の働きが関係していると考えられています。

(2)骨肉腫

骨肉腫とは、骨とその周りにできる代表的な悪性腫瘍で、10代という活動性の高い年齢層に多い病気です。症状の特徴として、持続する痛み・骨や骨周辺の腫脹等が挙げられます。骨肉腫の原因もはっきり解明されていませんが、遺伝子の異常が発生に関与していると考えられています。

7)専門家で行われる可能性のある検査と治療方法

(1)検査方法

・慢性関節リウマチ

血液検査・関節液検査・レントゲン撮影等の検査が行われます。

・骨肉腫

レントゲン撮影・CT・MRI・病理組織診断・骨シンチ等の検査が行われます。

(2)治療方法

・慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチの治療法は、投薬による治療が主です。症状によって様々な種類の薬剤の中から選択し、痛みや炎症を和らげます。

・骨肉腫

化学療法・放射線治療・手術等で治療していきます。骨肉腫の治療では、主に手術で患部を切除して治療しますが、手術の前後に化学療法を行う事がほとんどです。

8)生活習慣を整えよう!膝の中が痛い症状への予防習慣とは

膝の痛みは、過度な衝撃やねじれが原因で起こります。よって、先程も記載したサラシ包帯で、しっかり膝を固定する事が大切です。

毎日だと非常に面倒に思えますが、膝にかかる負担を軽減させるのに必要な事ですので、きちんと固定しましょう。又、人工筋肉の免震インソールを靴に入れる事も忘れないで下さい。医師からの指示に従い、膝の痛みの予防改善を行っていきましょう。



今回のまとめ

1)膝は脛骨/大腿骨/膝蓋骨/半月板/十字靭帯等から構成されており、膝の中が痛い場合は半月板や十字靭帯の損傷が考えられる

2)半月板や十字靭帯に損傷がある場合、膝の痛み・腫れ・曲げ伸ばしができない・ポキポキと音が鳴る等の症状が表れる

3)膝の中の痛みは、膝に過度な負担がかかる事で起こる

4)半月板や十字靭帯の損傷の場合、外科手術や保存療法が用いられる

5)膝の痛み等の症状が酷い場合、慢性関節リウマチや骨肉腫の可能性もある

6)膝の痛みの予防改善には、膝への負担を最小限に抑える必要がある