腰をおさえて座っている女性

おしりが痛いというのは、出来物など以外は一時的な痛みで、なかなか長引く事が無いため放置するケースが多いです。

しかし放置すると危険、日常生活に影響する病気の可能性もあります。ここでは痛みの種類から原因や考えられる病気を解説します。放置しないで、早めの対処や日ごろの予防に努めましょう。



その症状に注意!歩くとおしりが痛いケースの5大原因とは?


1)おしりの痛みにも種類がある?痛みの5種類と特徴の違い

おしりが痛いと言うのは、座る動作はもちろんのこと、何か動作をする時でも痛くて辛いですよね。単純に「おしり」が体の部位を表しているのですが、痛みの症状や原因はいろいろなケースがあります。

その部位により筋肉が痛いのか、神経痛なのか、それともニキビ等の腫れがあるのかなど様々です。痛みの種類として、主なケースを紹介します。

・特定の場所がズキズキ痛い・特定の場所でなく広い範囲で痺れるように痛い・おしりの付け根辺りが痛い・ニキビによる痛み・粉瘤による痛み

おしりの痛みにも、実際には痛みが出る箇所や痛み方、痛さが続く期間などでどのような症状かを判断し、対処方法を考える必要があります。この5つの痛みにはどのような原因があるのか、次項で解説します。

2)なぜ痛むの?歩くとおしりが痛い5大原因

前項でおしりの痛み方の違いについて解説しましたが、痛み方の違いによりどのような原因があるのか?どのような症状につながるのか?が気になりますよね。ここでは、おしりが痛い症状毎に原因を解説します。

(1)特定の場所がズキズキ痛い

お尻の特定のポイントが痛い場合、それは筋肉痛である可能性があります。見分け方として、安静にしていると痛みが出るか出ないかである程度の判断ができます。臀部の筋肉をとても使ったと言う心当たりはありませんか?数日安静にすれば、痛みはなくなります。

(2)特定の場所ではなく広い範囲で痺れるように痛い

「特定のポイント」ではなく、少し広い範囲で痛みが広がっている痛みの場合、それは坐骨神経痛の可能性があります。見分け方としては「少し広い範囲」がズキズキとライン上に痛みを伴ったり、何週間も痛みが取れない痛みかで判断できます。坐骨神経痛の場合は、神経が圧迫されている事から、病院の受診が必要です。

(3)おしりの付け根辺りの痛み

まれにおしりの付け根辺りに痛みが生じる場合があります。この場合は、腰ではなく大腿二頭筋が損傷している可能性があります。坐骨が痛くなる場合は、大腿二頭筋である可能性が高いですので、スポーツなど急な運動の心当たりがあるかを考えて病院に受診してください。

(4)ニキビによる痛み

おしりは、摩擦による刺激が多く、汗や皮脂が溜まりやすいのでニキビができやすい部分です。おしりのニキビはなかなか治りづらいため、早期の対処が必要です。痛みのある箇所に出来物があった場合は、潰さずに皮膚科に受診してください。

(5)粉瘤による痛み

ニキビに似た出来物ですが、良性の腫瘍を粉瘤と呼びます。ニキビとは事なり、皮膚の表面でなく深いところにできるため、皮膚がボコッと膨らんだような出来物です。ひどくなると座れないなどの炎症を起こす可能性もあるため、根治手術をする必要があります。

3)何かできる処置は?おしりの痛みへの対処方法とは?

おしりが痛い状況が続くと、座るのも辛かったりと生活に支障がでるため辛いですよね。少しでも痛みを和らげたい、根治に向けた対処方法として、どのようなことができるのか?が気になると思います。

既におしりの痛い症状の5つの原因を解説しましたが、5つの原因はおわかりのとおり「筋肉・神経の痛み」「出来物の痛み」の3つに分類する事ができます。ここでは、その主な対処方法を解説します。

(1)筋肉・神経の痛みの対処法:ストレッチ

おしり筋肉の痛みを和らげるには、おしりの血行をよくし筋肉をほぐすことが必要です。そのためには、ストレッチを行う事が効果的です。おしりの筋肉のストレッチには、椅子に深く座った状態で上体を倒すなどの運動でも良いようです。

(2)筋肉・神経の痛みの対処法:マッサージ

おしりの血行をよくするためにはマッサージも効果的です。おしりの痛い箇所を力を入れすぎずゆっくり揉むように心がけて下さい。強く揉むと逆に痛みが悪化する可能性もあるので注意が必要です。お風呂に入っている時に揉むのが効果的です。

(3)出来物の痛み

ニキビなどとわかるものについては、殺菌効果の強い抗生物質が配合された塗り薬を塗って様子を見てください。腫瘍などのような出来物については、病院で受診し適切な対処が必要です。

自己判断で放置していると、腫瘍が大きくなったり炎症を起こしたりと悪化させる原因となります。

Female doctor writing a medical certificate

4)病気の可能性もある?病気かどうかをチェックする項目とは?

おしりが痛いケースでは、坐骨神経痛などの神経に関する病気の可能性があります。病気の場合は、すぐに病院に受診する方が良いですが、判断に困りますよね。痛みが長く続いたり強い痛みが出る場合、下記のチェック項目を確認して神経に関する病気かを確認してみてください。

(1)動かすと痛みやしびれが悪化してくる

(2)痛む部分にだるさや締め付けられる感覚が残る

(3)腰を動かそうとすると足の痛みが出てくる

(4)安静にしていても痛い

(5)痛くて座り続けられない

上記のような症状だと、神経が圧迫された「おしりの痛み」である可能性が高いです。自分の症状と照らし合わせて該当するかを確認してください。全てでなくとも該当する項目がある場合は、念のために専門家へ受診する事をお勧めします。

5)痛みが続く場合に考えられる4種類の病気

前項のチェック項目に該当した場合、どんな病気なのか不安になりますよね。いくつか考えられる病気や骨のトラブルについて解説します。骨のトラブルは病気ではありませんが、一人では根治できない症状ですので気をつけてくださいね。

(1)骨盤のゆがみ

骨盤がズレることによりお尻の他の骨にも影響し、骨のズレによって痛みを生じることがあります。神経痛と似た痛さで、尾てい骨あたりの神経が圧迫されることで痺れるような「おしりの痛み」が起こります。

(2)尾てい骨等の打撲

転倒などして尾てい骨を強打した場合に打撲した際に痛みを生じます。場合によっては骨折の可能性もあるので、病院への受診をお勧めします。

(3)坐骨神経痛

坐骨に通う神経が姿勢の歪みにより神経が圧迫され、お尻への痛みや痺れが生じます。腰椎椎間板ヘルニア、脊椎すべり症などの原因が考えられ、日々の生活から長時間同じ姿勢や腰への強度な動きを行うと起こる可能性が高くなります。

(4)尾骨痛

尾骨が悪性腫瘍や出産の際に生じる痛みです。原因として、腫瘍による尾骨の圧迫で神経に痛みがでると考えられており、また出産の際はおしり全体で胎児を支えるため、同様に尾骨への負担が大きいことから尾骨痛が発症します。

6)痛みが治まらない時には専門家へ!検査・治療方法

おしりが激しく痛んだり長引くケースだと、長時間椅子に座る事もできず、更には歩行にまで影響を与えるためとても苦しい痛みになります。専門家に適切な対処を処方される事となりますが、どのような検査でどのような治療法があるか、主な手法を解説します。

(1)検査方法

おしりが痛い場合に、まず何科を受診すればよいのかわからないと思いますが、整形外科を受診してください。整形外科では、問診・触診のほかにCT・MRI・レントゲンにより痛みの原因箇所を中心とした骨の異常や神経が圧迫されている場

所を確認します。各種検査でも原因がわからない場合でも整形外科を受診していれば、原因特定のために他科を紹介してくれますので安心です。

尚、骨のズレによる痛みだと自己判断し整骨院に行く方も多いですが、整骨院では検査はしない為、逆に悪化する可能性もありますので、是非とも原因を特定してからの対処をお勧めします。

(2)治療方法

骨などの原因による神経圧迫による痛みは、すぐに完治するものではない為、治療にはステップを踏んで対処していきます。まずは、痛みを和らげるために内服薬(消炎鎮痛剤、筋肉弛緩剤、血管拡張剤)などで、症状を軽減します。次に、リハビリテーションで骨のゆがみやこわばった筋肉をほぐし、血行を良くするための改善を図ります。

コルセットの装着や整骨院での治療など骨を強制すると言う対処は同じですが、それでも治らない場合は手術をする可能性もあります。

治療方法でもわかるとおり、痛みの直接的な治療は手術以外には無く、マッサージなどのリハビリによる間接的な治療方法での対処がほとんどです。

7)習慣を整えよう!歩くとおしりが痛い症状への予防習慣

ここまでで、おしりが痛い事に関する種類・原因・病気・治療法について解説してきました。筋肉痛や出来物など原因がわかっている痛さは良いですが、原因がわからない場合は放置すると悪化させてしまいます。

しかし、おしりの痛みの場合は、日常生活から気をつければ悪化させるどころか根治する可能性もあるので、是非とも日常生活から予防を心がけるようにしましょう。ここでは、予防に効果的な方法を解説します。

(1)ストレッチ

普段仕事や家事でも同じような体勢を続けるような場合は、適当なストレッチが重要です。「腰と背中」「腰の筋肉」を伸ばしたりする運動はとても重要です。デスクワークなど椅子に座る事の多い方はたまには伸ばして、腰の筋肉のコリをほぐしてください。

(2)下半身を冷やさない

筋肉をやわらかくする、血流を促進させることが神経の働きを助け、痛みを和らげる事につながります。その為、温める事は良くても冷やす事はNGです。

(3)肥満に気をつける

肥満は、血流も悪くなり、体を支える腰にも負担をかける原因です。体のバランスが崩れる事は、体調を悪くするだけでなく、体を支える腰にも影響します。ストレッチのような運動も心がけて、予防するようにしましょう。



今回のまとめ

おしりの痛みは普段なかなか無いかと思いますが、実際に痛めた際は日常生活に支障をきたす重要な部位であることに気づきます。神経系の痛みの場合は放置しておくと悪化し、癖になると言う厄介な痛みです。是非とも日ごろから注意して生活してみましょう。

1)おしりの痛みは、痛みが発生する場所や痛み方などいくつかのケースがある

2)痛みの発生する場所や痛み方で、考えられる原因が異なる

3)筋肉や神経の痛みはストレッチやマッサージなどで一時的な対処が効果的

4)おしりの痛みが病気では?と思う際の5つのチェックポイント

5)おしりの痛みで可能性のある病気は、骨か神経系のトラブル

6)原因不明の痛みは、レントゲン、CT、MRIで原因を追究。自己判断は悪化につながる。

7)日ごろからのストレッチが予防の最善策