膝の治療をこなっているペインドクター

膝が痛いというのは、よく耳にしますが、膝の皿が痛いというのを聞いたこと、または経験したことはあるでしょうか?膝の皿が痛いとどのようなことが起きるのか?気になりますね。

そんな膝の皿が痛いという症状と原因についてご紹介します。



【解説!】膝の皿が痛い原因って?注意したい病気と5大原因


1)膝の皿ってなに?構造とは?

膝の皿とよく耳にしますが、膝の皿とは膝蓋骨のことです。膝蓋骨とは、膝関節の前にある平たい骨のことを指します。上側には、大腿四頭筋がついていて、下側には脛骨の前側部分との間に膝蓋靭帯があります。

膝蓋骨は膝関節を保護する役割も持っています。膝を曲げたときに、膝関節を外の力から保護したり、膝関節を伸ばした時に関節を周囲の筋や腱と一緒になって固定する働きがあります。膝蓋骨がなくなると、膝の曲げ伸ばしはできなくなっていってしまいます。

2)この原因って?膝の皿が痛い症状の5大原因とは

(1)肥満

肥満で膝に負担がかかってしまい、膝を痛めてしまうと膝の皿が痛くなってしまいます。

(2)スポーツや仕事

スポーツや仕事で膝に継続的な負担がかかってしまうと、膝にある軟骨がすり減ってしまい炎症が起きます。それが痛みの原因です。膝が痛い、膝の皿が痛いと感じたら、サポーターやテーピングを行うことをおすすめします。

(3)加齢

加齢による痛みもあります。膝を支える筋肉や軟骨が衰えることによって、痛みにつながるのです。

(4)産後

妊娠中は栄養不足や運動不足、ホルモンバランスの乱れなどが起こります。出産した後には、生まれた赤ちゃんを抱っこしたりすることによって膝に負担がかかってしまうのです。

母乳で育児をする場合、母乳にはカルシウムが含まれるので、カルシウムが失われます。そのため、骨に必要なカルシウムが不足してしまい、膝の痛みにつながる場合もあります。

(5)原因がわからない

膝が腫れている、膝がなんだかガクガクする、膝に違和感があるなど、原因がわからないにもかかわらず膝に痛みが見られる場合もありますが、こういう場合はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。

3)試せる応急処置はあるの?症状への対処方法とは

痛みがある場合で、腫れが伴っている場合はアイシングを行い患部を冷やして熱を取りましょう。湿布を貼るのも効果的です。また痛みがあって我慢できない場合は、消炎鎮痛剤を服用するのもいいでしょう。

痛みがあるのに無理に動かしたり、歩いたり走ったりすることはよくないので避けるようにすることが大切です。ずっと腫れが引かない、痛みの引かない場合は早めに医療機関を受診することをおすすめします。膝は大きな関節ですので気をつけましょう。

4)病気の可能性とは?病気の判断基準って?

膝が痛い場合でも、ぶつけた転んだなどの原因がないのに痛い、痛みが引かない、腫れているなどの場合は何かしら異常があることが多いです。触ると痛い、触るとブヨブヨとした感じがあるなどのときも何かしらの異常のサインの場合があります。対策を取っているにも関わらず、痛みが続くような場合にもケガや病気の可能性があります。

他には、膝の皿が妙に動く場合や、動きに違和感のある場合、引っ掛かる感じのある場合、曲げ伸ばしをしたときに変な音がしたりするなどの時には異常がある可能性が高いので、医療機関を受診し、検査をしてもらうことをおすすめします。

Men are undergoing medical examination at internal department

5)痛みが続く場合に考えられる7種類の病気とは

(1)関節リウマチ

全身の関節に炎症が広がってしまい、関節が壊れてしまう病気です。膝や指、手首、肘などに症状が現れることが多く、関節がこわばって動かしにくくなります。手や手首の関節から症状が始まることが多いです。

左右どちら側にも同様に腫れや痛みが出ます。安静にしているときにも痛みを感じ、動くとさらに痛みが出てしまいます。30~50歳代の人に起こることが多く、男性より女性の患者さんが多いのが特徴です。体を菌から守る免疫機能に原因不明の異常が発生することで起こります。

(2)膝蓋骨不安定症

膝蓋骨の動く範囲が大きくなってしまい、膝に衝撃を受けたときに脱臼しやすくなってしまう病気です。膝の皿が大きく動くので、不安定感や違和感を感じたり、膝の皿が幾度も外れてしまい、腫れたり痛みを感じたりします。膝のケガや加齢、生まれつきの異常などにより、膝蓋骨やその周りの靭帯に異常が起こることが原因です。

(3)膝蓋大腿関節症

膝蓋骨と太腿の骨による、膝蓋大腿関節に炎症が起きる病気です。膝の皿の上の部分に痛みを感じます。皿が大きく動くようなズレを感じるようになり、膝の腫れやこわばりが見られたりします。加齢や膝の使い過ぎによることで起こる骨の劣化や、膝蓋骨の脱臼でも起こることのある病気です。

(4)膝蓋軟骨軟化症

膝の皿の裏側の軟骨が、大腿骨とこすれてすり減ってしまい炎症を起こしたものをいいます。軟骨の軟化、膨隆、亀裂などの変形が起こります。マラソンやジャンプをよく行うスポーツで起こりやすいです。膝を動かす際、膝の皿の周りに痛みを感じたり、ゴリゴリと音がすることがあります。

膝の皿を押すと痛み、膝の皿の違和感や不安定感が見られます。10~20代の女性に多く発生する病気です。膝蓋骨の負荷の蓄積によるものが原因と言われています。

(5)タナ症候群

膝の皿と大腿骨の間にあるひだ状の膜が炎症を起こした状態です。スポーツの時などに膝の皿の内側に痛みや引っかかった感じがあったり、膝を動かした時に何か挟まっている感じがして、音がすることがあったりしたり、膝の皿に違和感や重苦しさを感じます。10~20歳代の女性が割合が高く発生します。

膝の曲げ伸ばしの繰り返しが原因と考えられています。

(6)関節水症

関節内の液体の量が異常に増えてしまう病気です。簡単にいうと、膝に水が溜まる状態になります。膝の腫れや痛み、だるさが出てきたり、水が溜まっているので膝の皿を押したときにプヨプヨとした何か浮いているような感じがしたりします。

膝の表面が柔らかくなって、中に何か入っているような異物感があったり、膝のぐらつきや動きの悪さが見られます。水ではなく血が溜まることもあります。膝の軟骨や骨がすり減ったカス、骨が表面からはがれたかけらによる刺激が原因と考えられます。

(7)有痛性分裂膝蓋骨

膝の皿が割れたように2個以上に分裂して、痛みもある状態をいいます。膝を動かした時、膝の皿を押したときに痛みが起こります。10代前半の男性によくみられる症状です。ほとんどの場合、生まれつきのもので、膝の使い過ぎや膝蓋骨の強打で割れることもあり、それらが原因と考えられています。

6)治まらない場合は病院へ!症状への検査・治療方法

(1)検査方法

整形外科を受診しましょう。医師からの問診、膝の視診、触診をし、必要な場合はレントゲン、エコー検査、MRI検査、CTなどの画像診断を行ったり、血液検査や尿検査を行う場合もあります。

(2)治療方法

痛い場合は、痛み止めの内服薬を処方されます。腫れている場合には、湿布薬などの貼り薬を処方されます。病気によっては、手術を行うこともありますが、休養や生活の見直し、リハビリなどで治療をすることが多いです。

7)生活から見直そう!膝のお皿の痛みへの予防習慣とは?

運動前にはしっかり準備運動を行う事が大切です。準備運動を行う前に激しい運動を行ったりすると、膝に負担がかかってしまったりします。普段からストレッチなどを行うことも大変効果的です。

ストレッチも効果的ですが、もっと効果的なのが筋トレです。意外と筋肉が衰えてしまい膝に痛みが走ってしまう場合も少なくはありません。膝の皿周辺に効果的な筋トレを行うことも重要です。普段からの歩き方や走り方をもう一度見直してみることも必要なことです。

サプリメントにコンドロイチン、というものがあるのですが、このコンドロイチンという成分は膝の痛みに効果的です。サプリメントですので、簡単に摂ることができ、毎日続けることが簡単にできます。サプリメントを使うのも一つの方法です。用法容量を守り、毎日飲み続けてみるのもいいかもしれません。



まとめ

1)膝の皿とは膝蓋骨の事だった

2)膝の皿が痛いのは5つの原因が関係している

3)膝の皿の痛みが続く場合や、腫れがある場合、変な音がするときは病気の可能性が秘められている

4)膝の皿の痛みから考えられる病気は7種類考えられる

5)膝の皿の痛みを予防するための習慣は、筋トレがとても効果的で、サプリメントを使うのも効果的である