膝の治療を行っている医者

膝からつま先がしびれるようになって気になるってことはありませんか?一般的に血液の循環が悪いことが原因として考えられています。ですが、実は怖い病気が隠れているかもしれません。

膝からつま先にかけてのしびれ予防や原因、解決方法を見つけましょう。



【膝のしびれ】膝のしびれのサインは?注意の3大原因を解説


1)痺れってどういう状態?しびれにも種類がある?

(1)「しびれ」とはどんな状態?

正座をした後に、足がジンジンしてきたり感覚がなくなる状態を言います。神経が圧迫されたり血液の流れが止まって流れていない状態で、筋肉によって血管が圧迫された状態、脳や脊髄が原因で起こることもあります。

(2)「しびれ」にもいくつかの種類がある?

・脳の損傷によるもの

脳の損傷により脊髄の障害が起こります。脊髄から出て分布している神経を「末梢神経」と言いますが、この「末梢神経」は手足や皮膚や筋肉などに伸びている神経で、脳が損傷されることによって脊髄が侵され、最終的には手足などに「しびれ」が起こります。

・筋肉硬直

腕や肩、手や足などの筋肉の硬直が起こると血流が悪くなります。通常の「こり」にも似ているのですが、季節の変わり目などに多く出る症状で自律神経が関連しています。特に足の関節、肩の関節や手首の関節の血流が悪くなり、足を曲げたり腕を上げる時に痛みがあったり、手首より指先がしびれる事があります。

・圧迫

長時間の正座していると「しびれ」が起こりやすいです。ふくらはぎの筋肉の圧迫や、足首の血流不足が原因ですが座り方にもよります。また、むくみやすい体では体内の水分が邪魔をして筋肉をさらに圧迫し、正座をすると特にしびれやすいです。

2)どんな症状が現れる?膝がしびれる場合の代表的な症状とは

膝周辺がズキズキ痛んだり、感覚の麻痺、ピリピリするような感覚で、ずっと立っていられない状態、また階段の昇降や歩行が難しい状態で運動に障害をきたします。ここまでしびれると正座さえ困難になります。

3)しびれの原因って?膝がしびれる場合の3大原因

(1)正座によるもの

長時間の正座はダイレクトに膝から下の筋肉を圧迫してしまうものです。上半身の体重が膝下全部に負担がかかってしまうため筋肉の血流が停止し、つま先まで血流が行かなくなり「しびれ」となって現れます。

(2)自律神経系による体のむくみ

体内に過剰な水分が停滞していると「むくみ」となって現れます。しかし、自律神経が乱れるとリンパの流れが悪くなり、そのままま放置すれば、どんどん下半身に水分が滞ってしまいます。リンパの流れが悪くなると筋肉の血管が圧迫されて「しびれ」となります。

(3)姿勢の悪さ

睡眠中の寝相が悪かったり、普段生活をしている中で無理な姿勢を続けていると「しびれ」が起こりやすくなります。特に睡眠中は長時間体を動かさないため、特に横向きで寝たり無理な姿勢をすると、どちらかの膝に影響を受けて血流が悪くなり「しびれ」となります。

4)試せる応急処置はあるの?症状への対処方法とは

(1)自律神経を整える

自律神経が乱れによる「しびれ」によりますが、呼吸を整える事を意識しましょう。鼻から息を3秒かけて吸って10秒かけて口から息を吐きだします。息を吸う時と吐く時はお腹を膨らせたり凹ませたり確認いながら行いましょう。このような腹式呼吸をする事で、交感神経と副交感神経のバランスを整えることができます。

(2)足をマッサージする

体がむくんでいると下半身に水分が停滞してしまいます。下半身は心臓から血液を送り出した力が弱いため、つま先まで血液が届きにくいと同時に、水分による「むくみ」が邪魔をして血流が悪くなます。

下半身にたまった血液を心臓に送り出し、リンパの流れをよくするためにも膝から下をマッサージしましょう。膝裏にはリンパ節があります。足のつま先から足首、足首からふくらはぎ、ふくらはぎから膝裏に老廃物を絞り集めるような感じでマッサージを行います。

Two doctors are seriously talking in the examination room

5)病気の可能性はある?病気かどうかのチェック項目と判断基準

膝から下の部分がしびれを感じたことがある人がとても多いでしょう。正座などをした後しびれてしまっても、時間が経つとしびれが完治するのは、血流が改善されたため特に問題はありません。

しかし正座をしたわけでもなく、何をしたわけでもないのに「しびれ」を感じる時は病気の可能性があるかもしれません。片方だけしびれたり、急にしびれを感じたりする時は、なるべく早めに病院で診てもらう必要があります。

6)症状が続く場合は注意!注意したい4種類の病気とは

(1)動脈硬化

動脈硬化は血管の動脈が硬化する疾患で、脳梗塞や心筋梗塞などの原因と言われています。ですが、動脈硬化は全身の動脈の疾患なので、膝やふくらはぎなどにも症状が現れる事があります。特に下半身は心臓からの血液が届きにくいため、動脈硬化になりやすくなると言われています。

(2)糖尿病

血液に糖が流れてしまう病気です。高血糖が続くようになると、血糖が神経細胞に蓄積されて血流が悪くなります。また食物から栄養素を取り入れても、血糖による神経が麻痺し、栄養素が血液に流れないという事も重なり、血液の循環が悪くなるため「しびれ」となってしまうようです。

(3)自律神経失調症

交感神経と副交感神経のバランスが乱れる事による疾患で、血液の循環や血圧などもコントロールします。また自律神経の乱れはストレスが原因と言われ、血液の流れが悪いと内臓にも影響し、腎臓機能が低下して体がむくんでしまい、関節や膝のしびれの原因にもなります。

(4)脳障害

脳梗塞などを引き超す脳の疾患です。健康なら脳から脊髄に信号が届き、手足を動かす「末梢神経」へと伝わります。もし脳が損傷した場合、脳からの信号が断裂するため、手足や膝関節のしびれになる事があります。

7)治まらない場合は病院へ!膝がしびれる症状への検査・治療方法

(1)検査方法

しびれを感じる時は内科か整形外科が考えられますが、神経系が原因の場合がある為、総合病院で最初は診てもらうと良いでしょう。問診表に記入し医師の診察を行いますが、しびれの部位やどのくらい前からしびれがあるのか、どのような時に症状が出やすいのかを聞かれることがあります。そのような流れからしびれの原因を特定して行きます。

詳しく検査する場合は専門医で診てもらうますが、一般的には「レントゲン」「MRI」を使った検査を行います。これらの検査料は診察料を含め、だいたい4千~8千円くらいでしょう。

(2)治療方法

しびれの原因にもよりますが「脳の疾患」「糖尿病」「動脈硬化」などのしびれは薬物療法で治療を行うのが一般的です。自律神経の乱れによる「膝のしびれ」は、心療内科による薬物療法で治療を行う場合もありますが、整体や整骨院などで骨格の施術治療を行います。

治療期間は原因や症状にもよりますが、薬物療法では保険適用される場合がありますが、整体や整骨院では保険適用されない場合があります。

8)生活習慣を改善しよう!症状へ実践したい予防習慣とは?

(1)食事の栄養バランス

血流を改善させることが前提です。動脈硬化や脳疾患は「血管のつまり」が原因です。血液サラサラになるような食生活をするのが大切で、ビタミンとミネラル、食物繊維の多い緑黄色野菜や果物を意識して補います。また肉類、魚類のたんぱく質をバランスよく食べましょう。

(2)ストレス解消

ストレスが溜まると高血圧の原因になります。特に膝のしびれは血管の圧迫によるものです。高血圧があると、血管に負担がさらにかかってしまい、心臓にも負担がかかる為注意が必要です。ストレスは趣味などを見つけて解消しましょう。

(3)日頃から運動をする

ランニングやウォーキングなどの軽い運動で心拍数を上げる事で全身の血流が良くなります。特に膝を動かすことで筋肉がつきやすく、血管も強化し、しびれ予防に効果的です。

(4)質の良い睡眠

睡眠には「レム睡眠(浅い睡眠)」「ノンレム睡眠(深い睡眠)」がありますが、レム睡眠は心のストレスや自律神経が乱れていると眠りが浅くなり、睡眠不足と同じサイクルになり、体の疲労は取れていません。

そうすると脳が覚醒され血液の循環も悪くなり、筋肉も近況状態が続き体もむくみやすく「しびれ」となって現れます。深い睡眠を取るためにも決まった時間に就寝するようにし、寝る2時間前にはスマホの操作は控えましょう。



まとめ

1)「しびれ」の原因は血液の循環の悪さが多いです

2)しびれの原因は病気の可能性もあります

3)自律神経の乱れによるしびれもあります

4)膝から下のしびれはセルフマッサージをしましょう

5)何もせずに「しびれ」がある場合、放置せず病院へ行きましょう

6)日頃の食生活から正していきましょう

7)軽い運動をして血流の改善をします