肩こりに悩んでいる女性

なで肩は生まれつきだから仕方ないと思っていませんか?確かに先天的な傾向はありますが、そうではない人でもなで肩になる人もいます。

なで肩の原因は、生活習慣に置いての姿勢の悪さありリスクを伴います。なで肩の原因を追究して改善させましょう。



【5大原因】なで肩には明確な原因が?要チェック項目とは


1)そもそも「なで肩」とはなに?

鎖骨と肩甲骨の位置に関係しています。本来あるべき鎖骨と肩甲骨の位置が普通の人と比べて低い位置にあるのがなで肩で、しかも鎖骨の長さで肩幅が決まると言われており、なで肩は鎖骨に強く影響を受けています。

2)自分は「なで肩」なの?なで肩のチェック項目とは?

(1)CHECK1:ブラの紐がズレやすい

一般の女性と同じブラをしているのにもかかわらず、常に紐の長さを調整しているはずなのに何度もズレ落ちてしまうため、何度も元の位置に戻すしぐさが多いのは「なで肩」です。

(2)CHECK2:鞄がズレ落ちる

女性によく見かけますが、バッグを肩にかけた時にズルっと落ちてしまうのは典型的な「なで肩」です。特に大きい物や重いバッグを肩にかけると、頻繁に元に戻そうとする行動をします。

(3)CHECK3:お腹が出ている

なで肩の人は元から鎖骨や肩甲骨の位置が違うため、骨盤が前に突き出てしまう傾向があります。つまり、骨盤と鎖骨と肩甲骨は脊椎によって連動しているため、どうしてもお腹が出てしまいます。

(4)CHECK4:呼吸が浅い

なで肩の人は鎖骨と肩甲骨の位置が低いので、自然と猫背になりがちです。猫背というのは肩甲骨が観音開き状態になる為に両肩が内側に巻き込んでいます。そのため、胸の筋肉(胸筋)が縮まってしまうため肺が圧迫されてしまう事で呼吸が浅くなります。

3)放っておくとどんなリスクがある?代表的な5種類のリスク

(1)肩こり・首こり

肩甲骨の位置が違うという点から肩甲骨を吊り上げる「肩甲挙筋(けんこうきょきん)」に負担がかかり、肩と首にかなりの負担がかかってしまうため、肩や首の血流が悪くなって「肩こり、首こり」の原因になります。

(2)頭痛

肩と首と頭皮の筋肉がつながっているため動きが連動しています。特に首においては大切な神経が密着しているため、血流が悪くなると頭部への血流が遮断されることで頭痛が起こりやすくなります。

(3)背中・腰の痛み

人間の骨格は、骨盤、脊椎、頸椎などほとんどの骨格が連動しています。肩甲骨や鎖骨の位置が違うだけで骨格が歪んでいると考えられ、脊椎や骨盤が歪んでしまう場合があり、背中と腰の筋肉に無理な負担がかかるために痛みを発症してしまいます。

(4)自律神経の乱れ

常に緊張状態が続いていると身体にストレスがかかってしまいます。この時、自律神経を活発にする「交感神経」が緊張し続ける事で、肩に強い力が入ってしまい、肩甲骨や鎖骨がズレて猫背になってしまいます。

(5)手足の冷え

首から肩甲骨の間付近に自律神経の中枢にあたる部分があります。猫背になる事で肩甲骨が開いた状態が長く続くことになり、血流を調整する「自律神経」が乱れてしまい、末端の手足が冷たくなってしまいます。

病院で診察を受けている女性

4)なで方の考えられる5大原因とは?

(1)先天的なもの

生まれつき肩甲骨があるべき位置になく、開いた状態や位置が左右のズレを生じさせたり、あるいは鎖骨の位置や長さが生まれつきの物がなで肩の原因と考えられます。

(2)猫背

背中が丸く筋肉が固まった状態で、起立した姿勢でも常に背中が曲がった状態にあります。この時の肩甲骨は開いて固まった状態で、胸の筋肉が収縮しています。横から見ると肩が内側に来ているのがわかります。

(3)ストレスによる自律神経の乱れ

自律神経とは「交感神経」「副交感神経」のバランスがあり、この「交感神経」が優位になった状態は常に体が緊張状態になっています。この一番の原因は「ストレス」です。心が緊張していると自然と肩と首に力が入ります。このような時、自然と背中も丸くなってなで肩気味になります。

(4)スマホやパソコンの操作

インターネットの普及とともに、スマホやパソコンの操作をする機会が増加傾向にあります。インターネットを見るには目を酷使している状態が長く続きます。この時、頭を傾斜させてしまう姿勢になってしまいます。頭の重さは5キロとも言われ、頭部を支える方や首に負荷がかってしまい、肩甲骨の位置がズレなで肩になります。

(5)片方で重い荷物を持つ

特に女性に多いのは、片方だけ重い荷物を持つ傾向があります。またバッグや鞄なども片方の肩にかける事が多いようです。これでは重心がズレて骨盤や背骨の歪みの原因にもなり、肩や首に負担がかかるため、なで肩の原因になります。重い荷物は両手で持つようにするか、リュックなどを持ち歩くようにします。

5)試せる処置はある?痙攣への対処方法とは?

生まれつきだから治せないとあきらめる人が多いですが、しっかりと背骨や肩甲骨を矯正することでなで肩が改善されるため諦めないで試してみることが大切です。

自分で行う事は、鎖骨や肩甲骨を元に位置の戻すことが一番です。鎖骨の長さは変えることができませんが、背中の筋肉をストレッチしてあげることが大切です。ファイスタオルの端を両手でつかみ、背伸びをするようにストレッチを行い、肩甲骨が動いているのを意識しましょう。背中の筋肉や胸の筋肉が伸びていることがわかります。

6)症状が気になる場合は専門家へ!可能性のある検査・治療方法とは

(1)検査方法

整形外科の医師によって診断をしてもらいましょう。自分の肩甲骨や鎖骨はどのような位置や形になっているのかレントゲンを撮ってくれます。また医師により肩こりなどの予防法などのアドバイスをくれる所もあります。

(2)治療方法

肩甲骨や鎖骨の長さは変えることはできません。しかし、本来あるべき位置にある骨格の位置の調整は姿勢も関係しているため、整形外科においては骨格の位置を整えるというよりは、自宅でもできるような肩こり予防運動法をアドバイスを受けたり、肩こりによって血流が悪い筋肉に注射を打ってもらうなどの治療をします。

しかし、注射は一時的な治療法で、肩こりによって起こる頭痛など体調に影響する場合は効果的ですが、骨格を本来の位置に戻す治療を行う際には、接骨院などで骨格を矯正してもらいましょう。病院とは違って保険の適用はされませんが、しっかりと時間をかけて問診を行い、オーダーメイドな治療を行ってくれ、なで肩の原因による肩こりなどの体の不調を改善することができます。

7)生活習慣から改善を!「なで肩」への6つの予防習慣

(1)習慣1:ストレッチを行う

なで肩だからと言って、肩周りだけストレッチするのではなく、体全体のストレッチをすることが大切です。体の筋肉は「筋膜」と言って、ボディースーツを着ているような膜で覆われています。頭部からつま先までの筋肉を柔らかくすることが大切です。一番効率が良いストレッチはタオルを使ったストレッチで、両端を持って万歳をするように両手を真上にあげましょう。肺が広がって呼吸しやすくなり全身の血流がアップします。

(2)習慣2:自律神経を整える

一番効果的なのは呼吸を整える事ですが、自律神経が乱れている人はたいて呼吸が浅いと言われています。目を閉じると呼吸が深くなって行くのがわかります。また、空気を鼻から吸って口から細く長くゆっくり息を吐きだします。10秒かけて呼吸を行いますが、だいたい10セットくらい行いましょう。

(3)習慣3:運動をする

運動は肩や首回りの血流を良くするような運動が良いでしょう。特に水泳など腕や肩を使う運動が理想的です。またウォーキングなどをする際には両手を大きく振って歩くだけでも効果があります。

(4)習慣4:姿勢を意識する

時間さえあればスマホを操作している人は姿勢が悪くなっています。姿勢を正すために、スマホを操作してある程度休憩を取り、背筋を伸ばしたり手を上にあげて背伸びをしたり、首を回してストレッチするだけでも血流が改善され、なで肩の予防にもつながります。

(5)習慣5:血流の良い物を食べる

なで肩は肩こりや首のこりの原因になります。こりは筋肉の血流不足が原因であるため、体を温める生姜湯や血流を良くするアーモンドなどを摂取できます。これらはほんの一部ですが、このように血流を改善するような食事を取るようにします。

(6)習慣6:お風呂で体を温める

湯船には胸くらいの39度くらいのお湯に浸かるようにします。肩を温めたいところでありますが、急な熱湯ではで血圧の急上昇を抑制するためには胸くらいがベストです。またシャワーを浴びる際には、首と背骨にシャワーを充ててあげます。背骨の中には自律神経など大事な神経や血管が伸びています。直接温める事によって全身の血流が良くなります。



まとめ

1)なで肩は肩甲骨の位置や鎖骨の長さの違いです

2)ブラの紐が落ちやすいのは典型的ななで肩です

3)なで肩は肩こりなどのリクスが伴います

4)その他の原因として姿勢やストレスが関係しています

5)なで肩になると手足の冷えの原因にもなります

6)荷物を持つ時は両肩を使いましょう

7)運動や姿勢を意識し、生活習慣を見直しましょう