足の指を検査している医者

足の中指が腫れていることは、そこにそれなりの負担がかかったために、腫れが生じて痛みを出していることが考えられます。

その痛みの原因は、何種類か考えられますので、一つに絞ることなく、色々な観点から原因を追究することが大事になります。



【指の腫れ】要チェック!足の中指が腫れる3大原因と症状


1)指の腫れ方にも種類がある?

(1)モートン病

モートン病は足の中指と薬指、薬指と小指の間に痛みや腫れを生じる病気です。そして、中指そのものにも腫れが出てくることがあります。

(2)中足骨頭痛

中足骨頭痛は足の指の付け根の部分に痛みを生じる病気です。これも、ひどい時や場合によっては中指そのものが腫れてくることになってきます。

2)何が原因?足の中指が腫れている3大原因とは

(1)痛風

食生活に原因があり、偏った食事をして尿酸値が高くなると、痛みを発症するとされています。

(2)モートン病

爪先に大きな負担がかかるために、1か所に負担がかかり痛みが起きます。ハイヒールなどの靴を良く履くことが原因と考えられます。

(3)中足骨頭痛

こちらも爪先への負担によって起こる症状です。人間の足の裏は、土踏まずができていて、アーチ状になっているものです。

ですから、体重のすべてを2本の足で支えることができますし、その重みを分散させることで、体への負担を減らしてくれているのです。しかし、お洒落のためのハイヒールなどで、爪先立ちのような状態が続くことで、モートン病も中足骨頭痛もひどくなり痛みが出てくるとされています。

3)試せる処置はある?中指の腫れへの対処方法とは

中指が腫れる原因として考えられるのが、1か所への体重のかかり方によるものであることが多いのです。腫れを抑えるためには、いくつかの方法がありますが、自分でできる処置としては、以下のものになってきます。

(1)保存療法

すでに、傷みや腫れが出てしまっている場合には、無理にハイヒールなど足に負担がかかる靴は履かないようにして、靴底の厚いスニーカーなどを履くようにすることで、足への負担を減らして安静にして、回復するのを待つというやり方です。

(2)矯正用インソールの活用

靴の中で足が正しい位置になかったり、靴の大きさが合っていないために、足の裏に大きな負担がかかっていることも考えられます。こういった時には、矯正用のインソールを利用して、足への負担を少なくしてあげることで、改善できることもあります。

4)これって病気の疑いもある?病気かどうかの判断基準とは

(1)モートン病

集中的に感じられる痛みであったり、針で刺されたような痛みになることもあります。電気が走るような痛みであることもあり、人によっては脳天まで響くような痛みであることもありますので、こういったことが続くときにはモートン病である可能性が高くなります。

(2)中足骨頭痛

中指の辺りにジンジンした痛みが発症することが中足骨頭痛の症状と考えられます。小石が挟み込んだような痛みがあることが特徴的です。どちらも、酷くなると腫れを発症することがありますので、それが病気のサインとも言えます。

問診を行っている女医

5)症状が続く場合には注意!考えられる3種類の病気とは

(1)モートン病

モートン病は、足の爪先に体重がかかり、負担が1か所に集まるので、それが大きな負荷になっていき、どんどん溜まることで痛みを発症するのがモートン病になります。酷くなると足の指が腫れてくることが考えられます。

(2)中足骨頭痛

足裏の横アーチの低下によって、傷みを発症することが考えられます。足の裏には土踏まずなど、縦横のアーチによって体重を支えるようにできていますが、これが崩れることで、1点に体重がかかり傷みがでます。

(3)痛風

足の指が腫れたり、激しい痛みが出てくると痛風の可能性があります。何かに当たるだけでも激しい痛みが起こる場合がありますので、わかりやすい症状とも言えます。

6)専門家で行われる対処法は?行われる検査・治療方法

痛みが激しい時には、整形外科を受診すべきとなります。

(1)モートン病

検査方法としては、視診と言って見た目で確認をします。モートン病であれば、中指と薬指の間にシコリのようなコブがあることが多いです。また、ティネル徴候というものを触診で見ます。

足の神経障害を受けていそうな部分を叩くことで足先に痛みが起こりますので、それでモートン病を判断することもできます。治療方法は、痛みがある時には、アイシングによって患部を冷やすことが大事になります。

また、開帳足が原因となっていることが多いので、それを改善するために、足裏の筋肉を鍛えてあげることで足裏のアーチを回復させることができます。そのための指を動かすような運動を継続して行っていくことが大事になってくるのです。

(2)中足骨頭痛

検査方法は、通常は見た目で判断ができる場合が多いです。場合によっては、レントゲンなどで骨の形などを見ることでより鮮明に原因がわかってくることもあります。治療方法は、保存療法がメインになります。

足裏のアーチの矯正が一番の治療方法とも言えますので、インソールを使ってアーチを戻したり、足の筋肉をつけるようにしたりすることで改善を図るのです。

7)日常生活から改善を!足の中指の腫れる症状への予防習慣とは?

足の中指が腫れるのは、足裏のアーチが開いていく開帳足と言われるものが一番の原因と考えられます。そのための予防としては、毎日少しずつ足裏の筋肉を鍛えて、アーチを正しい状態に近づけてあげることが望ましいです。

そのためには、自分で足をアーチのような形に手で固定して、そのまま指を伸ばしたり曲げたり、広げたり閉じたりすることで足裏の筋肉を鍛えてあげます。また、床にタオルを置いて、それを足の指で手繰り寄せる練習を繰り返すことでも、足裏の筋肉を鍛えることに繋がってきます。



まとめ

1)指の指の腫れ方にも種類がある?2種類と症状の違い

2)何が原因?足の中指が腫れている3大原因とは

3)試せる処置はある?中指の腫れへの対処方法とは

4)これって病気の疑いもある?病気かどうかの判断基準とは

5)症状が続く場合には注意!考えられる3種類の病気とは

6)専門家で行われる対処法は?行われる検査・治療方法

’)日常生活から改善を!足の中指の腫れる症状への予防習慣とは?